【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« r の独り言 | メイン | ブッシュを描く映画『W』 »


2008年05月15日

村上正邦さんの収監

村上正邦さん
村上正邦:司法には正義があると思っていたが、真実が必ずしも無罪につながらないことを知った。国民に信頼される司法改革が、私の天命だ」


先に最高裁で有罪実刑「不当」判決が確定した村上正邦さん(元労働大臣)が今日(2008-05-15)午後にも収監されます。その直前に東京都内の某有名ホテルで「励ます会」も催されるそうです。

心臓に持病がある75歳の村上さんがこれから2年2ヵ月の刑務所暮らしをされることを考えると、心苦しくなってきます。佐藤優さん(起訴休職外務事務官・作家)は「できるものなら自分が代わりたい」と某雑誌記事で書かれていますが、これは「ポーズ」などではなく本心からの言葉でしょう。

城内実さん(前衆議院議員・拓殖大学客員教授)はつねづね村上正邦さんのことを「心がやさしくて男気のある『真の国士』」と仰っていますが・・・、今こうやって書いているうちに気づきました。「心のやさしい男気のある真の国士」とは、まさに城内実さんのことではありませんか! そして佐藤優さんのことでもあります。城内さんと佐藤さんが村上正邦さんを敬愛するのも、ごく自然なことなのでしょう。

マスメディアでは何故か?労働大臣まで務め「参院のドン」とも呼ばれた「大物政治家」村上正邦氏の裁判・有罪判決・収監に関するニュースがあまり取り上げられないように思います。この裁判・判決にはかなり無理がある、というのは産経新聞社・宮本雅史氏の『真実無罪―特捜検察との攻防』角川学芸出版(2005)やジャーナリスト魚住昭氏による『証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも』講談社(2007)を読めば明々白々なのですが、なぜかマスコミは言及することを避けているように思える・・・。

そのような中で昨日(2008-05-14)の「東京新聞」(朝刊)には「収監直前 元参院のドンが語る司法改革」という「特報」記事が掲載されました。「取り調べ すべて可視化を」「村上氏『自白限定、裁判にならん』」「検察官の罵詈雑言」「まかり通る“人質司法”」という小見出しがつけられています。以下、この記事から一部を引用させていただきます。

「検察官の罵詈雑言」
 「取調べの空間には法は存在しなかった。被告人の私に対するのは法を守るべき検察官だが、浴びせたのは罵詈《ばり》雑言の嵐だった」
 参院議員の秘書を務め、一九八〇年に参院議員に当選。自民党参院議員会長を務めるなど「参院のドン」として権勢を誇ったが、同事件(※喜八注:KSD事件)二〇〇一年に議員辞職、受託収賄罪で逮捕された。現金の授受を否定するなど、一貫して無実を主張してきたが、検察官の取調べは甘くなかった。
 「ひどかった。『おまえは人間のクズ』『日本語も知らないのか』とか言われたり、鉛筆を投げられ、調書を破られもした。私を生かすも殺すも、オレが握っているという感じだよ」
 来年五月から裁判員制度が始まるのを前に、捜査機関は容疑者の取り調べを録画・録音する可視化を試行する。だが対象は被疑者が自白した後に自白内容を確認する取り調べに限られる点を、村上氏は批判する。
 「私の事件で、裁判官は法廷で語られた証言が本当かウソか見極められないことを示した。それなのに、可視化の対象が自白部分にとどまれば、今の調書の内容と同じで意味がない。大事なのは自白までの過程。可視化は取り調べのすべてを対象にすべきだ」

「取り調べの可視化」が「被疑者が自白した後に自白内容を確認する取り調べに限られる」とは、この記事を読むまでまったく知りませんでした。これでは、村上さんの指摘されるように「意味がない」でしょう。「可視化は取り調べのすべてを対象にすべきだ」という村上正邦さんの意見はまったくの正論です。これに対してまともな論理で反駁《はんばく》するのは無理ではないでしょうか?

それにしても担当検察官の「罵詈雑言」の凄さには驚かされますね。はたして「法の番人」にふさわしい言動と言えるでしょうか? これに関しては前述『証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも』にも実例が多く紹介されていますので、当エントリの末尾に【付録】として掲載しておきます。

「まったく無茶」といっていい裁判により有罪実刑判決を受け、刑に服することになった村上正邦さんですが、ご本人はいたって冷静なご様子です。「東京新聞」記事より更に引用させていただきます。

 収監前の心境を問うと、「明鏡止水。千日回峰に臨む僧のような気持ち」。天台宗の荒行で不動明王と一体になることを目指すことになぞられた。「本物の人間になる修行が今回の収監。行者の心境で二年二ヵ月に立ち向かう」と気丈だ。
 服役を終えたら─。
 「司法には正義があると思っていたが、真実が必ずしも無罪につながらないことを知った。国民に信頼される司法改革が、私の天命だ」

最後の1行を読んで、思わず涙が溢れてきました。まさに、それが村上正邦さんの「天命」なのでしょう。おそらく、村上さんは収監中「刑務官(俗にいう「看守」)」の方たちの敬意を集めることと思います。収監されている人たち(俗にいう「囚人」)の多くからも尊敬されるでしょう。村上さんの心優しくも毅然とした姿勢は、世の中のしょっぱさを充分に知り尽くした人々から高く評価されるに違いないからです。

