【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『新しい株式投資論』山崎元 | メイン | 映画予告編 »


2008年11月24日

「湯浅誠さんと考える格差・貧困問題」

青年大集会2008-湯浅誠


平和への結集ブログ」さんからTBをいただいた「湯浅誠さんと考える格差・貧困問題」イベントのお知らせを転載させていただきます。

『湯浅誠さんと考える格差・貧困問題』(活憲政治セミナー第2回)


★引用開始★

「平和への結集」をめざす市民の風主催

活憲政治セミナー第2回 「湯浅誠さんと考える格差・貧困問題」 ご案内

皆様
 
 今年九月に福田内閣が突然辞任し、麻生内閣が発足するとともに、いよいよ衆議院の解散総選挙が目の前まで迫ってきました。過去に例のない原油価格や食糧価格の上昇により、庶民の生活や中小企業の経営は大きく脅かされており、またアメリカのサブプライムローン問題に発した金融危機により、株価は暴落し、賃金・雇用破壊の波が押し寄せようとしています。世界的な経済危機の影響に加えて、非正規・短期雇用への切り替えや雇用の不安定化、生活保護の各種加算廃止や後期高齢者医療制度導入など社会保障の切り捨ても進んでおり、社会的弱者の生存を脅かしかねない状況が広がっています。ネットカフェ難民の増加に象徴されるような格差・貧困の問題が今後さらに多くの人を呑み込もうとしています。

 格差の拡大に歯止めをかけ、貧困をなくすためには、どうすればいいのでしょうか。政治セミナー第2回にあたる今回は、講師として反貧困運動の先頭に立って活動してきた湯浅誠さんをお招きし、貧困問題克服に向けた展望を語っていただきます。湯浅さんの「もやい」事務局長としてのこれまでの活動経験、日本の貧困の実態と貧困克服に向けた取り組み、そして特に最近の若い世代による運動の発展や衆議院選挙にあたっての指針、反貧困を掲げる様々な政治勢力による共闘の可能性などについて、お話を聞き、参加者との間で活発な討論ができればと考えていますので、ぜひ皆様も奮ってご参加ください。

講師: 湯浅 誠さん(NPO法人自立生活サポートセンターもやい事務局長)
日時:2008年12月1日(月曜日)18:30-20:30
会場:東京都港区立港勤労福祉会館 第一洋室
    〒108-0014 東京都港区芝5-18-2  
交通:JR田町駅三田□下車徒歩5分 第一京浜国道沿い(芝5丁目交差点かど)
    都営地下鉄三田駅下車、A7出□でてすぐ左隣 (地図
TEL: 03-3455-6381(代)
参加費:700円 
お問い合わせ先: Keiss1979@aol.com
当日緊急連絡先: 080-5373-0575(末次)

「平和への結集」をめざす市民の風
URL: http://kaze.fm

★引用終了★


以下は、オマケ的な「喜八の贅言《ぜいげん》」です。(^_^;)

雨宮処凛さん(作家)のことを、「労働/生存運動」の精神的支柱と言ったのは湯浅誠さん(NPO法人自立生活サポートセンターもやい事務局長)ですが、私(喜八)は湯浅さんのことを「労働/生存運動」の理論的支柱だと思っています。
なんの誇張も「ヨイショ」もなく(笑)、雨宮処凛さんと湯浅誠さんは「日本の明日を担う存在」「日本の希望」ではないでしょうか。

先月26日(2008-10-26)、東京渋谷で発生した「リアリティツァー弾圧事件」の一報を聞いたときは、大いに肝を冷やしました。
「3人が逮捕された!」と知り、「まさか、その3人の中に雨宮処凛さんと湯浅誠さんが入ってはいないだろうな?」と危ぶんだのです。
もし警察が雨宮さんと湯浅さんを拘束するような暴挙にでたとしたら、それこそ「日本はオシマイ」です。
幸い・・・といっては、実際に逮捕された3人の方に申し訳ないのですが、雨宮処凛さんと湯浅誠さんは無事でした。
公安警察側も「そこまでは」正気を失っていなかったということですね。
とはいえ、あの逮捕が「警察の暴走」であり「国家の危機」を招く行為であったことに変わりはありませんが・・・。

