【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 民主党は「マルチ完全規制法案」を提出せよ | メイン | 絶対クリーン主義 »


2008年10月20日

鈴木邦男・保坂展人対談

鈴木邦男さん(左)と保坂展人さん
保坂展人さんに会いにいった


鈴木邦男さん(民族派団体「一水会」顧問)と保坂展人さん(衆議院議員・社民党)が対談されていますね。

以下は「マガジン9条」の鈴木邦男さんの記事です。

保坂展人さんに会いにいった
(鈴木邦男の愛国問答 第10回)

とても興味深い対話です。
鈴木邦男さんも指摘されているように、保坂展人議員くらい「頑張って、果敢に闘っている政治家はいない」。
それに保坂さんは、よく勉強している。現場で闘っている。だから闘いも具体的だ」。
保坂さんのようにまっとうな愛国心を持った政治家が、もっともっといなくちゃいけないですね」。
まったく、その通りだと私(喜八)も思います。

愛国心と愛金心」の部分を含めて対談の全体を面白おかしく(そして空恐ろしく)読ませていただきました。
いま日本では「愛国心」という言葉が非常に軽々しく取り扱われている印象があります。
特定の偏狭な「愛国心」ばかりを言い立て、自分たちの基準から外れた他の「愛国心」を排除する人が目立ちます。
そういったやり方、内部に「敵」を作り上げ攻撃するやり方、は祖国日本を良くするものなのか?
同胞の多様性を認めず、同胞への寛容を忘れ、排除ばかりに勇み立つ「愛国心」などはありえないと思うのですが・・・。
もしかしたら「彼ら」は日本を北朝鮮のような圧制国家にしたいのだろうか?
北朝鮮を「理想の国」だと思っているのか?
なんて、思うことすらあります(笑)。

私(喜八)にとっての「愛国心」とは。
たまたま自分が生まれ育った国・日本を今より少しでも良いものにするため、現実的な努力を継続すること。
日本を「平和と豊饒」の国「万民幸福」の国にするため、ささやかながらも努めること。
「反戦」と「反貧困」の信念のもと、身体とアタマとカネを使って戦うこと。
であります。
もちろん、これは私にとっての「愛国心」ですから、他人様に強制するようなものではありません。
それぞれの人にそれぞれ異なったタイプの「愛国心」がある。
こういった当たり前のことを、これからも忘れないようにしたいと思っています(ボンクラ者ゆえ、すぐ忘れがちなので・・・汗)。

なにはともあれ、「鈴木邦男保坂展人対談」はおススメですよ!
ぜひ読んでみてください~。

保坂展人さんに会いにいった
(鈴木邦男の愛国問答 第10回)


関連動画

鈴木邦男×雨宮処凛×保坂展人 「愛国心」トークライブ


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年10月20日 20:00

« 民主党は「マルチ完全規制法案」を提出せよ | メイン | 絶対クリーン主義 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2681

このリストは、次のエントリーを参照しています: 鈴木邦男・保坂展人対談:

» ◆米国最強神話の幻影◆ from ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
◆米国最強神話の幻影◆画像はクリックで拡大します。◆ミサイル防衛の理論と現実◆前 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月20日 23:29

» 構造的欠陥のある日本社会を再構築せよ! from 現政権に「ノー」!!!
自己責任ではない 命を削らないで 『反貧困ネット』 都内で2500人集会 貧しさのため生活が困難になっている人たちが連携と現状改善を訴える「世直しイッキ!... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月21日 00:00

» 不正経理と郵政民営化 from 新三ログ
県で不正経理が行われているようだ。口々に私的流用は無いと発言している。県の予算の多くは単年度制なので予算を持ち越すことが出来ない。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月21日 01:33