【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 2009年の展望 | メイン | 「ガザ攻撃中止を求める緊急アピール」 »


2009年01月06日

坂本哲志先生、大丈夫ですか?

派遣村『本当に真面目に働く人たちか』 総務政務官、派遣村に苦言

ブログランキング ブログランキングへ


激動が予想される平成21年(2009)。
坂本哲志先生(自民党所属衆議院議員)が、いきなり飛ばされていますね。
はなはだ「お節介」のようではありますが・・・。
坂本哲志先生、大丈夫ですか?

以下は「読売新聞」記事の引用です。


★引用開始★

派遣村、まじめに働こうという人なのか?と坂本総務政務官
 坂本哲志総務政務官(自民、衆院当選2回)は5日、総務省の仕事始め式のあいさつで、東京・日比谷公園の「年越し派遣村」について、「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのかな、という気もした」と述べた。
 さらに、「『(厚生労働省の)講堂を開けろ』『もっといろんな人が出てこい』(と要求される)。学生紛争の時に『学内を開放しろ』『学長よ出てこい』(と学生が要求した)。そういう戦術、戦略がかいま見える気がした」と語った。
 坂本氏は地元の熊本県では厳しい経済状況の中で助け合っているとしたうえで、派遣村のあり方に触れた。
 民主党の小沢代表、国民新党の綿貫代表ら両党幹部は5日夜、都内で会談し、坂本氏への辞任要求も視野に、発言の責任を追及することで一致した。
(2009年1月6日00時03分 読売新聞)

★引用終了★


まずは私(喜八)の個人的な見聞を語りましょう。
東京日比谷公園の「年越し派遣村」に行って私がしたことは、路上に設置された石油ストーブにあたりながら野宿者の方たちと雑談することだけ・・・ではありませんが、おおむね雑談ばかりしていました。
おかげで様々な方の体験談を聞くことができました。

さて、坂本哲志総務政務官(自民党所属衆議院議員)の「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのかな、という気もした」という発言ですが・・・。
はてして、コレは何を根拠に仰っているのか?
坂本哲志先生は「年越し派遣村」の現場に足を運ばれたのでしょうか?
野宿にまで追い込まれた「国民」と直接対面し、話をされたのでしょうか?
疑問は深まるばかりです。

私の限られた見聞から言っても、野宿に追い込まれた方々の多くは本質的に「勤勉」ですし、労働意欲も決して低くはないですよ。
それは、中には身体や心の調子を崩され、すぐには働くことのできない方もいるでしょう。
しかし、そういう方でも「健康を取り戻したら、ぜひ働きたい。そして安定した生活を送れるようになったら、今度は自分もボランティアに参加して『恩返し』がしたい」と言われることが多いのです。
俺はいまはホームレスだけれど、これから必ず盛り返すからな」と力強く宣言されていた60代男性もいました。
ただ、よくよく話を聞いていると、その方も持病をいくつか抱えているわけです。
もともとの持病を過酷な路上生活により悪化させている。
労働意欲は強いけれど、いきなりフルタイムの仕事はできないかもしれない。
まずは体調を整えることが必要かもしれない。
ここに「政治」の出番がある。
ここで出て行かないような「政治家」なんて要らない。
このように私は思いますけど。
どうも、坂本哲志先生とは根本的なところで「認識の相違」があるようですね。

いわゆる「野宿者」の人は、ある程度のおカネを「虎の子」として持っていることも多いのです。
なぜなら、職を得て「月給取り」になっても、最初の給料はすぐには入らない。
最長で1ヵ月くらいは手持ちの資金で食いつながなくてはならない。
だから、ビジネスホテル・サウナ・ネットカフェ等に泊まれるおカネは持っているけれど、「虎の子」を保存するため、あえて路上で寝泊りする。
こういう人たちも少なくはないのです。
将来就職することを前提に、「虎の子」には手をつけず、路上で歯を食いしばり耐え忍んでいるわけです。

どうでしょうか?
坂本哲志先生は、以上のようなことをご存知の上で、「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのかな、という気もした」と発言されたのでしょうか?
もう一度、お訊きしますよ。
坂本哲志先生、あなたは日比谷公園「年越し派遣村」の現場に足を運ばれたのですか?
野宿にまで追い込まれた「国民」と直接対話して、実状を自分の目で確認されたのですか?

