【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『勝間和代の日本を変えよう』から | メイン | 『自公連立解体論』から »


2008年10月29日

最低限の要求、叫び

10/26 麻生邸宅見学に向かおうとしたら逮捕


まず雨宮処凛さんの、雑誌「婦人公論」2008年11月07日号対談記事「ワーキングプアの声を総選挙へ!」での、発言をお読みください。

ワーキングプアの人たちって決して政治に大それたことを求めているんじゃないんですよ。安定した働き口があって、結婚して家族が持てる。せめてそれくらいは保障してほしいという、本当に最低限の要求。この叫びに本気で耳を傾けられるかどうかは、政治家の資質にかかわる問題だと私は思います。

逆にいえば、いまの日本には「安定した働き口がなく(派遣・アルバイト・パート・日雇いで働き)」「結婚することもできず、家族も持てない」若者が、それこそ100万人単位であふれており、さらに今後その数が増える可能性がきわめて高いのです。
これが「日本国民・国家のためにならない」ことは明らかですね。

安定した生活を送りそこそこの購買力をもつ人々の層が厚いほど、国内消費は大きくなります。
国内消費が大きくなれば、日本経済の規模が大きくなり、おカネが周りまわって景気もよくなる。
「衣食足りて礼節を知る」。
そうなれば、犯罪も少なくなり、社会は安定する。
また逆にいえば、「安定した働き口がなく」「結婚することもできず、家族も持てない」貧困層が増えれば、経済規模は縮小し、不景気になり、社会は不安定化するわけです。

1990年代後半以降、日本の政府与党はアメリカ型の弱肉強食・市場原理型の経済思想をサル真似し、無批判に取り入れました。
その過程で「おこぼれ」にあずかった買弁()日本人は少なくないでしょう。

※買弁=自国の利益を顧みず、外国資本に奉仕して私利をはかること

アメリカ型の弱肉強食・市場原理型経済システムでは、一部のカネ持ちに社会の富が集中します。
その結果、少数のカネ持ちと大多数の貧困者に、国民は二分化されていく。
そして、アメリカ型弱肉強食・市場原理型経済システムがけっして「万能」ではなかったこと、それどころか「欠点だらけ」であったことは、現在進行中の世界大不況が、これ以上ない位はっきりと示しています。
今後、少なくとも数十年のあいだ、アメリカ型弱肉強食・市場原理型経済思想の評価はガタ落ち状態が続くはずです。

いま日本社会に膨大なワーキングプア層が存在するのは、「米国のサル真似」という政治の失敗が主な原因なのです。

大多数の国民の「安定した働き口があって、結婚して家族が持てる。せめてそれくらいは保障してほしいという、本当に最低限の要求」に答えることができる政治家・政府が求められる時代がきたのではないでしょうか。
この叫びに本気で耳を傾けられるかどうか」。
できないような政治家・政権は、国民・国家にとっては不要の存在、それどころか有害な存在ですね。
そういった政治家・政権は必ずや淘汰されていくでしょう。
それもまた一種の「市場原理」かもしれません・・・。

ところが、最低限の要求という叫びを本気で聞くことができない政治家・官僚たちが、ワーキングプア・貧困層を「力ずくで抑える」方策にでたら、どうなるでしょうか?
仮に「力ずくで抑える」ことに成功したとしても、「安定した働き口がなく」「結婚することもできず、家族も持てない」貧困層がますます増え、経済は停滞縮小し、国力はどんどん低下する。
同時に社会の安定は低下し、国民の統合は失われます。
「力ずくで抑える」ことに失敗した場合も、社会に大きな傷を残すことになるのは間違いありません。
どちらにしても「日本国民・国家のためにならない」ことは明らかなのです。

2008年10月26日の日曜日、ワーキングプアの青年たちが東京渋谷で麻生太郎首相の「豪邸」を見学にいくというイベントを催した。
洒落っ気たっぷりの、いかにも若者らしいイベントです。
「お遊び」といってもよいでしょうね。
それを警察が力ずくで潰しにいった。
これ以上はないほどの愚策だと思います。
そんなやり方で、日本国がよくなることはありえない。
そんなやり方を続けていたら、日本の国力はどんどん低下し、社会の安定は失われる。
有能で気概のある若者たちは続々と海外逃避してしまう。
挙句の果ては世界中によくあるような沈滞した圧制国家となるのでしょうか。
こんなことは頭のいい「高級官僚」さんに分からないわけはない理屈だと思うのですが・・・。

以下に白川勝彦さん(弁護士・政治評論家)の新著『自公連立解体論―自由主義が衰退すれば、日本は滅ぶ』花伝社(2008)から一部を引用させていただきます(同書268頁)。
なお、白川勝彦さんは元衆議院議員で、自治大臣・国家公安委員長も歴任されています。

