【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« マレーシアの青年 | メイン | 竹中平蔵アンケートにご協力を! »


2009年04月28日

現在の基本戦略

平和と豊饒の猫
(猫画像は「EyesPic」さんよりお借りしました)


現在の「基本戦略」をメモしておきます。

それこそ「右」も「左」も関係なく、「戦争」と「貧困」はダメ!ですね。
「戦争」と「貧困」を地球上から無くすため微力ながらも「何か」を実践したい。
と不肖・喜八も決意し、「反戦」「反貧困」の方策をアレコレ考えました。


それでは「戦略」を思いついた順に書きとめていきます。

  • とにかく現在自分ができることをやる
  • 「喜八」および「○○(本名)」の持つ社会的影響力アップを図る

「とにかく現在自分ができることをやる」。
口も身体も動かす。
リアルワールドとウェブの両面で活動する。
さらにはおカネにも(反戦と反貧困のため)働いてもらう。

「社会的影響力アップ」に関しては以下のような戦略を考えています。

  • 他の人たちとつながる、連携する
  • ブログをパワーアップする

「他の人たちとつながる、連携する」。
実際に顔を合わせ対話をし、ときに酒を酌み交わし、信頼関係を築いていく。
そのためには、自分(喜八)のコミュニケーション能力向上が必須となります。
じつはコミュニケーション能力にはあまり自信がありません(汗)。
なので、もっとマジメに身体を鍛え養生し、読書をして、人と対話をして、広い意味での「勉強」に励むことにします。

「ブログをパワーアップ」。
現在、独自ドメイン「kihachin.net」の1日あたりのユニーク・アクセスは「4000-5000」程度です。
これを「1日1万」にしたいですね。
「1万ユニークアクセス」を達成したら「3万」を目指します。
そのためにはまずアウトプットの「量」を増大させて、次に「質」を高める戦略をとります。

  • 自分が属している社会をより良いものにするため、現実的な働きかけを継続的に行なう
  • と同時に自分も(ちゃっかりと)幸せになる

この2点は重要。
本来なら最初に書くべきだったかも(すみません、アタマ悪いので・・・)。
「社会を良くする」「自分も幸せになる」の2項目を並行的に実行します。
正直に言うと「自分も幸せになる」が少しだけ優先されます。
自分が幸せになるだけでなく、家族・友人・同志の幸福増大も実現する。

ところで、ウェブを通じて知り合った方たちの中には、これまで数十回~数百回程度メールのやり取りをし、オフ会で実際に顔を合わせた人が少なくありません。
これらの方たちは私から見ると非常に貴重な友人・同志です(特にNさん、Iさん、rさん)。
彼(女)らが幸せになることを心から祈り、また(微力ながら)手助けします。

  • 雨宮処凛佐藤優城内実さんたちを応援する
  • ただし、これらの人たちの「信者」でも「子分」でもなく、五分《ごぶ》の立場から応援する

雨宮処凛佐藤優城内実さんたちの智謀と胆力が私(喜八)より遥かにまさっているのは虚心坦懐に認めつつ、あくまで「水平」の立ち位置から応援します。
違う表現をすると、これらの人たちに「依存」することはしない。
自分は自分、独立独歩で行く。

ある意味では雨宮・佐藤・城内さんたちを「ライバル」と考えるのがいいかもしれません。
世界をより良いものにする、「戦争」と「貧困」を根絶する活動の「ライバル」と。

雨宮処凛・佐藤優・城内実さんたちは真の大勇の持ち主ですが、ときには窮地に陥り、心が挫《くじ》けそうになることもあるかもしれません。
そんなときは押っ取り刀で駆けつけ助太刀しますぞ!
そのためには自分(喜八)の戦闘力を高めておかないといけませんね。
いくら「やる気」があっても「戦闘力」が低いのでは、実戦では役に立たないですから。
日々の研鑽《けんさん》を怠らないようにしましょう(ナマケモノの自分にはコレが難しいのですが・・・汗)。


以上のうちでは「自分・家族・友人・同志の幸福」が最重要ポイントです。
中庸かつ穏健な(コトナカレ主義ともいう)小市民で私はありますから。
社会正義実現のためには自己犠牲も厭《いと》わない!
なんてのは(ぜんぜん)趣味ではありません。
肩肘を張り、目を血走らせて、頑張りに頑張る・・・ことは止めておいて(笑)、世界の平和と豊饒のため、愛する者たちと自分自身の幸福のため、ボチボチやっていきます。


