【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« フォーラム「今、日本に何が起きているのか?」 | メイン | 鈴木宗男・保坂展人トークライブ »


2009年05月30日

雨宮処凛さん「立ち居地は『前』」

雨宮処凛さん
「反貧困フェスタ2009」会場での雨宮処凛さん


雨宮処凛さん(作家・思想家)の言葉を紹介します。


まずは雑誌『部落解放』2008年12月号のインタビュー記事「人間を使い捨てるな! 深刻化する若者の貧困問題」から。
引用文中、《 》ではさまれた部分は喜八による補足です。

── 《編集部》左や右と言われることに抵抗があるそうですね。
雨宮《処凛》 何か言った途端に右か左かに分類されてしまいます。この人が言っていることはおそらく右だろうとかレッテルを貼《は》らないと本人が納得できない。だれかが納得するために勝手に分類されることはすごくつまらないことだと思います。いま、従来の右左では分けられなくなっていると思いますし、新自由主義下の右左ってなんだ、と定義があいまいになってくると思います。そういうなかで右とか左とか言われることに違和感があります。


次は『毎日新聞』2009年03月26日夕刊記事『作家雨宮処凛さんとお花見 今、立ち居地は「前」』から。

「『右』はもうやめたし、『左』はマルクスを読まないとダメらしいし……。立ち居地は『右』でも『左』でもなく、『前』です。追いつめられたプレカリアートには、かつての私《雨宮処凛》のように『右』にすがる人もいれば、『左』もいる。どちらであっても、その苦しみは否定できません」

おなじ記事から、もう一箇所。

「目指すのは、餓死や凍死、過労死、生活苦による自殺をなくすこと。今の日本はこんなことすら実現できていないのです。『生きさせろ』と叫ばなくてもすむ時代が、早く来ればいい」


喜八の覚書《おぼえがき》です。
2009年05月03日、東京渋谷で行なわれた「自由と生存のメーデー」デモ。
コーラーをつとめていた雨宮処凛さんが「生きさせろ!」と叫んだとき、周囲のデモ参加者がドーッと沸きました(私もその1人でした)。
あのときの雨宮処凛さんは素晴らしかった・・・。
しかし、雨宮さんにしろ私たちにしろ「生きさせろ!」といった当たり前の要求をしなければならない社会は、やはりオカシイ。
雨宮処凛さんが言うように、誰かが「生きさせろ!」と叫ばなくてもすむ時代が早く来ればいい。


雨宮処凛さんの堂々たる「ダメ宣言」を紹介します。

雨宮処凛がゆく! 100回を祝して。の巻
(「マガジン9条」2009-05-27)

 だから私《雨宮処凛》は、宣言したい。連載100回を記念し、心を入れ替えて、これからは、もっとダメな感じで生きていくことを。もっと沢山寝て、もっと沢山の酒を消費し、仕事はあまりせず、社会にも適応せず、あまり人や社会の役に立たないような、そんな生き方を模索したいと今、切に願っている。というか、あえてそういったことをここに書かないと、貧乏性で小心者な私は強迫神経症的に働き続けてしまうのだ。


私(喜八)も雨宮さんを見習って、「ダメ戦略」を展開していきたいと思います。
それは「『ダメ』というポーズを装うこと」なんかではなくて、「ダメな自分を隠さないこと、恥じないこと」であり「ダメでもなんでもいいから、無条件に生存を肯定すること」なのです。

雨宮処凛さんの言葉でいちばん私が好きなのが「役立たずがのさばるぞ」です(『ワーキングプアの反撃』福島瑞穂さんとの共著、七つ森書館、2007)。
この言葉に忠実に従って、これからも「役立たず・喜八」がのさばりまくっていきたいと思っています。


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年05月30日 08:00

« フォーラム「今、日本に何が起きているのか?」 | メイン | 鈴木宗男・保坂展人トークライブ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3143

このリストは、次のエントリーを参照しています: 雨宮処凛さん「立ち居地は『前』」:

» 【日記】日本郵政人事と政局、フイルタリング、初のIMF債はロシア引き受け、米アジア対策チーム from 散策
久しぶりの更新。城内実さんの5月17日のブログで「最後にこれまで静かだった郵政利権問題で今週大きな動きがありそうである。このことだけ一言申し上げておく。」とあっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月30日 12:22

» 皇室を政治利用する石原慎太郎 from Kirokuroの毒吐き空間
石原知事 またまた宮内庁一喝  東京都の石原慎太郎知事(75)は18日の定例会見で、またまた宮内庁を一喝した。公式な激怒は4度目。皇太子さまの2016年東京五輪... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月30日 15:28

» 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年5月30日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞P4政治面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・スポーツ予算・UR... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月30日 18:20

» 横浜銀行はどうして破綻しなかったのか from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 NHKの「追跡 A to Z」をラジカセで聴きながら,意図的な番組づくりに気が付いた.取材に応じた「武蔵野銀行」は赤字額が少ない「健全経営」の銀行である.逆に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月30日 21:16

» ゼロから考える少子化対策プロジェクト from とむ丸の夢
1、2ヶ月ぶりにデパートに行ってみると平日にしては人が多い。時ならぬセールか! と思っていると、ワゴンには、ずばり「景気回復応援袋... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月30日 21:32

» 驚くべき反憲法的質問が明らかに from 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳
 裁判員制度の非人道性、憲法違反性についての驚くべき情報が入りました。法曹時報61巻4号に、裁判員辞退申し立てをした者に対する法務省の姿勢が明らかになり、「国家... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月30日 22:37

» 田母神さんの本を横目で見つつ・・・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
 お玉が伊勢崎さんを好きなのは・・・・悩みながらもいま、九条を変えないと活動してくださっている彼が、彼の語る言葉のすべてが、リアル... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月31日 08:47

» 憲政記念館 from がんばれ城内実(きうちみのる)
「憲政記念館」(東京都千代田区永田町1-1-1)の紹介をします。 以下は憲政記念館HPからの引用です 憲政記念館は、1970年(昭和45)にわが国が議会開設80... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月31日 09:38

» 寄稿】在特会、外国人追い出しへ行動へのカウンター情宣報告(名古屋) from ブログ「旗旗」
5月2日、在特会と新風による外国人排斥名古屋デモが行われた。これに対抗して「在日、滞在外国人への排撃許すな」と題して対抗街宣活動を行った。以下はその報告。街宣場... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月31日 09:59