【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« rです、ご無沙汰しています | メイン | rの特選音楽動画 »


2008年09月23日

まだまだ続くよ、殿様政治

【総裁選】街頭演説会・渋谷ハチ公前広場(麻生太郎)

昨日の2008年09月22日、自由民主党総裁選が行なわれました。

夕刻、都内某所を私(喜八=中村順)が歩いていると、読売新聞号外が配られていました。
それによって麻生太郎(世襲五世)氏が第23代自民党総裁に選出されたことを知りました。
全投票の7割近い351票を集める「圧勝」だったそうです。
もちろん、私は麻生太郎氏に「おめでとうございます」というような心にもない社交辞令は申し上げません(笑)。

それにしても・・・。
ほぼ1年前の2007年09月23日に現自民党総裁福田康夫(世襲二世)氏が330票を集めて「圧勝」したことを彷彿《ほうふつ》とさせますね。
さらには、その約1年前の2006年9月20日には安倍晋三(世襲三世)氏が総裁選で「圧勝」しています。
ここのところの自民党総裁選では「世襲議員」が「圧勝」するケースが連続しているわけです。
自民党は付和雷同を旨《むね》とする烏合の衆と化した。
政治思想も政策も関係なく「とにかく勝ち馬に乗れ!」という議員・党員が大多数を占めている。
この事実を冷酷なまでにまざまざと表している、「連続圧勝」現象であると思います。

さて、安倍・福田の2総理はどちらも「『超』無責任放り投げ辞任」をやっちゃったわけですが、麻生太郎新総理(予定)の先行きはどうなることでしょうか。
はっきり言って、ちょっと心配です。
「世襲議員」が「圧勝」して総理総裁となり、その後「『超』無責任放り投げ辞任」をやらかす。
こんなことが3代続いたら、日本は世界中の笑いものになりますよ!
まさに国辱・国恥ですよ!
このような「悪しき伝統」をつくらないことを、麻生太郎新総裁には期待したいと思います。
「『超』無責任放り投げ辞任」をせず、職務を最後の最後まで全うし、さらには「わたくしは自分自身を客観的に見ることはできるんです。あなたと違うんです」()のような泣き言さえいわなければ、麻生氏は「(少なくとも)安倍・福田には勝った!」と主張することができるのではないでしょうか。

※福田康夫氏の迷言

あなたと違うんです! 福田辞任会見の決定的瞬間


以下は先に書いたエントリ「大マジメに怒るべきとき」からの再掲です。


 現代日本における『殿様総理』の系譜

 小泉純一郎(世襲三世)
 ↓
 安倍晋三(世襲三世)
 ↓
 福田康夫(世襲二世)
 ↓
 麻生太郎(世襲五世)?


ははは(むなしい笑い)。
平均すると「世襲3.25世」です。
殿様政治」はまだまだ続くのですね。
日本人は「殿様政治」を望んでいる!
「殿様政治」を欲してやまない!
世界中の方々から、こう思われても仕方ない有り様(無様)ではありませんか。
北の国の「将軍様」でさえ3代目への世襲はむずかしいと言われているのに、我が国では世襲・殿様政治が真っ盛り!
嗚呼《ああ》、本当に私は恥ずかしい。

今回の自由民主党総裁選にしても、選挙期間中に米国証券会社「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻があり、「世界同時不況」の惧《おそ》れがあった(いまもある)にもかかわらず、政権与党有力議員(?)たちが「自民党総裁選ごっこ=亡国茶番劇史上最低最悪の猿芝居」を続けていました。
総裁選5候補の中には次期総選挙での当選がアブナイと噂される方もおり、「事実上の事前運動(選挙違反)ではないか?」という声も多くあがっています。
さらには、5候補による「地方巡業」では、やはり衆院選での敗色が濃い自民党公認候補たちが、オコボレにあずかるように顔と名前を売っていたそうです。
政権与党の議員たちが、危機に瀕している国民・国家のことなどそっちのけで、自分自身の生き残りに必死になっているのです。
「ひょっとして、日本は無政府状態に陥りつつあるのか?」と思わざるをえない、自民党議員団の醜態であります。

