【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 東京招魂社(靖国神社)参拝 | メイン | 竹中平蔵氏に関するアンケート »


2009年04月15日

「月刊日本・週刊金曜日共同講演会」動画

人気blogランキング ブログランキングへ

2009年04月08日、東京中野で行なわれた「月刊日本・週刊金曜日 共同講演会」の動画を紹介します。
佐藤優さん(神学者・作家)、山崎行太郎さん(哲学者・文芸評論家)、佐高信さん(作家・「週刊金曜日」発行人)・南丘喜八郎さん(作家・「月刊日本」主幹)の講演の模様(の一部)が収められています。


月刊日本・週刊金曜日 共同講演会」動画5本。

月刊日本・週刊金曜日 共同講演会 その1

月刊日本・週刊金曜日 共同講演会 その2

月刊日本・週刊金曜日 共同講演会 その3

月刊日本・週刊金曜日 共同講演会 その4

月刊日本・週刊金曜日 合同講演会 閉会の辞


関連記事を「MSN産経ニュース」から転載させていただきます。

【集う】『月刊日本』『週刊金曜日』共同講演会
2009.4.11 10:52
 ■“両極”が同席 今の日本語る
 「『エープリルフールじゃないの?』と言われたけれど、私は違和感はない」。論調が正反対とみられている“右”と“左”の雑誌『月刊日本』と『週刊金曜日』が共同で、呉越同舟の講演会を開いたのだから、読者らは驚いたようだ。
 だが、『金曜日』の北村肇編集長は冒頭の言葉に続けて「今の大変な時代状況の中、保守も革新もない」と、“両極”が同席する意義を説明した。
 テーマは「貧困とテロ、クーデター」。雇用情勢悪化の中、不穏な空気が出ているのでは、との共通認識の下、『日本』サイドから作家で起訴休職外務事務官の佐藤優氏と文芸評論家の山崎行太郎氏、『金曜日』サイドからは作家の雨宮処凛(かりん)氏と評論家で同誌発行人の佐高信氏が思いを語った。
 派遣切りに遭い、親にも頼れずにネットカフェで雨風をしのぐ若者たち。だが所持金がなく、その料金が払えず逮捕…。そんな現状に各氏からは厳しい意見が相次いだ。
 佐藤氏は「拘置所の食事コストは1食400円台。だが、派遣を切られた人は100円もしないものをやっと買って食べている」とし「これでは罪を犯して拘置所に入ったほうがまし、となる。大企業はまずそのレベルの食事がとれるよう、労働者に保証すべきだ」と述べた。
 一方、佐高氏は「右も左も企業への追及が甘い。両者で思想戦ばかりやっていて、その間をぬって企業はのうのうと生きている」と左右の論客による“監視”に注文。その上で「労働組合が堕落するから緊張関係がなくなり経営者も堕落する」と、労組へも厳しい目を向けた。
 予想された「激突」はなく、最後は『日本』の南丘喜八郎主幹が「権力者に対し、今、やれることをやるという点では右も左もない」と結んだ。(山本雅人)


月刊日本・週刊金曜日 共同講演会」動画については「文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』」2009-04-12)で知りました。

ちなみに山崎行太郎さんは「城内実 応援相互リンク」に参加されています。
これは山崎さんに私(喜八)からお願いしました。
その際、山崎さんは快く応諾してくれました。
山崎行太郎先生、その節はありがとうございました。

山崎行太郎さんのことを私はつねづね「無頼漢」「喧嘩屋」だと思っています。
もちろん、これは貶《けな》しているわけでは全然なくて、まったくの褒め言葉です。
もしカタギの人に「無頼漢」「喧嘩屋」なんて言ったら、大変なことになりますね(笑)。
しかし、山崎先生はあくまで文学者であり哲学者です。
それも、昨今のサラリーマン風「作家」などではなく、時代を間違えて生まれてきたような芸術至上主義の「文士」です。
だから「無頼漢」「喧嘩屋」は最大級の賛辞なのです。
山崎行太郎先生にはその点を正確に読み取っていただける。
そう思いながら書いています。

山崎行太郎さんや佐藤優さんは、もし敵にまわしたら、もっとも厄介な人たちでしょうね。
言うまでもなく、この場合の「厄介」も賞賛の言葉です。
いったん戦闘が開始されたら、勝利を収めるまで徹底的に戦い抜く。
一切の情け容赦なく獰猛に「敵」を倒しにかかる。
文字通りに、危険きわまる人たちです。
幸いなことに、私(喜八)は山崎・佐藤両氏を「敵」とはしていません。
あくまで仮定の話ですが、もし敵対することになったら?
想像するだけでも冷や汗がドッと流れます。
そういう事態にはならないよう、心がけたいと思います。

ときに、本物の戦いに慣れていない方が、山崎さんや佐藤さんをむやみに挑発することもあるようですが・・・。
これは文字通りの「危険行為」というしかありません。
「やめておいたほうがいいのになあ」と思いつつ、ヘタレの私は傍観を決め込んでいます(卑怯未練ですが・・・)。

なにはともあれ、山崎毒蛇行太郎先生、今後ともよろしくお願いします!


【広告: r のおすすめ雑誌】

「週刊金曜日」 「月刊日本」


人気blogランキング ブログランキングを見る

それぞれ意見は異なるけれど、平和を愛する心はおなじ「天木直人」 「植草一秀」 「お玉」 「城内実」 「ココロ」  「see21」 「とむ丸」 「ぶいっちゃん」 「保坂展人」 「Mew」 「村野瀬玲奈」 「喜八」へのランキング投票をお願いします!


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年04月15日 08:00

« 東京招魂社(靖国神社)参拝 | メイン | 竹中平蔵氏に関するアンケート »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3036

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「月刊日本・週刊金曜日共同講演会」動画:

» 千鳥ヶ渕公園 from がんばれ城内実(きうちみのる)
先日(04-12)、皇居の北側??西側周辺を散策してきました。 そのとき撮った写真をアップロードします。 上から、 ・代官町通 ・千鳥ヶ渕公園 ・半蔵濠 ・半蔵... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月15日 12:20

» 裁判員制度はいらない大運動 4月21日(火)午後6時半、日比谷野音に集まろう! from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 ブログ連鎖、ネットワーク連鎖の協働作業しておきます。  裁判員制度はいらない大運動 http://no-saiban-in.org 4月21日(火)午後6時半... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月15日 13:40

» 田辺真由美 『ムコ★ムコ』 (集英社 「you」 連載中) その6 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 いつものレディースコミックの話.今日も「you」を買うと真っ先に読むギャグマンガの,「ムコ★ムコ」 のお話の続きです(爆)  前回からの続きで,今回は新宿... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月15日 17:50

» 体制的詐欺 from のり市民の世界観
国家的詐欺が行われていますが、大衆はものの見事に騙されているというよりも欲の皮が突っ張っているので誰かの高笑いが聞こえていないでし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月16日 17:53