【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 竹中平蔵さん、出番です! | メイン | 佐藤優「日本という国家が崩れつつある」 »


2009年04月08日

「派遣ユニオン」お花見の会

春高楼の花の宴
派遣ユニオンお花見の会」


先日(2009-04-04)、都内の某公園で行なわれた「派遣ユニオン」お花見の会に参加してきました。


じつをいえば私(喜八)自身はユニオンのメンバーではないのですが、「ご家族・お友達の参加も大歓迎!」と聞いたのをいいことに、こちらからお願いして仲間に入れてもらいました。
ふだん「自分は人間フォービアである」とか「対人コミュニケーション能力に難あり」とか公言しているわりにはかなり図々しいですね(汗)。

当エントリトップの写真は、そのとき撮影させてもらったものです。
これを見るにつけて「楽しかったなあ」「美味しかったなあ」という感慨が深まります。
それで「やっぱり思い切って行ってよかった!」と。
気が弱いので「知らない人ばかりのところに行くのは怖い」という気持ちも強かったのです(ホントです)。

それで30枚ほど写真を撮らせていただきました。
さらに他の参加者の方のデジカメの撮影も何度か引き受けました。
「KDDIエボルバユニオン(国際電話オペレーターさんのユニオン)」や「シェヴユニオン(ベビーシッターさんのユニオン)」などお嬢さんたちの写真を撮るのは本当に楽しかったですね(派遣労働者のユニオンですから女性が多いのです)。

なお、個人情報保護のため、写真は顔が写っていない1枚だけをアップロードすることにしました。
そのほかは「派遣ユニオン」スタッフの方を通じて、後日、参加者の皆様にお届けする予定です。


この日、雨宮処凛さんについて興味深い意見を聞いたのでメモしておきます。

以下は花見会の1週間前「反貧困フェスタ2009」(東京・千代田区立神田一橋中学校)の会場で撮らせてもらった雨宮処凛さんの写真です。


雨宮処凛さん


「喜八ログ」エントリ『「反貧困フェスタ2009」見聞記』を見てくれた「派遣ユニオン」のAさん(20代?女性)が「喜八さんは雨宮処凛さんの写真を撮らせてもらったんですね。うらやましい」と仰るのです。
そこで正直に「雨宮処凛さんって(予想通りに)コワイ印象の人でしたよ。たとえば『この写真をブログに掲載していいですか?』と私が訊いたら、雨宮さんはソッポを向く感じで『ん~、別にかまわないですよ~』とクールに答えました」と、声色《こわいろ》つきで説明しました。
すると「派遣ユニオン」のAさんと「KDDIエボルバユニオン」のBさん(20代?女性)が揃って「たしかに雨宮さんは怖い」との感想を口にしました。
いろいろなイベントや集会で雨宮処凛さんを見かけるけれど、なかなか話しかける勇気がでない
雨宮さんにいきなり話しかける人って少ないと思う
喜八さんだから気楽に写真を撮らせてとか言えるのかも?
なんてことも仰ります。
ユニオン関係の女性が「雨宮さんは怖い」というのはちょっとだけ意外でもありました。
と同時に「納得」もしましたが(笑)。
ところで「喜八さんだから気楽に」ということは全然なくて、私もかなりビクビクしながら雨宮処凛さんに話しかけたのです。
そして緊張のあまり大ボケを連発しました(汗)。

こういうふうに書いていると、「派遣ユニオン」Aさん・「KDDIエボルバユニオン」Bさん・私(喜八)の3人が「アンチ雨宮」だと勘違いされる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・。
それは違います!
3人とも「雨宮処凛さんが好き」なのです。
好きだけれど、コワイ。
「好きコワ」という言葉をつくっておきます。
私にしても雨宮処凛さんに「ん~、別にかまわないですよ~」とあしらわれて腹を立てている、なんてことはまったくなくて、「おっ! いかにも雨宮さんらしい対応だ。ウレシイ!」と思っているわけですね。