最近の警察・検察の横暴・人権無視は、目に余るものがある。国家公安委員長として警察行政に与った者として、かかることを許していたら国家国民のためにならないと考えていた。私自身が二度も違法な職務質問を受け、警察の現場が相当に酷いことになっていることに驚愕した。これを正さなければ、警察に対する国民の信頼は生まれてこない。国民の信頼と協力がなければ、強い警察など望むべくもないのだ。これは国家公安委員長の時からの一貫した信念である。

ちなみに白川勝彦さんが「二度も違法な職務質問を受け」たのも、渋谷でした。
詳しくは白川さん自身のウェブページをご覧ください。

忍び寄る警察国家の影

またまた職務質問に!

警察力というのは、国家機能の中枢にあるものです。
軍隊のない国家はあるけれど、警察がない国家はまず考えられない。
国家も警察も、ある意味で「必要悪」ですが、絶対に必要な存在なのです。
そして警察力は「国産が悪いから輸入する」というわけにはいかない。
「官」が悪いからといって「民営化」することも(常識があれば)できない。
まったく新しい組織を作ることも非常に難しい(政治的混乱の原因になる)。
結局、いまある警察組織をより良いものに変えていくしかありません。
市民・政治家・官僚そして警察官が協力して、より良い警察を作り上げていくしかないのです。

その意味で、2008年10月26日東京渋谷で発生した、警察による「リアリティツァー鎮圧・メンバー逮捕」は、日本国民・国家の利益を大いに毀損する行為であると私(喜八)は考えます。
より良い警察をつくるため、より良い日本をつくるため、官僚としての無益なプライドに囚われることなく、勇気をもって「善」を為してくださるようお願いしたいのです。
逮捕された3人の方々の一刻も早い釈放を求めます。


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
お気軽にご参加ください。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年10月29日 07:00

« 『勝間和代の日本を変えよう』から | メイン | 『自公連立解体論』から »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2699

このリストは、次のエントリーを参照しています: 最低限の要求、叫び:

» 「ブログ村」の連携で自ENDへ!タコ坊主を指名手配しよう! from BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
「ブログ村」の連携でAbEndへ!という記事を書いたのは2006年07月11日のことなので早いものであれから2年が過ぎたことになる。 ブログ集合体の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月29日 11:17

» なぜこんなに簡単に騙される? from とむ丸の夢
28日の朝日の衆院の解散・総選挙の時期についての世論調査。 早く実施すべきだ 33% 急ぐ必要はない  57% * 福田前首相の辞任表明直後... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月29日 13:48

» 「サキヨミ」ラサ#lhasa さんの感想 from がんばれ城内実(きうちみのる)
「城内実応援リンクの仲間「ラサ#lhasa」さんから、フジテレビ「サキヨミLIVE」年次改革要望書報道(2008年10月26日放送)への感想が届きました。 ラサ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月29日 13:57

» 最低輸入米が食管圧迫 from 逝きし世の面影
『在庫膨らみ赤字1374億円』 日本共産党の紙智子議員は十六日、参院農林水産委員会でコメのミニマムアクセス(最低輸入機会)について、「現在、在庫が百七十万... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月29日 14:45

» 虚業に“俺のせいじゃない”と若者は言う from 関係性
 ついに、バブル後の株価最安値更新をしてしまった。そして、株価少し戻すも景気悪化がヒシヒシと生活を脅かしていることを感じない者はいない。  わが社のやる気十分の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月29日 15:09

» サキヨミ・ショックの反響 from 現政権に「ノー」!!!
← クリックすると拡大します! サキヨミ・ショック発生! 26日の23時頃から当ブログへのアクセスが異様に上昇した。23... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月29日 18:55

» 11月1日(土) イベント:どうする!? 格差・非正規雇用問題 from 派遣ユニオン ブログ
イベントのお知らせです。 11月1日(土)に阿佐ヶ谷ロフトAにて 「保坂のぶとスペシャル・トークライブ どうする!? 格差・非正規雇用問題... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月29日 22:59

» 【落日の】 性懲りもなく同じ過ちを繰り返すアメリカ 【超大国】 from 日々是勉強
シリア:米当局者、越境攻撃「成功」 イランやロシアは非難 http://mainichi.jp/select/world/news/20081028dde00... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月30日 01:09

» 慰謝料を請求します ― 私に対する事実無根の誹謗中傷 ― from 鳥居正宏のときどきLOGOS
私、鳥居正宏は、去る2008年6月7日より、同年10月24日までの間、ある1人の人物によって、インターネット上で非常に広範な範囲にわたって「... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月30日 01:43