【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 鈴木宗男さんの日記から | メイン | 『英語は楽しく使うもの』松本青也 »


2008年12月06日

枝元なほみさんと『ビッグイシュー』

枝元なほみさん
料理研究家・枝元なほみさん


ホームレス状態の人が売る雑誌『ビッグイシュー日本版』2008年12月01日号(通算108号)掲載の「枝元なほみのスローシンプルフード」から一部を引用させていただきます。

枝元なほみ《えだもと・なほみ》:料理研究家。「NPO法人 ビッグイシュー基金」理事。料理雑誌やテレビ番組で活躍中。『枝元なほみさんの根菜&豆おかず』(別冊主婦と生活)、『おりおりのおりょうり』(集英社be文庫)など、著書多数)


★引用開始★

 何年も前。寒い雨の日、トランクのキャスターを引きずりながら出張に出かけようと東京駅に着いた。細くしとしと降る雨が骨身に滲《し》みて肩がすぼまった。駅ビルの入り口の端に、ホームレスの人が座っていた。寒い日で、なんだか心配になってしまった私《枝元なほみ》は、千円札を1枚もらってもらおうとして、「けっこうです」と断られた。少しとまどった。失礼だったのか、と思った。どうしたら、つながれるのだろう、と思った。寒かったのだ、寒いですねえ、と声をかけたかったのだ。

 何年か経ち、ビッグイシューの存在を知った。いいシステムだと思った。お金を渡すのではなく、仕事を渡す、それは希望と誇りを渡すように思えたからだ。かかわることになって、さらに気がついた。通りでビッグイシューを売る、ということは、その場所にいる存在理由ができる、ということでもあるのだった。手に掲げる薄い雑誌を媒介に、言葉を掛け合って挨拶をし、人とつながることができるのだった。「寒いですね、お元気ですか」をお互いに言えるようになる、それは希望なんだと思った。

★引用終了★


こんなことを私のような者が言うのは、きわめてオコガマシイとは思いますが・・・(汗)。
枝元なほみさんは「達意の文章家」ではないでしょうか。
枝元さんの上掲エッセイを一読して、「自分(喜八)もブログで、このような、人の心を打つ文章を書きたいものだ」と強く思いました。
「う~む、枝元なほみさんは料理の達人であるばかりでなくて、文章の達人でもあったのだ!」
と感銘を受けつつ、さらに「なほみファン」度を深めていくワタシでありました。

ところで、昨日(12-05)から「ビッグイシュー初の単行本」である『世界一暖かい人生相談──幸せの人生相談』の発売が開始されました。
これは『ビッグイシュー日本版』連載の「ホームレス人生相談」と枝元なほみさんの料理エッセイとの「コラボ」本だそうです。
通常の『ビッグイシュー』とおなじく、街角で販売されます。
以下は『ビッグイシュー』のHPから。


★引用開始★

ビッグイシュー初の単行本発売!

cooking_cover.jpg

12/5より路上で独占先行販売!

若者の悩みにホームレスの人々が答える「ホームレス人生相談」、この相談と回答に合わせて、誌面でもおなじみの料理研究家枝元なほみさんが「悩みに効く料理」をつくる、前代未聞の、「おいしい人生相談」が生まれました。題して、『世界一あたたかい人生相談――幸せの人生レシピ』。

読んで癒され、料理をつくり食べて元気になる、芯から、心と身体のよみがえる本ができました。100年に1回という大不況に見まわれる寒いこの冬に、心も身体も芯から温まっていただきたい、という願いをこめました。

12月と1月の2ヶ月は販売者による路上での独占先行販売で、街頭のみでお買い求めいただけます。 2月以降は書店と会社直販のみでの販売となります。価格1400円のうち700円(1333円+税67円)が販売者の収入となります。これを年末のボーナス、お年玉にしていただくことと、貯金、アパートの保証金の一部にして一刻も早く畳の上に上がっていただくことを目的としての試みです。

タイトル:『世界一あたたかい人生相談――幸せの人生レシピ』

本の内容:計50レシピ(人生相談)と6つのコラムが入ります。

本の体裁:A5横版、112ページ、ソフトカバー付き、オールカラー
定価:1,400円(内訳 販売者700円+会社633円+税67円=1,400円)

★引用終了★


こうなったら、『ビッグイシュー日本版』と単行本『世界一あたたかい人生相談――幸せの人生レシピ』を買うしかない!
特に「自分はモテない・・・(涙)」とお悩みの方は、街角の販売者さんたちから『ビッグイシュー日本版』を買ってみましょう。
そして「寒いですね。お互い、風邪なんかひかないように気をつけましょうね」と立ち話をするのです。
これを気長に続ければ、今より「モテる」ようになること間違いありません!

