【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「かんぽの宿」疑獄情報 | メイン | 城内実「とことん信念」ブログから »


2009年02月09日

小泉バブルの終焉

小泉純一郎氏(衆議院議員・自民党所属)の「郵政解散」動画を観て思ったことをつらつらと書きます。

ブログランキング ブログランキングへ

小泉郵政解散【1/2】

小泉郵政解散【2/2】

上の「小泉郵政解散」動画を観て、最初に思い浮かべたのは、故・米原万里さん(作家・同時通訳者)の発句でした。

貧相《コイズミ》の薄ら笑いに桜散り

《コイズミ》は「振り仮名」です。
すなわち「貧相」と書いて《コイズミ》と読む。
以下が米原万理さん本人による解説です。

 イラクへの自衛隊派兵について、まともに国民に説明しないまま強行し、靖国参拝について違憲判決が出ても、それをせせら笑うように無視していく意向を表明し、イラクで囚《とら》われた邦人の人質について、
「世界どこでもあり得ること」
 と冷ややかな薄ら笑いを浮かべながら責任を回避し、ブッシュのためなら地獄へもお伴する覚悟を新たにした様子。
 貧相とは、小泉のいかにも酷薄な表情乏しい人相をさしてもいるし、支離滅裂な政策で日本経済に壊滅的な打撃を与えた貧乏神の宰相という意味でもある。

 (『発明マニア』毎日新聞社、2007、98頁)


さすがは大傑作長編小説『オリガ・モリソヴナの反語法』を生み出した「文豪」米原万理さんですね。
小泉純一郎氏の教養知性の乏しさ・軽薄・酷薄・人間としての品格の低さを簡潔かつ的確に表現しています。
「貧相」と書いて《コイズミ》と読む。
まことに、言いえて妙です。

さて、上の「小泉郵政解散」動画を観て、私(喜八)があらためて思ったこと。
小泉氏って、なんて貧相な人なんだ!」でした。
よくよく見たら、あの「ライオンヘア」って、物凄くみすぼらしくないですか?
容貌も話し方も「貧相そのもの」ではないですか?
そして「なぜ、こんな男に日本中の人が熱狂してしまったのだろうか?」と。
ただし、ここで私(喜八)は「自分だけは別だ」として、他人様を見下しているわけではありません。
私自身も一時は「小泉さんは普通の政治家とちょっと違うかもしれないね」なんて友人と話し合ったことがありますから。
「小泉バブル」に幻惑されかけたのです。

でも、いま「小泉郵政解散」動画を観て、「やっぱり小泉さんは素晴らしい!」と思う人って、どれくらい存在するでしょうか。
かつて「小泉総理バンザイ! 小泉改革バンザイ!」を叫んだ方々に「小泉郵政解散」動画を鑑賞してもらったら、どのような反応が返ってくるのか?
見たくもない過去の汚点を見せつけられた。
そんな不快感を覚える人が少なくないだろう、と思います。

たった数年前に熱狂的「小泉支持者」であった人が、すっかり猛烈な「アンチ小泉」に生まれ変わって、「小泉・竹中のせいで日本は酷いことになった! 奴らは国賊だ!」と憤慨している。
地方で頑張っている零細企業の社長さんが「小泉・竹中のおかげで、知り合いの誰彼が破産した(夜逃げした・自殺した)。俺は絶対に小泉・竹中を許さない」と激しい憎悪の言葉を口にする。
老いた親を介護している女性が「いまの病院ではおカネがないと、まともな医療を受けることすらできない。医療制度を破壊した小泉・竹中が憎い!」と怨嗟《えんさ》の声を上げる。
これらは実際に私(喜八)が耳にした言葉です。
多くの人たち、特に庶民にとって、「小泉・竹中政治」は明らかに「悪しきもの」であった。
こういった共通認識が驚くほどの速度で日本中に広がっています。

そういえば「小泉・竹中」という表現も一般化しましたね。
ほんのしばらく前までは「小泉改革」という方がほとんどでしたが、今では普通のオジサン・オバサンまでもが「小泉・竹中政治」「小泉・竹中カイカク」という言い方を当たり前にします。
この「小泉・竹中」という表現は誰が最初に始めたのでしょうね。
森田実さん(政治評論家)・植草一秀さん(経済学者)・関岡英之さん(作家)などが「小泉・竹中」を使い始めたのではないかと私は思っていますが、はっきりとしたことは分かりません。
いずれにしても、「小泉・竹中」という言い方は、すっかり「市民権」を得たようです。
世界最大の検索エンジン「Google」で「小泉 竹中」検索をすると、驚くべき結果がでることは、しばらく前のエントリで紹介しました。

Google で見る「小泉 竹中」
(「喜八ログ」2009-01-29)


いま私(喜八)がはっきり感じていることが、もうひとつあります。
小泉バブルは終わった」ということです。

(※以下は比喩表現です。現実の株式市場の話ではありません)