二年二ヵ月」の「修行」を終えた村上正邦さんが以前にもまして大きくなって帰って来られるのは間違いありません。村上さんが「国民に信頼される司法改革」という天命を果たされる日が待ち遠しいようです。その日が来たら、微力ながら私(喜八)も村上さんのお手伝いをさせていただく所存です。

村上正邦さん、どうぞお身体をいたわってください。
「不動明王」と一体化した村上さんの「逆襲」を心より待ち望んでおります。


付録:検察官の罵詈雑言

証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも』魚住昭、講談社(2007)から取調べ担当検察官の発言部分をメモしておきます。


「お前(※喜八注:村上正邦さんのこと)が認めないのは、みんな些末《さまつ》なことだ。こんなことさえ認めようとしないのか。枝葉のことばかりじゃないか。証人喚問では腹を切ると言っていたな。それならここで切ってみろ」(同書12頁)

「この紙もこの鉛筆も国民の税金だ。あんたはここに来ても税金を無駄遣いさせるのか。調書なんてなくたっていいんだ。俺(※喜八注:担当検事)はこれまで何人も調書なしで立件し、刑務所に送ったことがある。お前なんか一生涯、刑務所に入れることなんか簡単なことなんだぞ!」(同書12頁)

「公判では大勢の新聞記者を集め、そこでお前を徹頭徹尾辱《はずかし》めてやる。国民を欺き、支援者を騙したお前は偽善者だ。善良な役人上がりや地方出身の参院議員を巧言令色とハッタリで手なずけ、自分の権力を伸ばしてきた。自己中心の卑怯者《ひきょうもの》で、町のチンピラよりも劣る政治家だということを立証してやるから覚悟しろ。公判廷でも村上という政治家の哀れな末路を新聞記者に見せてやる」(同書13頁)

「いちいち弁護士と相談することはない。俺を信用するのか、弁護士を信用するのか。弁護士が一緒に刑務所に入ってくれるわけじゃないんだ」(同書14頁)

「弁護士がそんなアドバイスをしたのか。お前なんか勝手にしろ、あの弁護士野郎は出入り禁止だっ!」(同書15頁)

「お前を殴り飛ばすぞ。張り飛ばすぞ」(同書15頁)

「お前はどこの馬の骨だかわからんのに『村上水軍の後裔だ』などと言って、世間をたぶらかしているんだろう。そんな系図が本当にあるのか。そうだというならちゃんとした過去帳を出せ!」(同書26頁)

「お前は人間のクズだ。自分のことしか考えない男だ。お前が師事した玉置和郎《たまきかずお》(中曽根内閣の総務庁長官・故人)はお前のことを『あいつはエゴの男だ』と言っていたそうだぞ」(同書26頁)


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
応援をお願いします。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年05月15日 12:35

« r の独り言 | メイン | ブッシュを描く映画『W』 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2373

このリストは、次のエントリーを参照しています: 村上正邦さんの収監:

» 日本の地震対策 from 無党派日本人の本音
 中国の四川県の大地震で亡くなられた多くの方達のご冥福と、怪我をされた方達と被災した建物の一刻も早い回復を祈っております。  中国の四川大地震の報道に併せたよ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月15日 15:43

» 「城内みのる 村上正邦」動画 from がんばれ城内実(きうちみのる)
「YouTube」の城内実さん・村上正邦さん対談動画を紹介します。 「城内みのる 村上正邦 (1/4)」 「城内みのる 村上正邦 (2/4)」 「城内みの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月15日 21:09

» 刺客騒動!! from 新三ログ
民主党の代表・副代表格が東京など民主党が弱いとされている選挙区で立候補させ刺客騒動を起こそうという動きがあるそうである。新党日本の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月15日 22:14

» 心が痛い! from kimera25
後期高齢者医療制度反対一色に このkimera25はなっているが この制度とセットになっている 重度障害者の問題に 心を痛めている。 ようやく この... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月16日 05:24

» キムタク首相の月9ドラマ「CHANGE」12日スタート、グッと最後盛上げて小泉再登場、柳の下の泥鰌再選挙ってか(笑) from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 木村拓哉主演のフジテレビ系「CHANGE」(月曜後9・0)が5月12日から始まったそうだ。主役の朝倉啓太役はおばさんにもセックスアピールで絶大な人気を誇る木村... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月16日 07:50

» 朝令暮改の自民・公明党政治 from とむ丸の夢
なあに、これは? ……(終末期相談)支援料は、08年度の診療報酬改定で新設された。終末期を迎えた75歳以上の人の病状急... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月16日 09:18

» 宇宙の安易な軍事化は危ないです。国会審議も拙速ですし。 from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
ペガサス・ミラーさんから、宇宙軍事化法案に反対するオンライン署名の記事がトラックバックされてきましたので、署名のためのURLを転載。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月16日 09:24

» 後期高齢者医療制度について、共産党小池晃参院議員、高橋千鶴子衆院議員の質疑の議事録等を集めてみました。(その1) from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 「小泉復活?御冗談でしょ、自Endポスターバナー作戦の第12作目を作りました。」のエントリーにscottiさんと言う方から下記のようなコメントをもらいました。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月16日 09:57