なんて言うと「また、喜八のヤツが無茶苦茶なことを言っている」と呆れられる方も少なくないと思いますが・・・。
私はアタマはあまりよくないけれど、わりと勘(および要領と運)はよくて、おおむね大筋は外さないんですね。
ビッグイシュー日本版』を買い、販売者さんと「馴染み」になる。
ごく普通の挨拶や世間話をする。
これを続ければ「モテ度」は増すであろう、という「『ビッグイシュー』モテ戦略」。
必ずや!効果があるはずであります。
と、思います(保障はしません。笑)。

なにはともあれ。
いよいよ寒さが増してきました。
本格的な冬の到来です。
お互い風邪などひかぬように、ボチボチとやっていきましょう~!(※)

(※風邪の回復・予防法については以下のページを参照ください。喜八の別サイトの記事です)

風邪の回復法

風邪の予防法


投稿者 kihachin : 2008年12月06日 08:00

« 鈴木宗男さんの日記から | メイン | 『英語は楽しく使うもの』松本青也 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2783

このリストは、次のエントリーを参照しています: 枝元なほみさんと『ビッグイシュー』:

» 20万ドル(約2000万円)を払って保釈された大幸丸 from ミクロネシアの小さな島・ヤップより
先月ミクロネシア連邦の巡視船によって拿捕された大幸丸は、たしか11月21日頃にこっそり出ていったが、きょう州裁判所に行く用事があったので、ついでに連邦裁判所にも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月06日 10:35

» 国家はいらないのか? from がんばれ城内実(きうちみのる)
いわゆる「リベラル」で知的な方々の中には「国家」を軽んじることがファッショナブル(?)のように思われている向きもあるように感じています。 その点、いささか違和感... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月06日 12:40

» 【日記】改正国籍法成立を振り返って from 散策
ここのところ、国籍法改正関係で、他のかたのブログにコメントさせていただいたり、衆議院法務委員会審議、参議院法務委員会審議をネットで見たり、国籍法3条1項違憲訴訟... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月06日 14:22

» 「崖っぷち」の麻生は「選挙のジャマ」、「新党ポロポロ」乱立も?・・・役割を終え、沈没間近の自民党 from 日本がアブナイ!
 最新の記事一覧は、12月分・・・コチラ、11月分・・・コチラ  *印のついた報道記事は、記事の最後のMoreの部分にあるです。  今週は、党内外か... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月06日 16:37

» 予備自衛官補 from とむ丸の夢
昨日の昼。家人のつけたテレビにめずらしく飯島氏が出て、なにやら杉村太蔵氏のことをいろいろとしゃべってました。コイズミ首相のようなオ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月06日 22:16

» 湯浅誠「反貧困 これは『彼ら』の問題ではない」 from 平和への結集ブログ
 活憲政治セミナー第2回「湯浅誠さんと考える格差・貧困問題」の報告です。ブログなどで宣伝していただいた方、ありがとうございました。  正規労働者と非正規労働者の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月06日 22:25

» 女たちが消費社会から共認社会への転換を始めた from 日本を守るのに右も左もない
内田樹氏が自身のブログ『内田樹の研究室』の12月6日の記事「窮乏シフト」が非常に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月07日 00:12

» 移転反対仲卸分断のための豊洲新市場移転協議会開催と東京都の見境ない配布資料(追記あり) from Like a rolling bean (new) 出来事録
豊洲移転を絶対にするぞと東京都が一方的に通告した12月4日の「第13回新市場建設協議会」の資料をいただき、内容をうかがってきました。 まったくひどいの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月07日 11:01

» 何故ニセ科学批判が批判されるのか from 逝きし世の面影
『全ての人はニセ科学には反対する』 基本的に『ニセ科学に反対』とか『ニセ科学は広まって欲しくない』とかの意見に対して誰も反対していないだろうと思います。 た... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月07日 14:30

» 派遣社員はモノじゃない! 2000人の叫びが日比谷の夜空に響いた日。 from 派遣ユニオン ブログ
4日に開催した派遣法抜本改正を求める日比谷野音集会には約2000人の仲間が集まりました。 12月16日に、解雇と同時に退寮を通告されている派遣労... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月08日 20:22

» ある晴れた日に from ミクロネシアの小さな島・ヤップより
雲ひとつなく晴れわたった冬の朝、成田空港に降り立った。飛行機から降りてターミナル・ビルに移動中、遠くに雪をかぶった山が... えっ、ひょっとして富士山? となり... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月14日 09:27