なお、お断りしておきますが、私(喜八)は「自民党=絶対悪」論はとりません。
なんだかんだ言っても、自民党は「そこそこの働き」をしてきたと思います。
自民は「日本人の身の丈《みのたけ》に合った」政党であったと思います。
けれども、この党の「耐用年数」はすでに尽きました。
今の自民党は「30年使い続けてきた扇風機」のような危険な存在となっている。
いつ火を吹き出して、日本の国そのものを焼き尽くしかねないような危険な装置と化しているのです。
モノを大切するのは大事なことです。
しかし、扇風機を大事にしすぎて、家屋を全焼(近所も類焼)してしまうのは考えものであります。
とっくの昔に耐用年数を終えた自民党を速やかに安全に「廃棄処理」することが、いまの日本には必要ではないでしょうか。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年09月23日 08:00

« rです、ご無沙汰しています | メイン | rの特選音楽動画 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2616

このリストは、次のエントリーを参照しています: まだまだ続くよ、殿様政治:

» 歴史教科書にイチャモンつけたのは国防部だけじゃなかった from 薫のハムニダ日記
先日、韓国の国防部(日本で言う防衛省みたいなの)が高校の歴史教科書にイチャモンつけたという記事をあげましたが、実は歴史教科書にイチャモンつけたのは国防部だけでは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月23日 11:31

» 映画『仁義なき戦い』 from がんばれ城内実(きうちみのる)
深作欣二監督の映画『仁義なき戦い』で描かれた、広島県でおこった暴力団の抗争。 昭和40年(1965)、城内実さんが生まれたとき、城内さんのお父様は広島県警の捜査... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月23日 12:26

» 白ける日本の首相予備選挙と新種のクジラ騒動 from 逝きし世の面影
アメリカでは半年もかけて全米各地で共和民主の両党による大統領予備選挙が繰り広げられ大いに盛り上がった。 各候補が自分の政治生命をかけて、お互いが相手の足の引っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月23日 13:24

» 国会議員に良い仕事をさせるためにはどうする?(民主党から出た世襲禁止への動きを例に) from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
まず、9月24日に行なわれる、食の安全にかかわる大切なことを宣伝します。 ■2008-09-17 【転載希望】都庁で9月24日に豊洲新市場対策の中... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月23日 16:53

» 野党への直接の要望を強めよう(1) (コメント欄から転載) from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
まず、明日9月24日に行なわれる、食の安全にかかわる大切なことを宣伝します。 ■【記者会見詳細追記・転載希望】いよいよ明日24日が豊洲... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月23日 17:38

» 差別主義者の麻生に、椎名林檎や腐女子が分かるものか from 文系ネットワーク屋のぼやき
ローゼン閣下こと麻生太郎は、オタク文化を通じて若者たちに安易な現状肯定論を植え付ける、悪質な差別主義者である。麻生太郎に、腐女子や椎名林檎を理解できるわけが無い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月23日 19:32

» 細川徳生 警察に行って来ました。 from 細川徳生氏エクスチェンジについての公開質問状
細川徳生 警察に行って来ました。  暴力団などもでてきそうなので、恐怖を感じ警察に 行って来ました。 刑事課が親身になって対応してくれました。 関係者の中... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月23日 20:45

» 自衛隊ミサイル迎撃の茶番劇! from ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
自衛隊ミサイル迎撃実験の茶番劇/画像はクリックで拡大します。★防衛省は9月17日 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月23日 23:43

» 「どうすれば、日本のようになれるか教えて下さい」 from 日本を守るのに右も左もない
閑話休題。『頂門の一針』「ロシアから日本を見れば」(伊勢 雅臣氏)を紹介します。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月24日 00:20

» アイアンマン■麻生内閣レベルの出来である from 映画と出会う・世界が変わる
この映画はそこそこ面白いのだが、のることはできない。周辺にこれは「おすすめ!」と推薦することも出来ない。そもそも、アイアンマンは何のために誰と戦っているのだろう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月05日 10:37