【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« トークライブ「郵政民営化の闇を暴く」 | メイン | 城内実・東京オフ会(03月13日) »


2009年03月10日

Google で見る「小泉 竹中」(2)

昨日(2009-03-09)、検索エンジン「Google」で「小泉 竹中」の語句検索をしてみたら、またまた興味深いことに気づきました。

古《いにしえ》より「百聞は一見にしかず」と言います(※)
なにはともあれ、以下の画像をご覧ください。

(※すみません。ちょっと勿体ぶってみました)


小泉 竹中


画像は少し見難いかもしれません(汗)。
クリックすると少しだけ大きくなります。

Google トップページ」の検索窓に「小泉 竹中」と入力すると、

小泉 竹中 売国奴
小泉 竹中 犯罪
小泉 竹中 罪
小泉 竹中 売国
小泉 竹中 サブプライム
小泉 竹中 改革
小泉 竹中 派遣
小泉 竹中 死ね
小泉 竹中 大罪
小泉 竹中 構造改革

といった検索語句候補が自動的に表示されるわけです。

いやはやなんとも「行き届いた」サービスです。
コレを見ると、「Google」社に対して、どうしたって親しみを覚えてしまいますね(笑)。

それにしても「小泉 竹中 死ね」というのが、なんとも不穏です。
おいおい、大丈夫なのか?(汗)


ところで、01月28日に「小泉 竹中」とググッってみたときに表示された画面を保存したのが以下の画像でした。


Google トップページ


こちらもクリックすると少しだけ大きくなります。

小泉 竹中 売国奴
小泉 竹中 罪
小泉 竹中 売国
小泉 竹中 功罪
小泉 竹中 犯罪
小泉 竹中 サブプライム

あれ?
上の画像(03月09日)と下の画像(01月28日)では差異がありますね。
そうです。
約40日のあいだに「小泉 竹中 功罪」が姿を消しました(※)

(※というか「功」が姿を消したというべきか)

その代わりに「小泉 竹中 改革」「小泉 竹中 派遣」「小泉 竹中 死ね」「小泉 竹中 大罪」「小泉 竹中 構造改革」の5つが追加されました。

小泉 竹中 派遣」というのは、08-09年末年始、東京日比谷公園に出現した「年越し派遣村」の影響もあるのかもしれません。
が、ここにきて「派遣切り」に遭って、衣食住にも困る人たちが激増しているのは厳粛なる事実です。
それなのに政府与党は効果的な対策をほとんどとれていない。
さらには「苦境の原因は『小泉・竹中カイカク』にあり!」と多くの人たちが気づいている。
だからこその・・・、
小泉 竹中 構造改革
小泉 竹中 大罪
小泉 竹中 死ね
なのかもしれませんね。


話題はちょっと逸《そ》れますが、「小泉 竹中」と「ブログランキング」の関係にも、密かに注目しています。

ほんの少しだけ時《とき》を遡《さかのぼ》れば、保守系の「小泉大礼賛ブログ」といったものは、けっして珍しくはありませんでした。
しかし!
いまの「ブログランキング・政治部門」を覗いてみてください。
小泉 竹中 改革」「小泉 竹中 構造改革」を肯定するブログは、ほんの一握りにまで減少してしまいました。
「小泉礼賛ブロガー」はほとんど「絶滅危惧種」のような存在となりました(※)

(※「公儀隠密」柳生すばるさんはその1人です)

かつては「ハイル! コイズミ!」とばかりに小泉純一郎を崇めていたブロガーたちが、いまや奇妙な沈黙を守っている。
あるいは以前の主張とは180度異なる「小泉・竹中批判記事」をアップロードするブロガーもいる。
いえいえ、いいんですよ。
「転向」に文句をつける気はありません。
どういう場合でも、「より良い」方向に舵《かじ》を切りなおすのは、やはり「良い」ことだと思いますから。
正しい方向への「転向者」を咎《とが》めることはしない。
コレは「皮肉」や「冷笑」を交えない、私(喜八)の本心であります。