「小泉人気」と呼ばれた現象の実態は、あきらかな「バブル」であった。
それも自然発生したものではなくて、欲深い者たちが狡猾にしかけたバブルだった。
そんな風に疑っています。
ほぼ「確信」に近い、強い疑惑を抱いています。
おそらくバブルとは、少なくとも現代においては「発生してしまう」ものではなくて、意図的に「発生させる」ものなんですね。
17世紀オランダで発生した「チューリップ・バブル」の昔はいざ知らず、近年のバブルは大体が「仕掛け」でしょう。
(ただし、仕掛けた当人たちが欲をかきすぎて破滅してしまうことも多いようですが)
そして、いま現在「小泉バブル」は崩壊過程にあるのでしょう。
おそらく、近い将来、どこかの時点で「セリング・クライマックス」と呼ばれるような劇的な暴落が発生する。
市場には売り手、それもなりふり構わず「投売り」する者しかいなくなり、買い手はまったく存在しない。
株価はゼロ近くまで一気に急降下し、市場参加者の中には破綻する者が(多数)でる。
そういった局面が必ずや現れるでしょう。
(「かんぽの宿」疑獄が、大崩落の引き金になる可能性も?)
すっかり幻と化した「小泉神話」にすがっている不人気国会議員や、郵政民営化選挙時に「小泉大礼賛報道」をやってしまったマスメディア関係者。
そういった人たちが、大暴落の中で揃って、沈んでいくのではありますまいか。
中には二度と浮かび出ることができない人もいるでしょうね。
まあ、それもまた「自己責任」というものであります(毎度おなじことを言うようですけど。汗)。

現時点で「小泉・竹中」を礼賛してしまうような人たち(特に「勝ち組」の著名人)がまだまだいらっしゃるようですが・・・。
その方たちを見ていると「あれあれ、リスク感覚が鈍いなあ」と思ってしまいます。
政治的に「いい」とか「悪い」とか言う以前に、この期《ご》に及んで「小泉・竹中」株を購入する(保有を続ける)のは、あまりにリスキーではないか、と驚いてしまうのです。
「小泉バブル」崩壊の中で破滅の憂き目を見たくないのなら(勿論ないでしょうね)。
いまのうちに「小泉・竹中」株は処分して、きっちり「損切り」されておいたほうが宜しいのではないでしょうか。
いまは誰が見ても明らかな「大変化」のときです。
この変化に対応できない人は、冷徹な市場原理によって、沈みます。
いわゆる「成功者」の方たちは、過去の自分の成功モデルに囚《とら》われることで、破滅することが少なくないように思います。
「小泉・竹中」株を買って、トクができる時代はトックの昔に終わりましたよ!
・・・なんてのは、余計なお世話というものでしょうねえ。


人気blogランキング ブログランキングを見る

それぞれ意見は異なるけれど、平和を愛する心はおなじ「天木直人」 「植草一秀」 「お玉」 「城内実」 「ココロ」  「see21」 「とむ丸」 「ぶいっちゃん」 「保坂展人」 「Mew」 「村野瀬玲奈」 「喜八」へのランキング投票をお願いします!


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年02月09日 12:00

« 「かんぽの宿」疑獄情報 | メイン | 城内実「とことん信念」ブログから »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2894

このリストは、次のエントリーを参照しています: 小泉バブルの終焉:

» 「派遣ユニオンサポーターズクラブ」のご案内 from 派遣ユニオン ブログ
2005年に結成した派遣ユニオンは 低賃金・不安定雇用に苦しむ非正規労働者を支援し、 誰もが安心して働ける社会の実現に向けて、様々な取り組... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月09日 17:12

» 安物買いの銭失い……(泣) from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 とは良く言ったもので,見事にハズレを引いてしまった(泣)  昨日の日曜日,上に掲げた 「Kingston DataTraveler 1GB USB Fla... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月09日 18:22

» 【展開切望】 東京都の謎の洗脳資料「築地市場の移転整備 疑問解消BOOK なぜ移転が必要なの?」 from Like a rolling bean (new) 出来事録
東京都の技術会議の嘘の前提に基づいた発表だけでなく、議員向けとして、A3の光沢紙に31枚綴じ(!)の「説明資料」というものがあることが分かりました。もちろん東京... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月10日 01:53

» これは「危険なイヤホン」だ! from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 昨日の話の続き.最近,バスの中で見掛ける高校生に流行っている,密閉型のイヤホン を購入してみた.肺炎なんかで入院した時,隣のベッドの人からCDの音が漏れると... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月10日 11:31

» シーシェパードの船は撃沈でいいだろ from ラサ#lhasaのブログ
livedoor ニュース - 日本の捕鯨活動妨害の「シー・シェパード」に対する海外のコメント via kwout   日本はアメリカに倣っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月10日 20:35

» 城内実先生のブログからのコピー from ラサ#lhasaのブログ
(★引用開始★) 麻生太郎総理の郵政民営化見直し発言その2 2009-02-06 23:25 by 城内 実  本6日のテレビ朝日のスーパーJチャンネルの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月10日 20:36

» 政府紙幣は、内需主導型社会への転換するための突破口 from 日本を守るのに右も左もない
最近、政府紙幣発行論議が盛上がっている。 今回の特徴は、高橋洋一氏や自民党の構造... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月10日 22:52

» 郵政民営化の見直し&かんぽの宿の不正追及・・・小泉、竹中らの改革推進者への逆襲が始まった! from 日本がアブナイ!
最新の記事一覧は、1月分・・・コチラ、12月分・・・コチラ *印のついた報道記事は、記事の最後のMoreの部分にあるです。  フィギュアの四大陸... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月11日 03:24

» こんな上司いるよね from 逍遥録 -衒学城奇譚-
なんかこんな記事書くのもえらい久しぶりのような気もしますが、アソータンのコトです。 もう何か興味ないけど、首相じゃなくなる前にせめて1回ぐらいはイジっといてや... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月11日 22:43