【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 続・いまさらながら「赤木問題」 | メイン | 派遣ユニオンの声明(08-07-02) »


2008年07月04日

味方の背中を撃つ者

平和の猫
(猫の画像は「EyesPic」さんよりお借りしました)

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

人気blogランキング ランキング投票をお願いします!


まずは「日刊ゲンダイ」2008年06月21日付け記事をお読みください。


★引用開始★

自民党 総選挙調査データ封印

2008年06月24日10時00分

●東京は1人を除いて全滅とも

 通常国会が閉会し、「夏休み」に突入した自民党議員が真っ青になっている。いま解散したらどうなるか、自民党が密かに世論調査をした結果、200議席割れの大惨敗になったという。

 自民党が調査をしたのは5月下旬。300小選挙区すべてではなく、50前後の選挙区に絞って実施したという。

 全選挙区を調査すると巨額のカネがかかってしまう。そこで有権者の動向が分かる、指標となるような選挙区をピックアップして調査。自民党が必ず勝つ選挙区や、絶対に勝てない選挙区は除いたという。

「その結果、実際に解散になったら190議席台(現有305)になるという試算が出たといいます。あまりにヒドイ調査結果だったため、封印され、詳細を知っているのは、福田総裁、古賀選対委員長、菅選対副委員長の3人だけだといいます。少しずつ情報が漏れ、党内に衝撃を与えてます」(関係者)

 調査対象は、25ある東京の選挙区の大半、さらに郵政造反組VS.刺客の間で候補者調整が決着していなかった選挙区など。

「東京の選挙区は、石原伸晃(8区)以外、全滅だったといいます。選挙に強い平沢勝栄(17区)も僅差で負けていた。東京は与謝野馨(1区)や小池百合子(10区)もいるのに……と都連関係者も驚いています。ただ東京の調査方法は、個人名を挙げず『自民と民主のどちらの候補に投票するか』という形で実施されたようです」(都連事情通)

 大物議員も次々に落選の危機だという。

 山崎拓(福岡2区)がダブルスコア、武部勤(北海道12区)も10ポイント近く差をつけられたという情報が飛び交っている。郵政造反組の野田聖子(岐阜1区)は、半年前までは圧勝していたが並ばれ、片山さつき(静岡7区)は無所属、民主候補につづく3位だったという。

 民主党は7月中に200選挙区にしぼって世論調査を実施する予定。その結果次第では、自民党内は大混乱になるのではないか。

【2008年6月21日掲載】

★引用終了★


上の記事を読んで最初に思ったこと。

封印され、詳細を知っているのは、福田総裁、古賀選対委員長、菅選対副委員長の3人だけ」のはずの秘密情報。
それがダダ漏れしている!
あまりにもお粗末な自民党の危機管理体制であることか(嘆息)。
あるいは党を内部から崩壊させるため画策している「草《くさ》=破壊工作者」が存在するのだろうか?

以上でありました。

なにはともあれ「秘密漏洩者は誰?」ということが気になりますね。
詳細を知っていた福田康夫総理・古賀誠議員・菅義偉議員の中に「犯人」はいるのでしょうか?
残念ながら「一般ピープル」の私(喜八)には真相を知る由《よし》もありません。
でも、福田総理はともかく、いかにも一癖も二癖もありそうな残りのお2人はもしかしたら?
なんて思ってしまいます(失礼ながら)。

あるいは自民党に勤務する「職員」の誰かが機密漏洩を行なった可能性もあるでしょうか。
けれども、密かに行なわれ集計された調査結果にアクセスできる職員はごくごく限られているはず。
少数のうちの誰かが秘密を漏らしたのなら、すぐに「犯人」が判明してしまいそうです。
バレたら、確実に懲戒解雇されますよ!
いまのご時世にこんな「不祥事」でクビになったら、再就職もままならないでしょう。
民主党の「工作員」として確信犯的にデータ流出を行なったのならともかく、リスクが大きすぎます。

となると、やはり漏洩元は福田・古賀・菅氏のうちの誰か(あるいは複数)と考えたほうが合理的でしょうか。
この人たちの場合、機密漏洩が明らかになっても、懲戒解雇の可能性はないですから。
綱紀が緩みっぱなしの現在の自民党にあっては、封印されていたはずの「総選挙調査データ」を漏らしたからといって、「幹部」がパージ(粛清)されることなんかありえないでしょう。
「アッケラカのカー()」ってとこじゃないですか(笑)。

※故・渡辺美智雄氏《渡辺喜美行革大臣の父親》の名台詞

以下は単なる想像(妄想)ですが・・・。

福田・古賀・菅氏のうちの誰かが、自民党所属議員(子分・後輩・先輩・友人)に「つい」気軽に機密を漏らしてしまった。
ココだけの話だが、じつはこういうことになっているんだよ」と。
単に口(とアタマ)が軽いだけなのか、「自分はこんなスゴイ機密にアクセスできるのだ(どーだ!)」と威張りたいのか。
それは分からないですけれど、とにかく悪気はなく(?)重要機密を漏洩してしまった(完全なる想像であります)。

