【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 武部勤議員の情報 | メイン | 自見庄三郎議員「かんぽの宿」動画 »


2009年02月05日

黒田清輝

政治とは(ほとんど)関係ない喜八の趣味エントリです。
今回は洋画家・黒田清輝(くろだせいき、1866-1924)の裸婦画について。


まずは下の画像をご覧ください(当エントリ掲載4枚の写真撮影は喜八です)。

「智・感・情」(アップ)

これは黒田清輝の「智・感・情」と題された裸婦画の三部作。
ただし、顔の部分のアップです。
向かって右から、それぞれ「」「」「」の題がつけられています。
先日、東京・上野公園の「黒田記念館」で実物を見てきました。【黒田記念館地図

そして次の画像が「智・感・情」の全景です。

「智・感・情」(全景)

以下の「黒田記念館」内のページ(画像および解説)をご覧いただくと宜しいかと思います。

黒田記念館『智・感・情』

じつをいうと、「黒田記念館」には、きわめて軽薄な乗りで訪問しました。
無料で公開されていることをたまたま知り、「タダなら、ついでに観ていこう」と立ち寄ってみたのです。
それで「智・感・情」の裸婦画に初めて遭遇しました。
これまでは画集でも観ていなかった、と思います。
そもそも、黒田清輝という人に興味を覚えたことがありませんから。
しかし!
智・感・情」には心底驚きました。
非常に強い感銘を受けました。
この絵は1枚がそれぞれ「180.6 x 99.8cm」と、かなり大きなサイズです。
「ほぼ実物大」3人の美女に遭遇した私(喜八)はいっぺんに、「智・感・情」と黒田清輝のファンになってしまいました。
3人の美女はきわめて近代的・現代的と言ってよい容貌です。
驚くべきはこれらの絵が1899年に発表されていることです。
100年以上前に描かれた女性美が、今の今も充分(以上)に通用するとは!
智・感・情」の美女3人は時空を超越した存在なのです。

黒田記念館」に展示されている他の作品(絵画)を観賞しているうちに、「黒田清輝とは『女性美の求道者』であったのか」という「気づき」がありました。
さすがに私も知っていた、有名な作品「湖畔」。
実をいうと、この絵にはいまだに感銘を覚えないのですが、これは後に結婚した照子夫人をモデルとしているそうです。
その照子夫人を14年後に描いた「婦人肖像」には妙に心惹かれるものがあります。
また「昔語り下絵(仲居)」などの絵にも強く惹きつけられる。
理由はうまく説明できませんが・・・。

とにもかくにも、私(喜八)は「日本の近代絵画」に目覚めてしまいました!
かねてから、ゴッホモネなどの西洋人画家、あるいは日本の「浮世絵」に対する嗜好はあったのですが、「日本の近代絵画」に関しては「喰わず嫌い」なところがありました。
しかし、黒田清輝を突破口として、いよいよ日本人が描いた「西洋画」にも好奇の範囲を拡大します。
今後は東京国立近代美術館東京藝術大学大学美術館などにも出没することとしましょう。
いや~、またまた楽しみが増えてしまいました。
人生は楽しいですね(笑)。


黒田記念館 公開日のお知らせ

公開日: 木・土曜日 13:00~16:00
休館日: 夏季休館 冬季休館
入場料: 無料
黒田記念館


ところで「智・感・情」の3人の美女に巡り合った日、奇妙なことに気づきました。
「喜八ログ」で先日(2009-01-25)紹介した「花園稲荷神社(東京・上野公園)」【地図】。
鳥居と案内板を撮影しただけで、「某美女」と邂逅《かいこう》することができたという、「縁結び」の霊験もあらたかな神社(・・・かもしれません)。
今回も、「黒田記念館」を訪れる約2時間前に、花園稲荷神社を参拝していたのです。
なんと!
智・感・情」3人の美女に出会ったのも、花園稲荷神社の「ご利益」なのか?!
それほど花園稲荷神社は強力な存在なのでしょうか。
いよいよ謎は深まるばかりであります。
ちなみに「某美女」は「智・感・情」のうちの1人に似ています。
なんてことを言いだせば、これまた話は面白くなりそうですが(笑)。
そもそも「某美女」は実在するのか、はたまた芸術の中の存在なのか?
なんて疑問さえ沸いてきそうですね。
その辺は虚実を曖昧《あいまい》にしておきましょう(と、モッタイぶる・・・)。

花園神社1
「花園稲荷神社(本殿)」


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2009年02月05日 12:00

« 武部勤議員の情報 | メイン | 自見庄三郎議員「かんぽの宿」動画 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2889

このリストは、次のエントリーを参照しています: 黒田清輝:

» アフガンからの早期撤兵について・・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
お玉ブログ古参右派?のカネジさんから同じく古参左派なとほほさんへの問いかけで・・コメント欄でもしも盛り上がっちゃったらもったいない... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月05日 18:08

» 介護に疲れた父親に恩情判決! from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
「私を死刑に」「あなたが生き残った意味必ずある」(朝日新聞) - goo ニュースについて.  この記事も「世相」を表すものなので,あえて「時代と人間」カテ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年02月05日 20:07