【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« rの特選音楽動画 第二弾! | メイン | 保坂展人議員のイベント »


2008年10月05日

「ビッグイシュー日本版」

ビッグイシュー日本版
ホームレスが売る雑誌 『ビッグイシュー日本版』


雑誌「ビッグイシュー日本版」を愛読しています。

「ビッグイシュー」の出版元によると、これは「ホームレスが売る雑誌」で、「1冊300円で販売。160円が販売者の収入」になるシステムだそうです。
ホームページの「ビッグイシュー日本とは」というページに以下のような解説があります。

ビッグイシュー日本とは
ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊されました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。
例えば大阪では野宿生活者の約8割が働いており、過半数の人は仕事をして自立したいと思っています。『ビッグイシュー日本版』は働き収入を得る機会を提供します。
詳しくは販売のしくみをご覧ください。

(※上は解説の一部です。全文はこちらで)


というわけで、ささやか(300円)ながらホームレス・野宿者支援の実践・・・というのはあまりにオコガマシイとは思いますが、東京都内で「ビッグイシュー」販売員の方に遭遇したら、最新号を購入することにしています。

ただし、私(喜八)が「ビッグイシュー」読者となったのは、ごく最近のことです。
だから、当エントリ冒頭で「愛読しています」なんていうのも、やはりオコガマシイのです(汗)。

購読を始めたのは、友好ブロガーの「Like a rolling bean (new) 出来事録」さんや「村野瀬玲奈の秘書課広報室」のサルマネであります。

Rolling Bean さん・村野瀬玲奈さんが「ビッグイシュー」をブログエントリ中で話題とされているのを読んで、「こいつはマネしないといかんぞ!」と思い立ったのです。
「いい見本」となる方が身近にいるのは、いいことですね(笑)。

出不精の私もこのごろは色々と用事も増えて、都内をウロツクことが多くなりました。
それで「ビッグイシュー」最新号(毎月1・15日発売)をまだ入手していないときに販売員さんと遭遇したら、すかさず買うことにしています。

つい先日は都内某古書店街付近で最新号(104号)を入手しました。
交差点で歩行者信号が青になるのを待っていると、販売員さんが「ビッグイシュー」の入ったクリアケースを高々と差し上げているのに気づきました。
しかし、通行人には無視されている・・・。
「ここは自分(喜八)が買わなくては!」

ビッグイシュー日本版」を買ったときは、必ずといっていいほど、販売員さんと少し立ち話をします。
私(喜八)はかなり孤独なライフスタイルを維持して(?)いますから、雑誌を1冊購入して販売者の方と少しだけおしゃべりするのも結構な「癒し」になるのですね。
これは「ビッグイシュー」をいちばん最初に買ったときに気づきました。

本来「買い物」というのは単に金銭とモノを交換するだけの行為ではなかっただろうと思います。
子供のころ、親にいわれて近所のお肉屋さんや酒屋さんに買い物に行くと、お店の人は「○○さんちの喜八くん」ということがちゃんと分かっていて、いかにもオヤジくさい駄洒落なんか言いながら、親切に応対してくれた。
あのころの感覚を、「ビッグイシュー」販売員の方のおしゃべりの中で、なんとなく思い出します。

いまでは、ほとんどの買い物を大型スーパーなどで済ませるため、買い物が本来「人と人とのささやかなコミュニケーション」であったことを、忘れていました。
しかし「買い物って、こういうことなんだなあ」とあらためて感じ入る私なのです。