もし万一、あくまで「仮定」の話ではありますが・・・。
「年越し派遣村」に足も運ばず、困窮する「国民」の声も聞かずに「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのかな、という気もした」なんてノーテンキな放言をされたのだとしたら?
あなた(坂本哲志)こそが「最も要らない存在」ではないでしょうか。
まあ、そんなことは絶対にないとは思いますけれど(笑)。

貧困と戦わない政治家はいらない。

年越し派遣村村長・湯浅誠さん(NPO法人自立生活サポートセンターもやい事務局長)の至言です。
逆にいうと「貧困と戦う政治家こそが、いまの日本では求められている」わけです。
日比谷公園「年越し派遣村」にも党派を超えた政治家の皆さんが集結されていましたね。
どういうわけか、自民党と公明党の議員さんはお見えにならなかったようですが(もしかしたら、私の勘違いかもしれません)。
国内に厳然と在る「貧困」を無視し、困窮の中で戦い続けている「国民」を無視する。
そんな「政治家」などは要らない。
要らないどころか、社会にとっては有害無益な存在でしかない。
こういった意識が国民のあいだに静かに、しかし確実に広まっています。

坂本哲志先生、大丈夫ですか?
今年(2009)中には、必ず総選挙があります。
失礼ながら、坂本哲志先生は選挙には強くはないようですね。
Wikipedia」によれば、坂本哲志先生のお父様とお祖父様は特定郵便局長を勤められていたそうではありませんか。
それなのに「郵政国会では当初は郵政民営化法案に反対の意向を示していたが、最終的に賛成票を投じた」なんて記述があります。
こんな体たらくでは、次の選挙では、お父様・お祖父様つながりの人脈もまったく機能しないでしょう。
そのうえ今回「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのかな、という気もした」なんてお気楽(?)な放言をされている。
上掲新聞記事にもありますように、さっそく「民主党の小沢代表、国民新党の綿貫代表ら」老練な政治家が、あなた(坂本哲志)の首を獲りにいく算段をしていますよ。
はたして、コレで次の選挙は大丈夫なのでしょうか?
大丈夫なわけないと私(喜八)は思うのですが・・・。

まあ、そんなことは「余計なお節介」というものですね(笑)。
いろいろ、ご無礼なことを申し上げて、失礼しました。
ご気分を害されたなら、お詫びを申し上げます。
最後に坂本哲志先生のご武運を祈らせていただきます。
今後「てつしマン」先生がサバイバルするには、巨大な幸運が絶対的に必要かと思われますから。


人気blogランキング ブログランキングを見る

それぞれ意見は異なるけれど、祖国を愛する心はおなじ「城内」 「きょーちゃん」 「新三」  「早雲」 「高橋」 「日村」 「三輪」 「山崎」 「ラサ」 「浪人」 「ろろ」 「喜八」へのランキング投票をお願いします!


郵政民営化凍結宣言

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)


関連ページ


反貧困ネットワーク
反貧困ネットワーク

投稿者 kihachin : 2009年01月06日 12:00

« 2009年の展望 | メイン | 「ガザ攻撃中止を求める緊急アピール」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2835

このリストは、次のエントリーを参照しています: 坂本哲志先生、大丈夫ですか?:

» 初夢:日本を代表する政治家 from がんばれ城内実(きうちみのる)
90代半ばでまだまだ元気な祖母を相手に城内実さんの「広報」をしています。 「2005年の郵政民営化国会で、城内実さんは当時総裁派閥の森派所属議員としてはただ1人... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月06日 12:51

» 新年、そして・・ from 関係性
 開けましておめでとうございます。  本年も宜しくお願いいたします。  言うまでもなく、大変な1年が始まったが、企業を解雇された人たちからすると新年どころでは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月06日 14:46

» 定額給付金ください from ラサ#lhasaのブログ
livedoor ニュース定額給付金をもらうと、カエル、じゃなくて渡辺が出て行くっていうんなら 定額給付金もらいたいんですけど   おいらの理想... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月06日 19:18

» 坂本哲志先生って何か問題? from ラサ#lhasaのブログ
坂本哲志先生の「失言」って、どうもしっくりこない 最初は東京と地方の差を考えて、東京の人ばかりが優遇されてるっていう趣旨で、 例の失言をした、って弁解してた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月06日 19:28

» 日本をダメにした張本人+バグダッド、グリーンゾーンに新庁舎の米大使館 from とむ丸の夢
晴耕雨読さんが「日本の文化をぶち壊し現在の経済的大災厄を用意した“大罪人”中曽根氏」という記事を書かれています。 「中曽根氏... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月06日 22:44

