【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 月極コインロッカー | メイン | 「歌と演奏と朗読・現地取材報告で考えるガザ」 »


2009年04月21日

雨宮処凛「稼ぎたい奴は稼げばよい」

新党大地 大地塾7月例会


キリスト教プロテスタントの雑誌『福音と世界新教出版社、2008年03月号より、雨宮処凛さん(作家)の発言を紹介します。

2007年12月に日本基督教団蒲田教会(東京都大田区)で開催された連続セミナー「若者の現在」第二回の模様を伝えた記事「『生きさせろ!』の叫びを宗教はどう受け止めるのか」からの一部引用です。
引用文中、雨宮処凛さんのいう「このような活動」とはフリーターの労働組合やメーデーを指します。

 私《雨宮処凛》はこのような活動をしているので、左派だとか言われますが、私は過去に右翼の活動をしていました。今は全く活動していません。キリスト教にも右と左があると聞いて驚きましたが、はっきり言って色々な立場の方がいるのは当然だし、それでよいと思います。それと同じ論理で、「稼ぎたい奴は稼げばよい」と思うのです。金を稼いで成金になって、趣味の悪い服を身につけ、趣味の悪いマンションに住み、趣味の悪い車に乗るのは自由です。しかし貧困は人の命にかかわる問題なのです。路上でホームレスが餓死、凍死するという現実が当たり前の社会をそのままにしていてよいのでしょうか。本当にほとんどの人がこの問題を放置しています。対処するにも全く人手が足りていません。誰も助けてくれない現状で、私たちは「反貧困ネットワーク」を設立し、連帯しています。国会で集会をし、与野党の政治家を呼んで実態を伝えています。そんな中、今も「生きさせろ!」の声が各地であがっています。皆さんはこの声にどう応えますか。


なお、疑問を抱かれる方もいらっしゃると思いますので、お断りしてきます。
私(喜八)はキリスト教徒ではありません。
月刊誌『福音と世界』の記事は、国立国会図書館(東京本館)で検索して見つけました。

新教出版社が出している本は、佐藤優さん(キリスト教徒・作家)が翻訳したチェコスロバキアのプロテスタント神学者ヨゼフ・ルクル・フロマートカ(1889-1969)の『なぜ私は生きているか―J・L・フロマートカ自伝』(1997)を読んだことがあるくらいです。

ただ、昨年(2008)の07月に初めて「生活困窮者をサポートするNPO『もやい』」の活動拠点(新宿区小川町)を訪れた際、「もやい」の近所に「新教出版社」があることをたまたま知り、そのころ『フロマートカ自伝』を再読したばかりということもあり、「なんだか不思議な縁だ」と感じたことはあります。


雨宮処凛さんの「皆さんはこの声にどう応えますか」という問いかけに対し、私(喜八)も私なりに応えていくことにします。
ただし、言葉で答えるのでなくて、「行動」と「おカネ」をもって。
また、雨宮さん個人に応えるのではなくて、「反貧困(社会を強くする)」運動の現場で、あるいは社会全体に応える戦略でいきます。
「おカネ」はいまのところ「雀の涙」ならぬ「蚊の涙」程度ですが(汗)、徐々に増やしていき、いつかは「大金をつぎ込みたいものだ!」と思っています。


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年04月21日 12:00

« 月極コインロッカー | メイン | 「歌と演奏と朗読・現地取材報告で考えるガザ」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3052

このリストは、次のエントリーを参照しています: 雨宮処凛「稼ぎたい奴は稼げばよい」:

» 高速道路料金 乗り放題 1,000円は、インチキだ。 from ひげログ人
定額給付金に続く、景気対策の柱の第二弾「休日高速乗り放題 1,000円」という目 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月21日 17:08

» ジュニアアエラ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
朝日ジャーナルが復刊だとか?一時的にでもちょっとうれしいな・お玉の若かりし頃は朝ジャは何となくステイタスだった…よくわかんなくて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月21日 21:19

» 湯浅誠氏の地方紙インタビュー記事 from むーみんの独り言
インタビュー「暮らしと憲法」 反貧困ネットワーク事務局長 湯浅誠さん 【河北新報・2009年5月1日】 脅かされる生存権(聞き手:長谷川武裕編集委員) ●雇... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月02日 11:27