【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 秋葉原事件 もし「その場」にいたら? | メイン | 「鈴木邦男の愛国問答」 »


2008年06月14日

奥谷禮子さん「過労死は自己管理の問題です」

『週刊東洋経済』2007年1月13日号
(『週刊東洋経済』2007年01月13日号。画像はクリックすると大きくなります)

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

人気blogランキング ランキング投票をお願いします


雑誌「週刊東洋経済」2007年01月13日号に掲載された、奥谷禮子さん(「ザ・アール」代表取締役社長)のインタビュー記事を転載させていただきます。
なお、このインタビュー記事に対する論評は控えておきます。
読者の皆様がそれぞれの「自己責任」でご判断ください・・・。


★引用開始★

何でも“お上頼り”が間違い 過労死は自己管理の問題です

ザ・アール代表取締役社長 奥谷禮子

 若い人の中には、もっと働きたくてウズウズしている人たちがいる。結果を出して評価を得たいから、どんどん仕事するわけですよ。ところが現法制下では上司が「早く帰りなさい」と。本来そこは代休などの制度を確保したうえで、個人の裁量に任せるべき。働きたい人間が働くのを阻むのはマイナスですよ。
 仕事が面白い、もっと能力を高めたいと思っているときに、人の能力は伸びます。自分自身の商品価値が上がれば、会社が買収されたとか倒産した場合でも、労働市場で売れるわけです。今まで8時間かけていた仕事を4時間でこなして、残り4時間は勉強に充てようとか、ボランティアをやろうとか、介護や育児に回すこともできる。24時間365日、自主的に時間を管理して、自分の裁量で働く。これは労働者にとって大変プラスなことですよ。
 自己管理しつつ自分で能力開発をしていけないような人たちは、ハッキリ言って、それなりの処遇でしかない。格差社会と言いますけれど、格差なんて当然出てきます。仕方がないでしょう。能力には差があるのだから。結果平等ではなく機会平等へと社会を変えてきたのは私たちですよ。下流社会だの何だの、言葉遊びですよ。そう言って甘やかすのはいかがなものか、ということです。
 さらなる長時間労働、過労死を招くという反発がありますが、だいたい経営者は、過労死するまで働けなんて言いませんからね。過労死を含めて、これは自己管理だと私は思います。ボクシングの選手と一緒。ベストコンディションでどう戦うかは、全部自分で管理して挑むわけでしょう。自分でつらいなら、休みたいと自己主張すればいいのに、そんなことは言えない、とヘンな自己規制をしてしまって、周囲に促されないと休みも取れない。挙げ句、会社が悪い、上司が悪いと他人のせい。
 ハッキリ言って、何でもお上に決めてもらわないとできないという、今までの風土がおかしい。たとえば、祝日もいっさいなくすべきです。24時間365日を自主的に判断して、まとめて働いたらまとめて休むというように、個別に決めていく社会に変わっていくべきだと思いますよ。同様に労働基準監督署も不要です。個別企業の労使が契約で決めていけばいいこと。「残業が多すぎる、不当だ」と思えば、労働者が訴えれば民法で済むことじゃないですか。労使間でパッと解決できるような裁判所をつくればいいわけですよ。
 もちろん経営側も、代休は取らせるのが当然という風土に変えなければいけない。うちの会社はやっています。だから、何でこんなくだらないことをいちいち議論しなければいけないのかと思っているわけです。

(「週刊東洋経済」2007年01月13日号44頁)

★引用終了★


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます(喜八、r)


【広告: 喜八のおすすめ雑誌】

「週刊東洋経済」 「創(つくる)」


関連ページ


ビッグイシュー日本版

ホームレスが売る雑誌 「ビッグイシュー日本版」


投稿者 kihachin : 2008年06月14日 10:10

« 秋葉原事件 もし「その場」にいたら? | メイン | 「鈴木邦男の愛国問答」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2429

このリストは、次のエントリーを参照しています: 奥谷禮子さん「過労死は自己管理の問題です」:

» 加藤智大がいた例の派遣会社「日研総業」、2005年2月5日の「NHKスペシャル・フリーター漂流」で取り上げていた。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
フリーター漂流 ??モノ作りの現場で??(2005年2月5日(土)午後9時??9時52分)http://www.nhk.or.jp/special/libral... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月14日 15:56

» 松田洋子『赤い文化住宅の初子』(太田出版) from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 これは少女マンガと言うよりも青年雑誌マンガ評論です.今回は思いっきり「暗い」,5年前に出版された少女マンガを取り上げました.これをキャンディーズのCDを聴き... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月14日 18:57

» 現代の免罪符=排出権取引←温暖化CO2原因説 from 日本を守るのに右も左もない
最近、マスコミによる地球温暖化防止キャンペーンが盛んである。 例えば、『ジャパ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月15日 00:53

» 「おやじ学級」が全国津々浦々にできたらいいのに・・・ from 日々是勉強
  もうあまり記憶が残っていないのですが、私は幼少の頃東京の「中野区」という場所に住んでいました。その経験があって、目にとまったニ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月16日 00:46