【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「グローバリズムの呪縛から目を覚ませ」東谷暁 | メイン | 中谷巌「小泉改革の大罪と日本の不幸」 »


2008年12月14日

郵政見直し法案の否決

郵政民営化凍結!
郵政民営化凍結TBP

人気blogランキング ブログランキングへ


自公政権が「郵政株式売却凍結法案(郵政見直し法案)」を否決しました。
それは予想通りの成り行きではありますが・・・。
白昼堂々と(?)亡国政策を推進する、自公所属議員たちのクソ度胸には恐れ入りましたね。

郵政株式売却凍結法案:野党3党の法案、造反者出ず否決
 民主、社民、国民新の野党3党が提出した「郵政株式売却凍結法案」は11日、衆院本会議で反対多数で否決された。同法案は、持ち株会社「日本郵政」と「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」の株式売却を当面停止する内容。自民党の郵政民営化見直し派の対応が注目されたが、造反者は出なかった。【高本耕太】
毎日新聞 2008年12月12日 東京朝刊


もちろん、上で「クソ度胸には恐れ入りました」と書いたのは皮肉です。
まあ実態は「法案の意味も何も分からずに、上から言われたことにヘコヘコと従っているだけ」の議員サンがほとんどなのでしょう。
そういった主体性・見識・信念ゼロのセンセーがたは・・・「国賊」と呼ばれてもしかたないのではありますまいか?
(すでに「売国奴」という声も多く上がっていますね)
「国賊」センセーの皆様には、ぜひとも次期選挙で落選していただきたいものです。
落選することが最大の「愛国行為」!
なんとまあ悲しいことではありますが、掛け値なしの冷徹な事実ですから、しかたない。
自国民の生活を圧迫・破壊しまくって、外国金融資本に「奉仕」しちゃうような国会議員など「ムダ」の最たるもの、というよりは「有害」の最悪のものです。
きっちり「淘汰」されてくださいね~。

それにしても、上の新聞記事の最後の一文「造反者は出なかった」が、なんとも悲しい限りです。
「他人がどうあろうと、自分は国民・国家のために信念を通す!」という議員が(自民・公明には)1人たりともいない!
この「真実」が残酷なまでに明々白々に現れているのですから。
なんとまあ。
嗚呼、亡国の群れ、無残なり・・・。

我らが鈴木宗男さん(衆議院議員・「新党大地」代表)はウェブ日記で次のように書かれています。

2008年12月11日(木) 鈴 木 宗 男
 昨年12月12日、参議院で可決された「日本郵政株式会社、郵便貯金銀行及び郵便保険会社の株式の処分の停止等に関する法律案」(いわゆる郵政株凍結法案)の採決が本日衆議院本会議で行われ、否決された。
 3年前、郵政民営化に反対し、自民党から公認をもらえず、いわゆる「造反組」と言われた議員(現在は自民党に復党している議員が多い)の中から、誰か心ある、筋を通す国会議員がいるかと注目していたが、「寄らば大樹」「長いものには巻かれろ」の精神で、誰も賛成しなかった。この辺に、政治家が国民から信頼されない元があるとつくづく思ったものである。
 新党「大地」は、郵政民営化の見直しに向けて、地方の声、声なき声をしっかり受け止めて頑張って参りたい。


いや、まったく鈴木宗男さんのおっしゃる通りです。
2005年郵政国会で、小泉・竹中執行部に反旗を翻《ひるがえ》し「郵政民営化反対」をぶち上げ威勢のいいことを吹きまくり「造反組」と呼ばれたセンセー方がいました。
彼ら彼女らの多くは、その後「もう二度と逆らいません」と一筆取られてスゴスゴと自民党に復党し、挙句の果てに今回の「郵政株式売却凍結法案」否決で文字通りの「生き恥」を晒《さら》している。
なんともはや。
嗚呼、信念なき者の群れ、無残なり・・・。

ちなみに鈴木宗男さんは、かつて「党議拘束」に違反して、信念を貫き通したことがあります。
1994年、いわゆる「自・社・さきがけ」政権(自民・社会・さきがけ連立政権)で、社会党の村山富市氏が首班指名されました。
このとき、ほぼ全ての自民党所属議員は村山富市氏に投票するか、白票を提出するかしたそうです。
しかし、鈴木宗男さんは当時「議員運営委員会理事」であったにも関わらず、「海部俊樹(※当時の自民党総裁)」と書いたのでした。
おそらく「自民党の自分(鈴木)が社会党村山氏の名前を書くのはスジが通らない」という思いであったのでしょう。
2回にわたる投票で、2回とも「海部俊樹」と書いたのは鈴木宗男さんだけでした。
つまり、ムネオさん自身が、たった1人になっても「筋を通す国会議員」なのです。
自分ができない(やらない)ことを、他人に「やれ」と無茶を言っているわけではないのです。

