【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 死刑廃止論 | メイン | r のご挨拶 »


2008年05月06日

「自由と生存のメーデー」に参加しました!

自由と生存のメーデー1


自由と生存のメーデー2008」(05-03・東京新宿)に参加してきました。
私(喜八)がデモ行進に参加するのは本当に久し振りです。
20代のころ、労働組合の「動員」にトコトン嫌気がさして、その後「デモ」や「集会」は徹底的に避けてきましたから。
でも(「デモ」の駄洒落ではありません)、「自由と生存のメーデー」は組織に特有の臭みが希薄なような気がしましたので、思い切って出かけてみました。

それで、いきなり結論を言いますと。
いやー、楽しかった!
デモ参加者も、いわゆる「運動家」タイプの人は少なくて、フツーの人たちが多かったのでした。
プレカリアート・デモというとマスメディアでは決まり文句のように「若者の運動」と紹介されることが多いようですが、実際には中高年の方も結構いらっしゃいました(私自身も50代に近い40代です)。

今回のデモには単独で参加したためか、知らない人たちと接することもできました(1人旅行とおなじ原理ですね)。
建築労働者の男性(60代)・ドイツからの留学生男性(20代)など何人もの人たちと話ができて楽しかったです。
残念ながらあまり会話はできませんでしたが(笑)、デモ参加者女性に綺麗な方が多かったので「目の保養」にもなりました!
「KY」の旗をもって踊っていた着ぐるみの女性・「職質無用」のゼッケンを背負った女性の姿を見て「やはり日本女性は素晴らしい」と、改めて痛感した喜八オジサンなのでした。

女性といえば雨宮処凛さんもお見かけしました。
デモ行進出発直後に雨宮処凛さんとお友達の方々が隊列の後ろのほうに駆けていく勇姿を一瞬だけチラッと。
「モデルさんみたいな感じの人だな~」と思いました。
ところで、この「YouTube 動画」冒頭の雨宮さんはあまり写りがよくないですね。
雨宮処凛さんもその後ろにいるサンバイザーの女性も実物はもっともっと綺麗でしたよ。

デモといえば「コーラー」というのでしょうか。
拡声器で「貧乏人は連帯するぞ!」「仕事をよこせ!」「給料払え!」「保険証をよこせ!」「空きビルに住まわせろ!」と行進のあいだずっと叫び続けていた金色カバーオールの女性には心から「お疲れさまでした」と言いたいです。
貴女《あなた》の声でデモ参加者がいかに勇気づけられたことか・・・。

ところで、デモといえば警察による警備がよく話題になります。
たしかに私の見聞からも「過剰警備」ということは言えそうです。
でも(「デモ」の駄洒落ではありません)、そうなったのには歴史的背景もあるのでしょう(ここでは触れませんが)。

私(喜八)の見たところでは、大部分(99%以上)の警察官は黙々と職務を遂行していました。
なかには相当に親切な感じの警官もいました。
それらの方々には素直に「お疲れさまです」と言いたいですね。
たしかに中にはテムパッて「キイキイ」言われている方もいましたが(笑)、それらの方は「上」からそういう役割を期待されているのだろうなあとも思いました(お疲れさまです)。

警察というのは典型的に「縦型」の組織ですから、現場で汗を流している一般警察官をむやみに敵視してもしょうがないと思います。
もちろん、警察組織は(他の官僚組織と同様)不断の改革が必要でしょう(でないと確実に腐敗する)。
その改革は「上から」なされるのが効率的ではないかとつねづね考えています。
市民が政治家とともに「上からの警察改革」を狙うのが現実的ではないでしょうか(「市民のための警察」を実現する改革。真面目に働く警察官が報われる改革)。
そういう点においても、城内実さん(前衆議院議員)を応援する意味があると思っているのです()。

※城内実さんの父親・城内康光氏は元警察庁長官。なおネットには「城内実の父親・城内康光が神奈川警察本部長時代に~」といった情報が流れていますが、これは完全なデマ情報です。そもそも城内康光氏は神奈川県警に奉職したことがありません。賢明な読者の皆様はデマなどに踊らされることはないでしょうけれど念のために・・・

今回の「自由と生存のメーデー2008」には「様子見」で単独飛び込み参加をしましたが、来年以降は友人知人を誘っていきたいと思っています。
できれば「デモや集会なんて大嫌い」という方も勧誘したいですね。
最後になりましたが、この画期的なデモを成功させた執行部の方々には深い敬意を表します。
あなたたちは素晴らしい。

プレカリアートは増殖/連結するぞ!


付記

正直にいうとデモ開始前の「宣言集会」は左翼色が強すぎてヘキエキとしました。「やっぱり帰ろうかな~」とさえ思いました(笑)。しかし、帰らないで正解でした。来年以降はもっと「右も左もない!」という雰囲気になればいいですね。いや、そうしたいと思います。


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします!

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年05月06日 12:08

« 死刑廃止論 | メイン | r のご挨拶 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2351

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「自由と生存のメーデー」に参加しました!:

» 『相棒-劇場版-』 from 右近の日々是好日。
 こんにちは。今日は、先日公開された映画『相棒-劇場版-』を観て、私が考えたことを書きたいと思います。  私はこの映画を観て、他者としぶとく駆け引き・コミュニ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月06日 17:51

» 胡錦濤来日 from 新三ログ
胡錦濤国家主席が上野のパンダが亡くなったということで直々に慰問に来られるというわけではあるまい。日本としては、山ほど言いたいことが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月06日 19:29

» 昭和とは何だったのか(補足) from 無党派日本人の本音
 昭和とは何だったのかと言う5月1日の私の小ブログにしては珍しく6人もの貴重なコメントを頂いた。 その論旨の主なものは、・何故日本が無謀な世界二次大戦に突入した... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月06日 21:51

» 議員さんたちへ、私たちは朝ご飯も自分のお金で食べてます from とむ丸の夢
えええっ?! と驚いたのがこんなニュース。  一歩前進だが、自民党にはまだまだ及ばない――。民主党内から最近こんな声が聞かれるの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月06日 22:41

» 鳥インフルエンザに関して from 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい
 ここ数日、ニュースで北海道等で鳥インフルエンザに感染した鳥が見つかっているが、下記に記事を引用します。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月07日 01:28

» 一般財源化すればいいってもんじゃない! from とくらBlog
 道路特定財源の一般財源化 やっぱりおかしい!と言い続けてきましたが、あまりにも国土交通省の無駄遣いがひどいし、「余っているのなら、税率をもとにもどすべきではな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月07日 06:48

» 「右も左もない」ではなくて、「右も左も全部ある」のほうが楽しい from ブログ「旗旗」
ただ総じて何と申しましょうか、やはり喜八さんは「ちょっと古い」と思いました(スマソ!)もちろん喜八さんが批判する旧来型の左翼はもっと「すごく古い」わけなんです... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月19日 00:06

» 「セイファー・スペース(“より”安全な場所)」G8女性の人権フォーラム from はにかみ草
昨日ネットでリンクリンクで辿って行ったら、偶然こんな記事を見つけました。 http://kihachin.net/klog/archives/2008/05/m... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月23日 18:10