というようなリクツはさておき(笑)。
「ビッグイシュー」を読んでいて、いくつか気がついた点がありますから、覚え書き風に記録しておきます。


枝元なほみさん

料理研究家の枝元なほみさんは「NPO法人 ビッグイシュー基金」の理事を務められているのですね。
そのことは「ビッグイシュー」を読むようになって初めて知りました。
さらに雑誌「ビッグイシュー」で「枝元なほみのシンプルスローフード」という連載もされています。
NHK教育テレビなどで枝元なほみさんのお姿を拝見するたびに、「う~む、感じのいい人だなあ」と感じ入る「なほみファン」の私でありましたが、枝元さんが「ホームレス支援」に汗を流されている方だと知り、モーレツに感激しました。
「枝元なほみさんは天女だ! 後光がさしている!」
(おおげさのようですが、本心からそう思います)
というわけで、枝元なほみさんのお弁当に関する本を買って、自らも「お弁当ライフ」を実践しようと思っている私です。


雨宮処凛さん

雨宮処凛さん(作家)は「ビッグイシュー基金」の「相談役」です。
ビッグイシュー」で「世界の当事者になる」という連載コラムを持っています。
最新号では「昨日と同じ今日」という題で野良猫について書かれています。
これによると雨宮処凛さんは野良猫に「キャットフードをあげる」人らしい。
そういえば佐藤優さん(起訴休職外務事務官・作家)も最近いろいろなところ(雑誌・ウェブページ)で仕事場に遊びにくる野良猫との交流について触れていますね。
雨宮処凛さんと佐藤優さんには「野良猫」という共通キーワードがある!
じつに興味深い(笑)。
ちなみにまったくの偶然ではありますが、弊ブログでは雨宮処凛さんと佐藤優さんに関する、以下のようなエントリを上げたことがあります。

猫を拾う

そして、普段あまり人に話すことはないのですが、私(喜八)自身も、もう15年以上にわたり毎日のように野良猫にご飯をやり続けている、筋金入りの(?)野良猫支援者です(だからどうということはないですけど・・・)。


赤木智弘さん

ビッグイシュー基金」の《市民応援会員》の欄で赤木智弘さん(フリーライター)のお名前を発見しました。
これによると赤木さんは「年会費 15,000円」を払って、ホームレスの人たちの「敗者復活」の支援をしているらしい。
いや~、実に偉いですね。
このごろは方々でお名前を拝見する赤木智弘さんですが、経済的な余裕はそれほどないだろうと思います。
ライターというのはけっして「儲かる」仕事じゃないですからね(勝手にきめつけてスミマセン)。
しかるに15,000円もの大金を赤の他人のためにポンと差し出している!
一時は「赤木智弘バッシング」ともいうべき現象が見られましたが、あのとき必死になって(?)赤木さんを叩いていた方たちの大部分よりも、赤木智弘氏のほうが人間的に立派なのではないか? と思えてくる発見でした。
ちなみに寄付者の欄には「渡辺一枝」さん(椎名誠さんの奥様?)や「谷川俊太郎」さん(有名詩人?)というお名前も見られます。
やっぱり、偉い人というのは本当に偉いのですね。


ジョニー・デップさん

「ビッグイシュー」では多くの号でハリウッドスターや世界的有名歌手など、いわゆる「セレブ」へのインタビュー記事があり、雑誌表紙も飾っています。
そして、いまをときめく人気俳優ジョニー・デップさんの登場回数は4回で最多です(後述するようにアンジェリーナ・ジョリーさんもおなじく4回)。
ジョニー・デップさんは素晴らしい(本当に素晴らしい!)俳優である上にホームレス支援のために手弁当で(たぶん)活動されてもいる。
いい人だなあ。
もともと、デップ・ファンであった私(喜八)ですが、この発見でいよいよジョニー・デップさんが好きになりました。
今後も応援させていただきたいと思います。


アンジェリーナ・ジョリーさん

女優のアンジェリーナ・ジョリーさんも「ビッグイシュー日本版」に4回登場されています。
う~む、素晴らしい。
キレキレの超絶美女である上に、優しい心の持ち主とは・・・。
アンジェリーナ・ジョリーさんは素晴らしすぎる!
アンジェリーナ・ジョリーさんからも(枝元なほみさんとおなじく)後光がさしています。
お名前の「アンジェリーナ」は「天使」の意味ですしね。