ところで、聞くところによると、湯浅誠さんはここ10年ほどは、「月7~8万円」程度の生活費で暮らされてきたそうです。
野宿者(ホームレス)・生活困窮者支援に全力で取り組まれてきたため、自分の暮らしぶりにまで手が届かなかったそうです。
このごろでは『反貧困』岩波新書(2008)などの著書も売れ、各種セミナー・勉強会の講師をつとめることも増えて、ようやく「月10万円以上」の生活を送れるようになったと聞きます。
しかし、同時に湯浅誠さんはモーレツに忙しくなりました。
以前「もやい」スタッフの方から聞いたところでは「湯浅さんの忙しさは殺人的」なのだそうです。

そこで不肖・喜八から提案があります。
各種セミナー・勉強会の講師を頼みたいという方々は、湯浅誠さんだけでなくて、「もやい」理事長・稲葉剛さんに注目されるといいですよ。
稲葉剛さんは一見おだやかでソフトな印象の方ですが、あしかけ15年にわたって生活困窮者支援のために路上で戦われ続けてきた、「歴戦のストリートファイター」であり「豪の者」です。
頭がキレル上に非常な行動力・胆力の持ち主であり、さらには話が上手くて大変な筆力がある。
本来なら、もっともっと注目されてしかるべき人だと思います。
おそらく今後、「稲葉剛株」は急騰するでしょうね。
「反貧困」「労働/生存運動」の講師・パネリストを探されている方は、稲葉剛さんに注目です!

ちなみに、私(喜八)はアタマは悪いのですが、カンはかなりいいほうです。
なので「稲葉剛株・急上昇」の予想もきっと当たります(笑)。
目端《めはし》の利く方は今のうちに「青田買い」をしておきましょう。
けっして「ソン」はしませんよ!


付記:「もやい」カンパのお願い

特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい

生活困窮者を支援するNPO「自立生活サポートセンター・もやい」が、支援企業が米国金融危機の影響で倒産したため、深刻な資金難に陥っています。
そのため「もやい」は緊急カンパを募っています。
心ある方にぜひお願いします。
もやいのページを覗いてみてください。
そして、できる範囲でのカンパをお願いします(1円以上いくらでも受け付けているそうです)。

緊急カンパキャンペーンご協力のお願い
(2009-10-01)


『反貧困』湯浅誠
反貧困』湯浅誠、岩波新書(2008)

(『反貧困』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年11月24日 12:00

« 『新しい株式投資論』山崎元 | メイン | 映画予告編 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2758

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「湯浅誠さんと考える格差・貧困問題」:

» 麻生太郎の高貴な血筋 from 逝きし世の面影
晴天とら日和 お笑い「麻生語」辞典+第2次補正予算案の提出なるかどうか?(2008年11月19日)から、 「正しい読み」→ 「あそうたろう君読み」 踏... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年11月24日 17:30

» 政治家は「言葉の男/女」でないといけない from とむ丸の夢
中学生がおばあちゃんの作った干し柿を土産に、国語がわからない、ルントウが分からない、といいながら国語の教科書を抱えてやって来ました... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年11月24日 22:59

» 郵政資産凍結を急げ! from kimera25
大変です!この救急の写真の様に!!!! でもちょっと息を整えて!  ゴスペラーズvs常田真太郎(from スキマスイッチ) 『セプテノーヴァ』... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年11月25日 04:27

» 湯浅誠の「反貧困」を読む(1) from 志村建世のブログ
湯浅誠の「反貧困」(岩波新書)を読みました。もっと早くに読むべき本でした。この4月に出ていたのに、なぜか見落としていました。天木直人氏が湯浅誠に政治改革の期待を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月22日 16:58

» 「政治の監視、市民の責任」(湯浅誠)/『反貧困―「すべり台社会」からの脱出』大佛次郎論壇賞に from みどりの一期一会
「反貧困ネットワーク」の湯浅誠さんの、 『反貧困――「すべり台社会」からの脱出』(岩波新書)が 大佛次郎論壇賞を受賞した。 大佛次郎論壇賞、湯浅誠氏の『反貧... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月23日 11:51

» 大佛次郎論壇賞、湯浅誠氏の『反貧困』に from 試稿錯誤
                                      大佛次郎論壇賞、湯浅誠氏の『反貧困』に http://www.asahi.com... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月28日 11:55