【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 萩原哲夫さんイラスト原画展 | メイン | 内田樹さんの「議論」論 »


2008年06月26日

佐藤優コラム「外務省小寺次郎氏が本省へ」

今、日本の外交に必要なこと1-5

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

人気blogランキング ランキング投票をお願いします


鈴木宗男さん(衆議院議員・「新党大地」代表)の「ムネオ日記」から一部引用させていただきます。


★引用開始★

2008年6月24日(火) 鈴 木 宗 男

 20日のムネオ日記に、外務省小寺次郎元ロシア課長が国際情報統括官として本省に戻ってくると書いたが、このことについて佐藤優さんも23日の東京スポーツのコラムに書いている。以下、全文を紹介したい。


 「私も差し違える覚悟 外務省と共産党の関係を国会質疑に 極秘文書漏洩の真相を知りうる小寺次郎氏が本省へ(佐藤優)

 物事には筋がある。2002年の鈴木宗男バッシングのとき、外務省は筋をおかしくするようなことをした。外務省の外交秘密文書が日本共産党に流れた。日本共産党は革命を指向する政党である。これに対して、外務省を含む政府は、日本国家、日本の資本主義体制を擁護するのが仕事だ。採用面接で、「私は共産党員です」と申告すれば、どんなに成績がよくても外務省はその受験生を採用しない。組織としての筋を通すためだ。
 最近、鈴木宗男衆議院議員(新党大地代表)から、「おい、佐藤さん、小寺さんがニューヨークから帰って、国際情報統括官になるという話が聞こえてきたゾ。発令は8月1日だ」という話を聞いた。ニューヨークの国連本部には日本政府代表部がある。ここには大使が3人いる。そのうちいちばん若い大使が小寺次郎氏だ。
 2001年5月、小寺氏は、ロンドンの日本大使館に公使として赴任したが、この人事に当時の田中眞紀子外相が激怒し、直ちに小寺氏を戻せという指示を出し、小寺氏はそれに応じ、帰国、ロシア課長に復帰した。小寺氏が4月時点で、田中氏に長電話をして、宗男氏に対するさまざまな情報を提供していたことを、その後、田中氏が明らかにした。小寺氏は「宗男・真紀子戦争」の発端を知る重要な生き証人だ。
 日本共産党に外務省のマル秘文書、特に鈴木氏と東郷和彦欧州局長が、ロシアのロシュコフ外務次官、パノフ駐日大使と会談した際の極秘記録文書が日本共産党の志位和夫委員長に流れた経緯について調べることが重要だ。この文書は改竄されていたからである。小寺氏はこの文書が作成された時点でロシア課長で、この極秘情報を知りうる立場にいた。また、志位委員長への漏洩が発生した時点で、外務省の不祥事を調査する監察担当審議官だった。漏洩の真相を知りうる立場にいる。
 国際情報統括官は極秘情報を大量に扱う部署である。秘密保全を特に重視しなくてはならない。鈴木氏に小寺氏の人事情報を流した人は、この人事を潰したいと考えているのであろう。
 しかし、筆者はこの人事を歓迎する。外務本省の幹部に就任すれば、国会質疑、質問主意書から逃れることはできなくなる。国会の場で、外務省と共産党の関係について、小寺氏に直接問い質すことができるようになるからだ。この機会に外務省の膿を全て出してしまおう。筆者も外務官僚たちと刺し違える覚悟だ。

★引用終了★


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします!

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます(喜八、r)


関連ページ

反貧困たすけあいネットワーク
反貧困たすけあいネットワーク


投稿者 kihachin : 2008年06月26日 12:00

« 萩原哲夫さんイラスト原画展 | メイン | 内田樹さんの「議論」論 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2456

このリストは、次のエントリーを参照しています: 佐藤優コラム「外務省小寺次郎氏が本省へ」:

» 姑息な剪定で腐った根本は直せない:姥捨て山政策 from kimera25
  間違っているんだよ 根本から考え直すしかないんだよ 負担は当然でも その範囲と財源の問題がある。 高級官僚が渡りで億単位の金 政治家は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 12:13

» 「林野庁の林業暴走 」さんの応援メッセージ from がんばれ城内実(きうちみのる)
「支援リンク」の仲間「林野庁の林業暴走」さんから応援メッセージが届きました。 平野虎丸さん、ありがとうございます! 以下に全文を掲載させていただきます。 (★引... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 12:26