心ある、筋を通す国会議員」といえば、2005年の郵政国会で、当時総裁派閥であった「森派」所属議員としてただ1人「郵政民営化=郵政米営化亡国法案」に反対を貫き通した城内実さんを思い出しますね。
いえ、これは「ヨイショ」なんかじゃないですよ(笑)。
事実を事実として、淡々と述べているだけです。
(私《喜八》がなぜムネオさんと城内さんを応援するのか、よく分かる《事実》です)
もちろん城内実さんだけでなく、現在は国民新党に集っている綿貫民輔さん(同党代表)・亀井静香さん(同代表代行)・亀井久興さん(同幹事長)、あるいは武運つたなく落選という苦渋を舐めた小泉龍司さん・小林興起さんたち。
心ある、筋を通す国会議員」は、自民党にも、かつては確かにいたのです。
しかし、それらの人々は1人残らず粛清(追放)されました。
いまはもう、ただの1人も自民党に「心ある、筋を通す国会議員」は残っていない。
「郵政株式売却凍結法案」否決において、「造反者」がゼロであったという事実からも、それは明らかなのです。
なんということでしょう。
嗚呼、メダカ政治家の群れ、無残なり・・・。

誤解なきようにお断りしておきます。
私(喜八)は、もともと「自民党=絶対悪」論はとっておりません。
自民党は「日本人の身の丈に合った」政党であったと思っています。
かつての自民党には「良いところ」も「悪いところ」もあった。
それは、言うまでもないような、ごく当たり前のことですね。
しかし、自民党は長期政権に驕《おご》り、自己研鑽を怠《おこた》り、ウカウカと過ごすうちに極度に劣化し、耐用年数を遥かに超えてしまった。
いまの自民党には「良いところ」がほとんどなく「悪いところ」は山ほどある。
こういった政党を「使い」続けるのは、きわめて危険なことです。
2008年の夏には、30年以上使い続けた扇風機が突然火を噴き家を全焼してしまう事故が相次ぎました。
いまの自民党は、老朽扇風機のような存在です。
「いままでは大丈夫だったから」といった惰性で自民党を使い続けたら、地獄の業火を噴き出し、日本の社会・国家を焼き尽くしかねない。
それくらい危険な存在に成り下がったのが、自民党なのだと私(喜八)は思います。

そんな自由民主党所属議員を眺めわたせば。
心なく、筋を通さず、信念などこれっぱかりもなく、「寄らば大樹」「長いものには巻かれろ」精神ばかりは豊富な「先生」たちばかりが目につきます。
こんな人たちにに国の舵取りをまかせることほど、危険で愚かしいことはありませんね。
それは究極の愚行であります。
一刻も早く、これらのセンセー方にはご退場願おうではありませんか。
そういった議員たちを「淘汰」することこそ、我々庶民にできる最大の「愛国行為」ではないでしょうか。
そうして「よりよい国」「平和と豊饒の国」「万民幸福の国」日本を築きあげましょう~!


人気blogランキング ブログランキングを見る

それぞれ意見は異なるけれど、平和を愛する心はおなじ「天木直人」 「植草一秀」 「お玉」 「城内実」 「ココロ」  「see21」 「とむ丸」 「ぶいっちゃん」 「保坂展人」 「Mew」 「村野瀬玲奈」 「喜八」へのランキング投票をお願いします!


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


関連ページ


城内みのるオフィシャルサイト


戸倉多香子


投稿者 kihachin : 2008年12月14日 20:00

« 「グローバリズムの呪縛から目を覚ませ」東谷暁 | メイン | 中谷巌「小泉改革の大罪と日本の不幸」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2799

このリストは、次のエントリーを参照しています: 郵政見直し法案の否決:

» FRBがFRB債を検討→新ドル切替の布石? from 日本を守るのに右も左もない
先ほどの記事「米国債が高騰しているのはなぜか?」に対して、「しずか」さんから貴... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月14日 23:16

» 心が痛むのは悲しいからか、この過酷な状況の現世。 from kimera25
つい10日前の写真です。 夏の名残のようで使うのをやめましたが もったいないという貧乏人根性で使ってしまいました。 先のエントリィで”安物買いの銭失い”の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月15日 00:31

» 政権交代を覚悟? 細田幹事長 + 暫定首相にコイズミ氏を担ごうというお粗末さ from とむ丸の夢
おお! というか、ええっ?! というか。  過日、かつての官房長官番記者たちによる細田氏の自民幹事長就任を祝う席で、主役の細田氏が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月15日 12:22

» 筋を通せ自民党(自民党と麻生さんの政策課題(2) from 無党派日本人の本音
 昨日からの自民党の抱える問題点の続きです。 (*注記) [生まれの筋が悪い定額給付金] 今、自民党の抱える問題の一つは定額給付金だ。 何度も書くが、この前身... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月15日 16:47

» 報道から 北海道議会は、何をやっているんだ 怒怒  from どうする日本 北欧の福祉を日本へ
12月14日(日)のサンデープロジェクトを見て 怒りが込み上げて来たので、当ブログで取り上げる。 サンデープロジェクトの内容 ”地方... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月15日 16:51