今後、チャンスがあったら、友人知人の「雨宮ファン女性」と雨宮処凛さんを一緒に写真に撮らせてもらうよう試みることにしましょう(私は撮影係で写真には入らない)。


こんなことばかり書いていると・・・。
「お前(喜八)はユニオンの人たちと、どういう姿勢で関わっているのだ?!」とマジメな人たちから怒られそうですね(汗)。
というわけで、以下は打って変わって(?)真面目な話です。

ユニオンの人たちから直接いろいろなお話をうかがって、
「それにしても企業というのはムチャクチャをやるものだ」
「『経営』というマジックワードがあれば何でもできる、と勘違いしている経営者が多すぎる」
「違法行為があまりに多すぎる。会社は無法地帯か?」
「法律をちゃんと守って企業経営を行なえ」
「人を使い捨てにするのは止めろ!」
「なめるなバカヤロー!」
などなど私も真剣に思いました。


ずうずうしく同席させていただいた「派遣ユニオン」お花見の会。
メンバーは親切で明るくて気持ちのよい人たちでした。
彼(女)らは各労働の現場で、非常な勇気をもって、さまざまな不正・不法と戦い続けています。
大袈裟な言い方に聞こえるかもしれませんが、この方たちこそが「国の宝」ではないか、と思いました。
そして私もただ傍観者として感激しているだけではなくて、実効的に「ユニオン」を応援していきたいと思います。
「自称:ほとんどニヒリストに近いリアリスト」として「労働/生存運動」に関わっていきたいと思います。
非暴力直接行動・言論・思想・情報・経済(カネ)・政治・法律・広報・謀略、ありとあらゆる合法手段を用いて戦いましょう
まあ、私(喜八)なんかは謙遜でもなんでもなく非力でつまらぬ男ですが、それでも何かできることはあるはず。
自分のできることをひとつひとつ淡々と実行していきます。


関連動画です。

[HD] 派遣切りと闘う~東京「派遣ユニオン」の1か月~(1)

[HD] 派遣切りと闘う~東京「派遣ユニオン」の1か月~(2)

[HD] 派遣切りと闘う~東京「派遣ユニオン」の1か月~(3)


付記:派遣ユニオンサポーターズクラブのお知らせ

「派遣ユニオンサポーターズクラブ」のご案内
(「派遣ユニオン ブログ」2009-02-09)

派遣ユニオンサポーターズクラブ」は非正規労働運動の前進を目指し、「社会的共通運動体」として「派遣ユニオン」を支えるための組織です。
皆様のご支援・ご協力をお願いします。

呼びかけ人:鴨桃代(全国ユニオン会長)/中野麻美(派遣労働ネットワーク理事長)/福島みずほ(社会民主党党首、参議院議員)/渡辺秀雄(東京ユニオン執行委員長)/設楽清嗣(東京管理職ユニオン書記長)


「派遣ユニオンサポーターズクラブ」のご案内


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


関連サイト


投稿者 kihachin : 2009年04月08日 12:00

« 竹中平蔵さん、出番です! | メイン | 佐藤優「日本という国家が崩れつつある」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3017

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「派遣ユニオン」お花見の会:

» 先の大戦 from のり市民の世界観
日本が先の大戦で負けたことは周知の事実です。 策略で負けたとか陸軍のせいとか色々言われていますが現在思うことは [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月08日 22:09

» 衛星打上げ失敗も侮れぬ北朝鮮! from ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw
★衛星打上げ失敗も侮れぬ北朝鮮!画像はクリックで拡大します。二段目までは完璧、三 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月09日 00:10

» 派遣ユニオン・今後の予定 4月8日(水)‐4月17日(金) from 派遣ユニオン ブログ
【春の派遣村アクション「春の面談・電話相談村」】  年末をはるかに上回る規模で非正規労働者が切られた  年度末の「派遣切り」、「非... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月09日 10:02

» マイバッグ運動の限界 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
マイバッグの死角 万引対策に苦慮 (河北新報) - goo ニュースについて.  「森田健作から「飛翔体」が発射された模様です」 [parts:eNozs... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月09日 17:11

» 近況 090409 from 生きてゆく派遣社員のBlog
なんともいい陽気 朝に弱いワタシも珍しく目覚めがよく、 朝イチでちょっくらハローワークへ ハローワークは、早い時間にもかかわらずやはり満員御礼。 ワ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月09日 20:37