【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 中川昭一氏を擁護するわけではないが・・・ | メイン | 「郵政民営推進派」は奇怪な人たち »


2009年02月17日

麻生首相、解散総選挙を決意?

中川昭一財務・金融担当大臣が辞任

人気blogランキング ブログランキングへ


麻生太郎首相がいよいよ解散総選挙に討って出るのではないか?
という「推測」のエントリです。

末尾に「まともな報道者の皆様へのメッセージ」もあります。


日本ばかりでなく、世界中に波紋を広げた中川昭一財務・金融相の「居眠り・ロレツ・いい間違え」事件でしたが、さきほど入ってきたニュースによると、自ら辞意を表明したようです。
以下に「時事通信」報道(2009-02-17)の一部を引用させていただきます。

中川財務相が辞意表明=予算衆院通過後に-G7後の問題会見で引責
 中川昭一財務・金融相は17日昼、財務省で緊急に記者会見し、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後の会見で異様な言動を繰り返して混乱を招いた問題の責任を取り、辞任する意向を明らかにした。中川氏は「2009年度予算案と関連法案が衆院を通過した後、辞表を提出する」と述べた。
 中川氏に対しては、民主党が17日中に参院に問責決議案を提出する方針。採決されれば可決は確実で、09年度予算案の審議に大きな影響が出るのは必至。このため、中川氏は辞任表明により事態の収拾を図る必要があると判断したとみられる。
 ただ、中川氏は麻生内閣の重要閣僚であるばかりか麻生太郎首相の盟友でもある。野党は首相の任命責任を追及していく構えで、支持率が低迷する麻生政権の基盤が一段と弱体化するのは避けられず、首相には大きな打撃だ。


この辞意表明はしかたがない、というか不可避であったと思います。
風邪薬であれ、アルコールであれ、病気であれ、いかなる理由があっても、記者会見ひとつできない体調の人物が財務・金融相という大役をまっとうするのは無理である!
しかも、いま世界は大恐慌の瀬戸際にある。そういう大事のときであるからして、『体調不良』の中川氏には休養してもらうべきだ!
なんて言われたなら、これに対して通常の論理で抗弁するのは不可能でしょうから。

それよりも、昨日(02-16)、麻生太郎首相が中川昭一財務・金融相をいったんは慰留した(らしい)ことに私(喜八)は注目しました。
「ああ、なるほど。麻生首相もいよいよ解散総選挙に討って出る覚悟を決めたのだな」
と、とっさに思ったのです。

麻生太郎首相にとって、中川昭一財務・金融相は現時点で「もっとも有力な同盟者」でしょう。
02月12日、小泉純一郎氏が「怒るというよりも、笑っちゃうくらいあきれる」と麻生批判をぶち上げたのに対して、中川氏は翌02月13日「首相までやられた方《小泉氏を指す》がそういうことを言うのは理解に苦しむ」と麻生擁護の声を上げました。
この中川氏の発言は「自分(中川)は麻生氏の側に立つ。小泉氏らの勢力には加担しない」と明言したのも同様であったと思います。

下がる一方の支持率に悩み、そのうえ小泉元首相ら「郵政民営化推進勢力」には突き上げられ、「四面楚歌」状態の麻生首相にとって、中川氏の応援は大変に有難いものであった。
これは容易に想像がつきますね。
しかも、もともと麻生首相と中川大臣は個人的にも親しい関係にある(そうです)。
だから、ここで中川昭一氏を「切る」ことはしたくない。
人情においても忍びないし、なによりそれは「もっとも有力な同盟者」を失うことに通じる。
そうなれば、もともとが自民党少数派閥領袖《りょうしゅう》にすぎない麻生太郎氏は、いかなる戦いに勝つことも難しくなってしまいます。

とはいえ。
「国際会議・記者会見の場で『ロレツがまわらない』体調にある中川財務・金融相をかばい通すのは無理であろう」
「中川大臣が辞任に追い込まれるのは時間の問題であろう」
これは麻生太郎首相と側近の人たちにも明らかであったはず(だと思います)。
ならば、浮くも沈むも一緒!
中川昭一氏と命運をともにし、きたるべき決戦に挑もう!
乾坤一擲《けんこんいってき》、解散総選挙に討ってでる!
麻生首相は決断したに違いない。
昨日(02-16)の晩、私(喜八)はそう思ったのです。

前掲の「時事通信」報道によれば、中川大臣は「2009年度予算案と関連法案が衆院を通過した後、辞表を提出する」と述べたそうですね。
となると、財務・金融大臣辞任にタイミングを合わせて衆院解散が発表されるのではないか。
「もっとも有力な同盟者」中川昭一氏を失ったら、完全なレイムダック状態に陥る可能性は高い。
ならば、解散総選挙だ!
なんて推測するわけです。
「政界」に関してはまったくのドシロウト喜八による「読み」だから、アテにはなりませんが・・・。
なにはともあれ。
城内実後援会末端会員、城内隊「足軽」の私(喜八)も、来る合戦に備えて、槍《やり》の穂《ほ》をスルドク磨《と》いでおくことにしましょう。
いつ何時《なんどき》、戦いの火蓋《ひぶた》が切られても慌てないように・・・。


