【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« いまさらながら「赤木問題」 | メイン | r の独り言(4) »


2008年06月06日

「性暴力禁止法を作ろうネットワーク」

仔猫
(上の画像は「EyesPic - フリー画像素材」さんよりお借りしました)


知人のフェミニストさんからの呼びかけを転載させていただきます~()。

※私《喜八》の知り合い女性には《公然》もしくは《隠れ》フェミニストさんが多いです。なお「フェミニストとは戦わず」「フェミニスト戦士と遭遇したら一目散に逃げる」が私の兵法原理であります。三十六計・・・


★引用開始★

          呼びかけ文

性暴力禁止法をつくろうネットワークの結成を!
あなたもどうか呼びかけ人になってください。

「DV根絶国際フォーラム・第10回全国シェルターシンポジウム2007」に国内外から参加した延べ2500人の参加者は、最終日の2007年11月25日、性暴力禁止法(仮称)の制定を求める共同アピールを採択しました。

 女性に対するあらゆる形態の暴力を根絶することなしに、女性の人権が確立されることはなく、真の男女平等を実現することはできない、としたこのアピールは、暴力を不断にうみだす性差別の構造を根底から変革しようとする女性たちの熱意に支えられています。

 地域で、職場で、学校で、家庭で、そして職場で・・・・・・。女性たちは、女性であるというだけで性暴力をふるわれ、人生を奪われ、生命を脅かされ続けてきました。

 2005年内閣府の暴力に関する調査によると、10人に1人が20代で強かん被害にあっています。加害者の7割はよく知っている相手であり、6割はだれにも相談できず、事件化せずにいます。親告罪である強かん犯罪は暗数として隠され、被害当事者は十分な支援も受けられないまま生き延びていかなければなりません。刑事告訴をしても量刑は軽く、加害者の再犯率は高いままです。

 痴漢、強制わいせつ、強かん、ストーキング、セクシュアル・ハラスメント、夫からの強かんを含むDV、子どもへの性的暴行・性的搾取、人身売買、性的搾取など、さまざまな形態でおこる性暴力は、犯罪として可視化されておらず、ばらばらの法システムで不十分な対応しかおこなわれないのが、この社会の現実です。そして何よりも、性暴力被害を受けた当事者への回復支援にまったくといっていいほど手がつけられていないのです。

 第二次大戦中の「元従軍慰安婦」の方々が原告となって、日本政府に謝罪と保障を求める裁判が、すべて負けつづけていることを、私たちは重く受け止めなければなりません。彼女たちが訴えた被害をなかったこととする裁判が、殴られ、蹴られ、殺されていく女性たちの日常を再生産しているのですから。本年2月にも、沖縄で少女への、続いてフィリピン女性への性暴力事件が起きました。女性や子どもたちが殺されつづける社会を、このままにしておくことはできません。

 私たちは、DV防止法の2回にわたる改正や、男女雇用機会均等法の改正におけるセクハラ対策の強化など、被害当事者の声を国会に伝え、法改正につなげていく力をつけつつあります。しかし、個別法の改正には限界があります。それぞれの法の実効性を確保するためにも、ジェンダー・国籍を問わずあらゆる性暴力を禁止する包括的な法制度をつくりあげましょう。

日本の社会に性暴力を根絶する法整備を!!

当事者をネットワークの結び目として、力強い運動を展開しようではありませんか。
そのために、私たちは「性暴力禁止法をつくろうネットワーク」を立ち上げることとしました。
どうか、皆さんの一人ひとりがこのネットワークの賛同人となっていただきますよう心からお待ちしております。

というわけで、賛同人になってもいいなと思われた方は以下をどうぞ。

                                   2008.3.3
各位
        NPO法人全国女性シェルターネット共同代表 近藤 恵子
        全国婦人保護施設等連絡協議会 会長    横田 千代子
        東京フェミニストセラピィセンター     平川 和子
        お茶の水女子大学 教授          戒能 民江
        大妻女子大学 教授            鄭  暎恵
                               他 発起人一同

      性暴力禁止法をつくろうネットワーク参加のお願い

 日頃の皆様のご活躍に敬意を表します。

 昨年11月に開催された「DV根絶国際フォーラム」において、「ぜひ日本に性暴力禁止法を作ろう!」という声が多くあがり、国際フォーラムに関わった有志で打ち合わせをしてきたところです。そこで話し合い、ぜひとも「性暴力禁止法をつくろうネットワーク」を結成し、活動を開始しようということとなりました・大変に困難な仕事ではありますが、ジェンダー・国籍を問わずあらゆる性暴力禁止に向けて正面から取り組んでいきたいと思います。皆様にこのネットワークの呼びかけ人となっていただきたくご案内を差し上げます。ぜひ多くの皆様にご参加いただきたいと考えております。どうかよろしくお願いいたします。

 現在、今後の活動の流れを以下のように考えております。

1 賛同人をつのり、ネットワーク参加費1000円をご負担いただくこと
2 2008年度は継続的な学習を行い、法整備のあり方等を検討する時期とすること
3 ネットワークの事務所をNPO法人全国女性シェルターネット気付とすること
4 賛同人の皆様にはMLを通して情報提供を行うこと

賛同人となることをご了承いただける方は、以下の申し込みをFaxしていただくか、同様の内容を以下のアドレスにご送信ください。また参加費は以下の口座にお願いいたします。

ゆうちょ銀行
 口座記号番号 00100-9-391854
 加入者名 性暴力禁止法制定全国ネットワーク

Fax:03-3239-2772 Mail:wda-t@ezweb.ne.jp

-----------------------------------------

性暴力防止法をつくろうネットワーク賛同人になることを了承します

氏名:
連絡先:
メールアドレス:

  年  月  日

 氏名の公表   可・不可(○を付けてください)

★引用終了★


関連ブログ記事


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年06月06日 12:11

« いまさらながら「赤木問題」 | メイン | r の独り言(4) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2412

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「性暴力禁止法を作ろうネットワーク」:

» 後期高齢者医療制度廃止法案可決 from 新三ログ
ただし、参議院で可決しただけである。余程のことがない限り、衆議院で否決されるであろう。野党は廃止したほうが良いと言い。与党は制度変... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月07日 01:13

» スポーツは万歳!自民は姑息な戦術!いやな人種だ自民! from kimera25
雨上がりの一時 紫陽花の花に寄せていくつか ぼんやりと考えていた。 そんな雑感を! ?  http://mainichi.jp/select/seij... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月07日 03:17

» 【ネット規制】ヘンリーオーツさん、図書館で見られましたよ。 from 散策
フイルタリングにより見られなくなっているサイトがあるか心配になり、図書館で気になるサイトを見てきました。結論からいえば、見たいサイトは全て見られました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月07日 16:03

» ナチス被害者損害賠償裁判 ― 別荘抵当権設定認定 ― 慰安婦にも光? from 鳥居正宏のときどきLOGOS
『ナチス被害者への損害賠償裁判 ― 別荘の抵当権設定を認める ― 』 イタリア最高裁は、コモ湖畔の素晴らしいヴィラ(別荘)でドイツ国... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月27日 19:00