» 人命優先の思想と自然環境 from ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
★イスラエル軍のガザ攻撃にクラスター弾使用は犯罪行為です。 ◆人命優先の思想◆画 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月06日 22:54

» 情けは人のためならず from ラサ#lhasaのブログ
livedoor ニュース ネット上では坂本なんとかって議員の「失言」に好意的な人も多いらしい おいらも坂本は別に悪くないとは思うけど、 かといって派遣村... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月06日 22:58

» 前略、総務政務官坂本哲志様 from 新三ログ
坂本哲志総務政務官(衆院熊本3区、当選2回)が、下記の発言をされたそうだ。  坂本氏は派遣村での様子について「学生紛争の時の戦略の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月07日 00:15

» 「日本郵政はかんぽの宿のオリックスへの売却見直しを」当ブログは入札前から問題視 from 国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行
 鳩山総務相(福岡6区)が日本郵政が「かんぽの宿」70施設をオリックスに一括譲渡する契約について「なぜ一括譲渡なのか疑問を感じる」と述べましたが、この案件につい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月07日 00:47

» よく考えてみると・・・! from kimera25
写真は朝日新聞よりお借りいたしました。ありがとうございます。http://www.asahi.com/special/08014/TKY200901040034... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月07日 00:56

» 麻生さんの決断の時は今だ from 無党派日本人の本音
 一昨夜のテレ朝の「たけしのTVタックル」で政権交代の可能性について、多くの評論家達が100%以上の数字を出していました。 どちらかと言えば自民党寄りの発言が目... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月07日 06:52

» 失業者の神経を逆撫でし、尊厳を踏みにじった自民党の坂本哲志衆院議員は辞任、辞職しろ。 from 未来を信じ、未来に生きる。
 坂本総務政務官:派遣村発言 野党各党、辞任要求 「失業者に無礼だ」  坂本哲志総務政務官が東京・日比谷公園の「年越し派遣村」に関し、「本当にまじめに働こうと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月07日 06:59

» 暮らしに思いを馳せる経済学−−景気と暮らしの両立を考える from 逝きし世の面影
今週の本棚:松原隆一郎・評 『暮らしに思いを馳せる経済学』−景気と暮らしの両立を考える=山家悠紀夫・著(新日本出版社・1890円)  ◇二つの環に分断された... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月07日 09:48

» 労働者派遣法改正のそもそもは小泉政権の問題 from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
なんだかね・・・・ブログを始めた三年前に漠然と感じていた、」そして予想していた不安が一気に現実のものになったような・・・・そんな実... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月07日 09:57

» 情報の価格 from 愚樵空論
今日は少し理性的な話を(笑)。昨年末から年明けにかけて、ブログ界隈で起こった出来事のなかで少し驚かされたのが、天木直人氏のブログ廃... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月07日 11:56

» 坂本哲志氏の失言は自民党政治そのもの from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
「古き悪しき自民党マインドの典型、坂本哲志議員」の「失言」に続報がありますね。発言を撤回し、謝罪したけど、辞任はしない、と。その... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月08日 00:15

» 貧困と闘わずにホームレスと戦う日本と、ホームレスを援助して貧困と闘うフランス。 from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
るか親方の「大阪市強制代執行とフランスのホームレス事情」、 うにさんの「長居公園、2007年2月5日」、 アッテンボローさんの「長居公園行... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月08日 00:17

» 参院、政府に失業者支援求める 全会一致で決議  from        春 夏 秋 冬
参院、政府に失業者支援求める 全会一致で決議  参院は7日の本会議で、雇用情勢の深刻化を受け政府に失業者支援への取り組みを求める「雇用と住居など国民生活の安定... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月08日 15:35

» 派遣村村会のカリスマシェフ from 御一新マガジン「レスジェネ」
まあ、人間有名になると 「有名税」というものがいやでも課せられるものですが、 これはそんな紋切り調な言い草では済まされないかも・・・。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月09日 01:16

» 「派遣村」をめぐる議論に思う from 虎哲徒然日記
この年末年始、ニュースのトップにあったのは東京・日比谷公園のいわゆる「派遣村」だった。 職も家も突然なくして、どうしようもなくなった人々が多数身を寄せるため、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月09日 21:04

» 自己責任論は国家責任を放棄した憲法違反です! from BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
私は時々、誰も言っていないことをふと思いつく。昨日もそうだった。きっかけはきっこのブログ: 派遣村についてだった。TYなる50代半ばの自称... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年01月13日 11:58