思えば・・・。

佐藤優さん(作家・思想家)が「右翼の機関誌」だという『月刊日本』はずっと以前から「小泉 竹中」を激烈に批判してきました。

日本の伝統文化の復興と保持を目指」す衛星放送局「チャンネル桜」も現在は「アンチ小泉 竹中」が主流です。

そして先にも述べましたように、保守系ブロガーの多くは「スルー戦略」をとっているか、「アンチ小泉 竹中」路線に方向転換しました。

左派・リベラル・市民派ブロガーには、もともと「小泉礼賛ブロガー」がいません(おおむね)。

いまや、日本には小泉純一郎竹中平蔵に味方する者は数えるほどしかいない。
こう思わせる趨勢《すうせい》なのです。

しかし、こうやってみると・・・。
国会議員とか、マスコミ(新聞・テレビ)人とかは、本当にニブイんですね。
いまだに「小泉カイカクを止めるな」なんて愚かしい発言をしている議員センセーが少なくない。
また「小泉・竹中カイカク支援(擁護)社説」を書いたり「小泉劇場ふたたび」謀略報道をしかけたりするマスゴミ《ますごみ》人もゴロゴロいます。
そういえば「かんぽの宿」問題で竹中平蔵を応援した「勝ち組著名人」も(ちょっと前までは)結構いました。
もしかしたら、この人たち(国会議員・マスゴミ人・勝ち組著名人)には「時代の流れを読む目」が、まったく備わっていないのかもしれませんね。
「危険に対する動物的な感覚」も至って低レベルな可能性があります。
それだけ特権に守られてきた、甘やかされてきた「階層」なのかなあ、なんて思えてしかたありません。


以上、インターネットから見た「小泉 竹中」でした。
ネット上の情報は2年くらい早い」。
という考察もありますが、はたして今後どうなるのか?
近い将来、「答え」がはっきりと示されるはずであります。
ここは慌てず騒がず、みんなで「小泉竹中」の命運を、しっかり見届けることにしましょう(※)

(※毎度ワンパターンのシメですが・・・)


郵政民営化凍結宣言

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年03月10日 12:00

« トークライブ「郵政民営化の闇を暴く」 | メイン | 城内実・東京オフ会(03月13日) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2952

このリストは、次のエントリーを参照しています: Google で見る「小泉 竹中」(2):

» 東京オフ会(03月13日)のお知らせ from がんばれ城内実(きうちみのる)
「第一回オフ会in Tokyo開催(3月13日(金)) 」のお知らせです。 まだ申し込めますので、ぜひ「こちら」からお申し込みください??。 (★引用開始★) ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年03月10日 14:42

» 中川泥酔会見事件~小沢秘書逮捕劇に見える金貸しの焦り⇒資本主義終焉の最終局面 from 日本を守るのに右も左もない
小沢第一秘書逮捕事件に対する、各ブログの見方を以下に挙げる。 いつも応援ありが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年03月10日 22:46

» 小沢氏秘書逮捕について続続稿。検察とマスコミによる一種のクーデターなのでは。 from ふしぶじゑ日記
 日本人の持ってる資産を、特に日本の「宗主国」であり急激な信用収縮つか信用崩壊によって騙しと脅しの元手となる金(カネ)がスッカラカンとなった米国の支配層が、いか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年03月10日 23:06

» 国策捜査たくらんだ奴と、共謀罪推進した奴と、裁判員制度推進している奴が重なり合うと言うスゴイ話しになり、&伊藤律尋問。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 世に倦む日日、戦前型警察国家の謀略官僚人脈 - 漆間巌、大林宏、田母神俊雄 から、先週の3/6だったが、民放のテレビニュースの中で、小沢一郎本人の事情聴取を検... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年03月11日 15:24

» こうなると中川も from とりにく
「小泉 竹中 売国奴」 「小泉 竹中 犯罪」 「小泉 竹中 罪」 「小泉 竹中 売国」 「小泉 竹中 サブプライム」 「小泉 竹中 改革」 「小泉 竹中 派遣」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年03月13日 09:02

» 世界大恐慌→私権闘争の終焉によって国家も終焉を迎える from 日本を守るのに右も左もない
『るいネット』「ここ10年の政治家・官僚・マスコミは麻薬中毒状態」で指摘されて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年03月21日 22:02