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


関連ページ


ビッグイシュー日本版

ホームレスが売る雑誌 「ビッグイシュー日本版」


投稿者 kihachin : 2008年10月05日 07:00

« rの特選音楽動画 第二弾! | メイン | 保坂展人議員のイベント »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2644

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「ビッグイシュー日本版」:

» 「原子力空母横須賀母港化断固反対!」バナーに有力ブログが続々と参戦、はやくも拡大、星火燎原の気配。選挙でも争点にさせよう! from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 いずれも、タグは「横須賀母港化断固反対!」バナー賛同ブログリストのエントリー でご紹介しています。  大きな地図を幅750pxにやや小さくし、下記小さなバナー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月05日 11:03

» 米国の公的資金投入と日本 from 無党派日本人の本音
 また苦手の経済、金融問題のエントリーです。 どうか経済に詳しい方のご忌憚のない批評、アドバイスをお願いします。 それも現行法によるとお前の考えは間違っていると... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月05日 18:01

» 「もやい」ピンチ 後援社破産、ホームレス支援困難 from 「ユニオン」と「労働ニュース」アーカイブ
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008100502000059.html 「もやい」ピ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月05日 22:31

» これが真の政治の形だと信ずる from がんばれ城内実(きうちみのる)
今日は、新三は城内さんの事務所にボランティアを行った。そして様々な方々に出会った。 ※写真はクリックで拡大できます。写真は一枚目 藤原先生と城内実さん 二枚目... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月05日 23:49

» これが真の政治の形だと信ずる from 新三ログ
今日は、新三(私)は城内さんの事務所にボランティアを行った。そして様々な方々に出会った。 ※写真はクリックで拡大できます。写真は一枚... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月05日 23:51

» 五輪前後のフリーチベット(ウイグル)運動を動画で振り返る。 from 帝国ブログ
その前にこちらを… やあ (´・ω・`) ようこそ、東トルキスタン問題へ。 まず、お茶でも飲んで落ち着いて欲しい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月06日 01:59

» DPGホールディングスとクロス・エーの株価交換 from チャンスイットは即刻ドメインを返還せよ!公開質問状!
細川徳生被害者の会を結成 DPGホールディングスとクロス・エーの株価交換  交換時の総額は5億円でした。 細川徳生に5億円の会社をのっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月06日 10:00

» 映画「涙そうそう」はやっぱりいい from 大津留公彦のブログ2
私には妹が一人居る。他に兄弟はいない。 だから兄・妹の物語には弱い。 今までの映画で兄・妹の物語の秀作を挙げるとしたら「 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月06日 23:36

» コイズミ次男が勤務したCSISというシンクタンクとコイズミのための「国際公共政策研究センターと from Like a rolling bean (new) 出来事録
あのコイズミ政権の大罪のひとつ、リハビリテーション打ち切りに関するJANANの以下のニュースを改めて読んでいたとき、そのコメント欄に目が行きました。 JANJ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月07日 00:42

» 【追記あり:緊急カンパの情報を転載します】 「もやい」がサブプライムの荒波で窮地にあります! from Like a rolling bean (new) 出来事録
先ほど東京新聞のこちらのニュースで知りました。記事では緊急カンパの連絡先が挙げられています。 また、湯浅誠さんの著書から重要な観点を後半に記載します。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月07日 00:42

» 派遣の若者ら4600人…雇用の現状訴え from 大津留公彦のブログ2
10月5日の明治公園で青年の大集会があった。 非正規雇用を正す青年の運動だ。 も [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月07日 01:18

» 【ビッグイシュー】という雑誌を知っていますか? from AIMIのHappyRebornな日々
今日の記事はミスチルの『彩り』をBGMにして読んでほしい。 『彩り』は世界と自分との繋がりについて考えさせられる一曲です。 ▼Mr.Children【彩... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月12日 02:26