以下は「まともな報道者の皆様へのメッセージ」です。

02月12日、小泉純一郎氏が「怒るというよりも、笑っちゃうくらいあきれる」と麻生首相を批判したとき、一部マスゴミ《ますごみ》の皆様は、おおはしゃぎで「小泉劇場ふたたび」宣伝工作を繰り広げました(※)

(※お断りしておきますと「ゴミ」は一部の報道者もどきの人々を指します。まともな報道者の方たちのことではありません)

しかし、今になって「小泉バブル」風がそう簡単に吹くわけもなく、「小泉劇場ふたたび」悪質プロパガンダに関わった報道者もどきの皆様は近い将来淘汰《とうた》されていく運命にあります。

まともな報道者の方にとっては「チャンス到来」ですよ!
「○○新聞社・□□テレビ局のダニ、最大の不良債権」ともいうべき腐敗分子を一掃する絶好の機会です。
そうやって、真のジャーナリズム、社会にとって有益な報道を断固実行する○○新聞社、□□テレビ局を構築するのです。

政府広報機関」「マスゴミ」と揶揄《やゆ》されるようなジャーナリズムもどきの在り方に長期存続性があるはずもありません。
遅かれ早かれ、一部のマスゴミ《ますごみ》諸氏は淘汰される運命にあるのです。
そして今が「そのとき」ではないでしょうか。

小泉純一郎氏や竹中平蔵氏のような人たちが大手を振って歩けた時代は過ぎました。
「小泉バブル」は終焉したのです。
いまのいま「小泉劇場ふたたび!」なんてプロパガンダ工作に参加してしまう人は勘が悪すぎます。
そのうちトンでもない目に遭うでしょうね。
まともな報道者の方たちは「小泉バブル」に惑わされてはいけません!
なんてのは「釈迦に説法」だとは思いますが・・・。

いずれにしましても、まともな報道者の方々には「真のジャーナリズムを実現する絶好の機会」が到来しています。
このチャンスを逃しませんように。


人気blogランキング ブログランキングを見る

風邪・インフルエンザに気をつけましょう!(喜八、r)

(※風邪の回復・予防法については以下のページを参照ください。喜八の別サイトの記事です)

風邪の回復法

風邪の予防法


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年02月17日 15:00

« 中川昭一氏を擁護するわけではないが・・・ | メイン | 「郵政民営推進派」は奇怪な人たち »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2909

このリストは、次のエントリーを参照しています: 麻生首相、解散総選挙を決意?:

» 中川昭一元財務金融大臣の功績 from ラサ#lhasaのブログ
mixiでのマイミクさんの日記をコピペさせていただきます。   以下、引用 続投OK。中川氏は辞める必要ない。 飲酒であれ風邪薬の副作用であ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月17日 19:03

» 中川昭一酩酊の真実 from ラサ#lhasaのブログ
http://www.zakzak.co.jp/top/200902/t2009021740_all.html 「すべてを話そう。まず、ローマ行きの飛行機で寝る... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月17日 20:34

» 村上春樹さんのエルサレム賞 from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
受賞に関して賛否はあったけれど、お玉は立派だと思うな。 たとえどんなに「壁」が正しくとも私は常に「卵」の側に立つ・ 壁は戦争そのもの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月17日 21:54

» 疑わしきは罰せずの法理論? from ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
疑わしきは罰せずの法理論?権力に悪用される倒錯した法と正義。画像はクリックで拡大 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月17日 22:01

» どうなる?日米関係と解散総選挙 from ラサ#lhasaのブログ
中川氏の騒動ばかりに夢中になってたが、 ヒラリーが日本に来てるんだよな オバマ政権になって年次改革要望書などはどうなるんだろ? また、権力がネオコンから民... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月17日 22:32

» 中川昭一は人類の歴史上、最大の貢献を果たした from ラサ#lhasaのブログ
 中川昭一氏を絶賛するIMFのストロスカーン専務理事の言葉「人類の歴史上、最大の貢献だ」の部分だけをを削除した『時事通信』は、国家解体が目的ですか? ネットだ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月18日 01:00

» ボーダータウン 報道されない殺人者■ジャーナリズムは死んだのか? from 映画と出会う・世界が変わる
この映画が描くのはあらゆるものが企業の収益至上主義の仕組みの中に取り込まれたときに何が失われるかということではないかと思う。まずは弱い立場の、この映画の中ではメ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月18日 02:05

» あれ程の醜態だったから、予想通りの結末で一件落着納得なのだが、米CIAあたりは中川の酒癖の悪さくらいは知っていた筈で、。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 政局的には、一日も早い解散・総選挙を望む我々にとって、中川の辞任は歓迎すべきことではあります。しかし、欧米メディアの絵に描いたように見事なまでの報道ップリの流... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月18日 09:37

» 後任財務相が与謝野氏で、アソウ総理は財務省に完全に屈服? from とむ丸の夢
16日の自民党本部の会合で、クリントン米国務長官の来日を「アメリカの大統領が来る」と言い間違える一幕もあった、というアソウ太郎首相。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月18日 09:41

» まだ酔いが醒めないらしい〜中川財務相辞任〜 from 虎哲徒然日記
中川昭一財務相が辞任を表明した。 あれだけ会見での姿が流されたのでは、とてもじゃないが居座ってはいられないだろう。だが、予算が衆議院を通過したら、などと言って... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月19日 10:44