佐藤優さん(起訴休職外務事務官・作家)によると、日本の「高給官僚」には秘密を守れない方が多いそうですね。
それこそ「オレはこれだけの機密事項を知ってるんだゾ!」とばかりに、言ってはいけないことをペラペラと喋ってしまう。
あるいは、酒(タダ酒)を飲まされた上で、美人記者にちょっと煽《おだ》てられると、何でもかんでも漏らしてしまう。
おそらく政治家のセンセーも似たようなもの・・・かどうかは分からないですけれど(笑)。

なにはともあれ、実際に「総選挙調査データ」はダダ漏れになっておるわけです。
誰かがそれを漏らしたのです。
これだけでも真に呆れた行為ではありますが・・・。
「陰謀論者」喜八はさらに「漏洩者には確信犯的な『悪意』があったのではないか?」と疑ってしまうのです。
そこで疑いのマナコをもって冒頭の「日刊ゲンダイ」記事を読み直してみましょう。
落選の危機」にある議員として、以下の方々のお名前が挙げられていますね。

「本当かいな?」と疑いたくなるような先生のお名前もあります。
中には「その通りだろうなあ」と思わせる方もいらっしゃいますが(笑)。

しかし、ここでまた私(喜八)は疑ってしまうのです。
もしかしたら、これらの先生のお名前をだすこと、先生たちが「落選の危機」にあるというネガティブ情報を流布することが情報漏洩者の目的だったのではないか?
言うなれば、最前線で戦っている友軍(議員)を背中から撃つような「裏切り者」が自民党内にいるのではないか?

上でお名前が挙げられている先生方は、それぞれ政治思想の違いはありますが、とにもかくにも全力で奮闘を続けられている方たちばかりです。
自民党には(民主党および他党にも)腐るほど存在する「居るか居ないか分からないような」存在感の希薄な議員とは一線を画す方たちです。
言葉を換えて言えば「目立つ存在」でもあります。

もしかしたら、政治家として真剣に活動して目立ったがゆえに、(嫉妬に駆られた)味方から背中を撃たれることになった。
だとすれば、本当に悲しいですね・・・。

厳密に封印されていたはずの機密がダダ漏れしてしまった。
それどころか、機密流出を「武器」として、友軍兵士の背中を撃つ不埒者がいる。
こんなことで大事の合戦(総選挙)を戦えるのでしょうか?
戦えるはずはありません。
このままでいけば、歴史に残る大敗北を喫するのも必定でしょう。
「現有305→190議席台」どころか「半減」なんて事態もありえます。

合戦が始まる前に、不埒者を見つけ出して、きっちり成敗する。
これができないのであれば、いかなる合戦にも勝てるわけがない。
歴史上、多くの武将が「味方の裏切り」により敗れていきました。
同じ轍を踏んで「自民党」は滅亡するのか・・・。
かのように私(喜八)は思うわけですが、先生方はいかがお考えでしょうか?


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


人気blogランキング 人気ブログランキング

皆様の応援に勇気をいただいております(喜八、r)


関連ページ


ビッグイシュー日本版

ホームレスが売る雑誌 「ビッグイシュー日本版」


投稿者 kihachin : 2008年07月04日 12:13

« 続・いまさらながら「赤木問題」 | メイン | 派遣ユニオンの声明(08-07-02) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2475

このリストは、次のエントリーを参照しています: 味方の背中を撃つ者:

» 「信念通信 Vol.1」 from がんばれ城内実(きうちみのる)
城内実後援会会報「信念通信」第一号をこちらにもアップしておきます。 「信念通信 Vol.1」(PDFファイル、1.87 MB) ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月04日 12:21

» 政治家イラスト・ご自由にお使い下さい! from EmpireoftheSun太陽の帝国
 え~政治家の似顔絵イラストが完成いたしましたので公開します。  ↑これは一応「 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月04日 13:39

» もしもビラ配りでお玉が捕まったら・・・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
その昔、まだ村野瀬玲奈がコメンターとして大活躍していた頃・・・・玲奈のすごさを見せつけてくれたのがこのお玉記事のコメントライブドア... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月04日 14:46

» 米国型市場経済中心主義は万能か from 無党派日本人の本音
 昨夜のテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」でタクシーの数激増に伴い低賃金で働く運転手の問題などについての新たな規制の動きを伝えていた。 [小泉改革以来... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月04日 15:29

» 7月4日アメリカ独立記念日 from 逝きし世の面影
今日7月4日はアメリカの独立記念日である。 アメリカ独立の原因は、フレンチ・インディアン戦争(1754 - 1763)によるイギリス本国の財政危機だった。 1... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月04日 18:13

» 国会改革は地方議員から from 新三ログ
私は常日頃から、思っている事があります。国会議員改革と言われていますが、一番改革しないといけないのは地方議員です。地方議員に問題が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月04日 20:37

» お子様の絵は語る from がんばれ城内実(きうちみのる)
きょーちゃんさんの◇ コ ラ ム ◇ 城内実の子育て日記(五)でのコメントが印象的でした。 そこで「きょーちゃん」さんのご了承を得た上で、コメントの一部を転載... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月04日 23:18

» <感謝:大森実氏の記事について>VS公益法人見直しの不明:利権は対象外に埋もれている! from kimera25
たまたまであったが 毎日新聞で大森実氏のことについての 記事を見つけここで取り上げさせていただいた。 その記事へのコメント・アクセスが多く 単純に紹介し... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月05日 04:44