» 夜の海の散歩開始 from リーフチェッカー’さめ’の日記
泡瀬干潟のヒメマツミドリイシ(サンゴの仲間)の群落の産卵シーズンがやってきました。産卵日の予想は非常に難しいです。沖縄島(沖縄本島)周辺のミドリイシ類は大体5月... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 12:26

» ウィキペディア「人材派遣」の項から「小泉政権下で無節操な規制緩和の名の下、、、」が消された。その日にちと時間を確認しました。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 6月16日(月)の05:48まであったものが、14:07で消されてます。消された部分は「行政手続き上の取扱い」の項目中、最後の3段落目が消されてます。以下の部... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 12:35

» 憲法解釈を曲げてまで集団的自衛権行使したいのね from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
ちょっと忙しいのと、いろいろ思うことが多くて、スランプ気味・・・・と思っていたけど、昨日のこの記事を読んで、これは書いとかねば・・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 15:11

» 地方再生へ頑張る若者たち from 無党派日本人の本音
 先日NHKのラジオで地方再生へ頑張る一人の若い女将さんについての放送があった。  彼女は島根県大田市の温泉津(ゆのつ)温泉の伝統的な吉田屋で働く山根多恵さん... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 15:51

» またもや火に油を注ぐ李明博政権、米国産牛肉輸入再開を強行 from 薫のハムニダ日記
あぁ・・・。ついに韓国市民の大多数は未だに大反対しているというのに、米国産牛肉の輸入が再開されることになってしまいました。 韓国:米国産牛肉輸入を再開 反... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 16:00

» 生活保護世帯が増加するのは、国民の自己責任か。 from どうする日本 北欧の福祉を日本へ
北海道新聞から 生活保護が過去最多 道内07年度 13万7500人に(06/24 08:19) 道内で生活保護を受ける人の割合を示す「保護率」(人口卮... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 19:55

» 日雇い派遣労働の経験者の話から女工哀史を思い出したこと from とむ丸の夢
「私も一言! 夕方ニュース」では昨日に引き続き日雇い派遣労働がテーマで、リスナーからのメールを読んでました。  その中で、驚いてあっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 20:29

» 多極化の具体像⇒新ヤルタ体制? from 日本を守るのに右も左もない
田中宇氏が2008年6月17日「ヤルタ体制の復活」で、多極化の具体的なイメージ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 22:47

» 新三ログが取り上げられました!! from 新三ログ
kojitakenさんに私のブログを取り上げて頂きました。「植草一秀さんを中心にした反自民の結集」には応じられないと題したブログの中で、下記の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 23:18

» ビデオ 「The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)」 from 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい
 CO2による地球温暖化に対する件では、僕自身疑問に思い調べてみて過去に [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月26日 23:54

» 【テロ国家指定解除】いまさらこの程度のことで驚いてはいけない from 日々是勉強
  このブログでしつこいほど繰り返してきた流れが、ついに現実のものになりました。 北朝鮮:核申告期限を通知 米「テロ」解除は26日 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月27日 00:28

» 早く死ね!は中止であり廃止ではないby政府 from kimera25
姥捨て山政策の 大きな骨組みだった 延命中止が凍結になった。 場面場面で決めることで 延命中止を強制する権利は 国家にはない。 現場の医者にすべて責... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月27日 01:31

» 小泉の負の遺産:派遣と後期医療制度 from kimera25
中曽根が JR・JTを解散し 市場原理主義の窓口をひらき 小泉が郵政を解体し 経済を完全な市場原理主義を確立した。 規制緩和という名で 拝金主義を経... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月27日 10:37

» 諫早湾、開門命令! from リーフチェッカー’さめ’の日記
11年前にギロチンのように締め切られた諫早湾に開門命令が出ました!◆排水門の5年間開放を命令 諫早湾の漁業被害認める 佐賀地裁2008.6.27 10:18 -... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月27日 15:52

» 夜の海の散歩開始 from リーフチェッカーさめの日記
泡瀬干潟のヒメマツミドリイシ(サンゴの仲間)の群落の産卵シーズンがやってきました。産卵日の予想は非常に難しいです。沖縄島(沖縄本島)周辺のミドリイシ類は大体5月... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年11月14日 00:36