というわけで最後の戦略、名づけて「3S《スリーエス》」戦略です。

  • しぶとくシツコクしたたかに

「戦争」と「貧困」がない世界が簡単に実現するわけがありません。
私(喜八)が生きているあいだに実現する可能性はいたって低い、というかゼロに近いでしょう。
しかし、だからといって諦めてしまえば、何も変わらない。
自分は自分のできることを着実に実行していく。
生命のある限りは「平和と豊饒」のため活動し続ける。
そして次の世代にバトンを渡す。

とにかく現在自分ができることをやる。
社会をより良いものにするため、現実的な働きかけを継続的に行なう。
が、「結果」をすぐに求めようとはしない。
善意をもって行動すれば、ただちに成果が上がるなんて期待はしない。
ほとんどニヒリストに近いリアリストとして「しぶとくシツコクしたたかに」自分のできること・やるべきことに取り組んでいく。
かくありたいと思っています。


付記:「TAMA猫」支援のお願い

プロカメラマン小西修さんと奥様は、長年にわたって多摩川沿いで、野良猫・野良犬・野宿者支援を続けられてきました。
ささやかながら「喜八ログ」も小西さんご夫妻を応援します。

TAMA猫 Shop

TAMA猫Shop

野良猫グッズの売上は野良猫・野良犬・野宿者支援に使われます。

そして以下は「TAMA猫基金」情報です。
ぜひ、ご協力をお願いします!

TAMA猫基金

TAMA猫基金について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-06)

ご支援について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-10)


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年04月28日 12:00

« マレーシアの青年 | メイン | 竹中平蔵アンケートにご協力を! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3069

このリストは、次のエントリーを参照しています: 現在の基本戦略:

» 堀田善衛 『ラ・ロシュフーコー公爵傳説』 集英社 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 この小説は元々,La Rochefoucauld "Réflextions ou Sentences et Maximes morales",... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月28日 21:50

» インフルエンザ関連で、ウイルスと細菌の違いとか知ってます?政局利用ありありの対策本部長のアホウ漫画太郎はどうだろか(笑) from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 西松騒動のおかげで、「マスゴミが大騒ぎする時には裏に何かあるかな」と考える習慣がついた人も増えたのではないかと思います。  またもう一つ、西松騒動で身についた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月28日 22:51

» 鈴木としのりメモリアルコンサートに行ってきました from がんばれ城内実(きうちみのる)
4月8日に喜八さんが記事に上げていらっしゃった鈴木としのりさんのメモリアルコンサートに家人が行って参りました。 喜八さんがなぜこの記事を上げられたのか、ちょっと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月28日 23:09

» 豚インフルエンザとWHOと日本政府の張り切りよう from とむ丸の夢
突如、降ってわいたかのような豚インフルエンザ。  年金問題がメディアを賑わしていた頃しきりに登場していたマスゾエ氏が、ここに来てま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月29日 10:01

» 林雨 第四十一回 国家考 from 木霊の宿る町
林雨 第四十一回 「国家考」 小野冬生 http://www.japancanadajournal.com/ ★大上段なタイトルで気が引けますが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月29日 12:24

» イオングループの食パンが安くなった! from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 ほとんどイオンの宣伝であるが(笑),上の画像は「WAONカード」と言って,1枚300円で売っている「電子マネー」である.この電子マネーに現金またはイオン銀行... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月29日 18:00

» 民主党の世襲禁止法案に賛同を表明しよう!〜政治家相続税脱税システムも廃止へ! from 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
 政治家で世襲が行われる大きな理由の一つとして、子も政治家になれば、相続税が無税となるということを上杉隆氏が明らかにしたことを一度、ここでもお知らせした(htt... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月29日 23:57

» 山崎行太郎とは from non title
山崎行太郎氏は、「三田文学」に発表した『小林秀雄とベルグソン』でデビューし、批評家の江藤淳氏に認められ文壇に進出した文芸評論家。 近年は山崎行太郎の政治ブログ『... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月30日 00:33