【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「日本郵政」西川善文社長アンケート | メイン | フォーラム「今、日本に何が起きているのか?」 »


2009年05月28日

平沼赳夫議員「竹中平蔵は間違っている」

平沼赳夫議員が語る かんぽの宿の問題点は・・・


雑誌「月刊日本」2009年06月号の平沼赳夫衆議院議員インタビュー記事「政局の混迷を日本自立のチャンスに!」から、竹中平蔵氏(経済学者・元参議院議員)に関する部分を引用させていただきます。


以下の引用文中で《 》にはさまれた部分は喜八による補足です。また、読者の便宜を考えて段落分けさせていただきました。


★引用開始★

「竹中平蔵氏は間違っている」平沼赳夫

 小泉《純一郎》内閣五年五ヶ月の間にわが国のGDPは580兆円から508兆円へ、72兆円減少した。通常国会冒頭で、太田弘子経済財政担当相は「昨年末に公表された2006年の国民経済計算によりますと、世界の総所得に占める日本の割合は24年ぶりに10%を割り、一人当たりGDPはOECD加盟国中(2位から)18位に低下しました。残念ながら、もはや日本は『経済は一流』とよばれるような状況ではなくなってしまいました」と述べた。これが小泉・竹中改革の結果だ。

 とりわけ、竹中《平蔵》氏の罪は重い。竹中氏はアメリカ型市場原理主義を信奉し、それを日本に無理やり当てはめてきた。市場原理主義とは、あらゆる経済活動の基準を市場に委ね、干渉しないという思想だ。経済を外国に開放し、福祉や公共サービスを縮小して公的機関を民営化、規制緩和によって自己責任の名の下、競争を促す。その基本となる考えは、「国民を不安にさせておく」というものだ。規制緩和然り、社会保障の毎年2200億円カットもしかり、労働者派遣法改正もしかり、いずれも自由競争を促進し、セーフティーネットを薄くし、国民生活を不安に陥れるものだった。

 さらに竹中氏はアメリカで経済を学び、アメリカに友人知己も多いからか、日本国民よりもアメリカの意向を汲んだとしか思えない政策を次々と打ち出した。
 このような、どこの国のために働いているのか分からない人間が、国政の根幹を担っていたのだ。

 (中略)

 私《平沼赳夫》はかつて「竹中氏は世が世なら火あぶりだ」と言ったことがある。そうでなければ、国民に土下座して腹を切らなければならない、とも。アメリカに追従して日本経済を疲弊させ、国民に苦しみを強いた罪は、それほど重いのだ。

★引用終了★


平沼赳夫議員インタビュー記事の全文は「月刊日本」2009年06月号でお読みください。


というわけで「竹中平蔵は『火あぶり』『切腹』だ!(もちろん比喩表現ですが)」と思われる方は竹中平蔵氏に関するアンケートにご参加ください。

竹中平蔵氏を国会で証人喚問すべきか?アンケート

また、「日本郵政西川善文社長に関するアンケートもあります。
こちらにも、どうぞご参加ください!

日本郵政 西川社長の続投に賛成?反対?アンケート

以上2つのアンケートは「ライフログ ダイアリー」さんが制作してくれました(ありがとうございます)。


以下は喜八の贅言《ぜいげん》です。

月刊日本」と「週刊金曜日」を両方読んで、政治的視野を広げ、感性を豊かにする。
これは「」さんお勧めの方法です。
私(喜八)は実際に試してみましたが、たしかに効果があるようです。

ただし、この方法を採用すると・・・。
他の人から見て「『右』なのか『左』なのか、よく分からない」人間になるかもしれません。
その結果、「右からも左からも撃たれる(批判される)」可能性は高まると思います。
だから「人様から批判的意見を言われるのが、とっても気になる!」という方には向かないかもしれません。

とはいえ。
人間1人1人すべて顔が異なるように、政治的意見だって違って当たり前であります。
他人様に配慮する気持ちが強すぎるあまり、当たり障りなくありきたりな立場に自分を無理に当て嵌めていく。
これほど、馬鹿らしく詰まらないことはありませんよ!
誰にとっても、たった1回の人生。
自分の好きなように生きましょう~!
と(控えめに)ゲキを飛ばさせていただきます。


「意見の違い」について。
もし、仮に「お前とは意見が違う!」と、他者をドンドン切り捨てていったら?
最後には、全ての個人が孤立して、全ての他者を「敵」として生きる「万人の万人に対する闘争(トマス・ホッブズ)」社会が出来上がってしまうのではないでしょうか。
あるいは無理やりに意見を統一して全体主義国家にでもなるしかないでしょう。
これが馬鹿馬鹿しさの極地であることは明白ですね。


愚考するに・・・。
「右・左」や「保守・革新」の区別って、一般に考えられているほど、簡単ではないと思うのです。
いま世間一般で行なわれている「右・左」「保守・革新」言説の多くは、かなりいい加減で曖昧、あえて言えば不誠実なものではなかろうか?
私は深く疑っています。
もしかしたら、「見下し」「差別」「排除」のためのツールに堕してはいないか?
と、ここまで疑っているのですね。
だからこその『「右」も「左」もない、オレは「下」やけど(笑)』なのです。
ちなみに、これはミュージシャン中川敬《なかがわ たかし》さんの言葉です。
マガジン9条『この人に聞きたい』」で出会って以来、拝借しています。
中川敬さん、ありがとうございます!
(長きにわたって無断借用してすみません・・・汗)


もともと「保守」と「革新」はセットなのです。

  • 自国の良いところを守り(保守)
  • 悪いところを改める(革新)

この2つのどちらを欠いても「いい社会・いい国」を実現することはできません。
つまり「保守」と「革新」は相反する概念などではない。
「保守」「革新」ともに絶対的に必要なのであり、国内に「保守」勢力と「革新」勢力があるからこそ、初めて社会(国家)は機能する。

「保守」といっても、何でもかんでも「保《たも》ち守《まも》る」ことを主張するわけではありません。
たとえば「チョンマゲは日本文化の粋《すい》だから、現代に復活させよう!」なんて主張する「保守」の方はまずいないだろうと思います(あるいはいらっしゃるかもしれませんが)。
同様に「すべての伝統を破壊して、日々新しいことのみを実行すべし!」なんていう「革新」も(あまり)いないでしょう。


「保守」と「革新」はセット。
というより、一体化した同じものを違う角度から解釈しているのだと思います。
そして上の「保守・革新」を「右・左」に置き換えても、ほぼ同じことが言えるでしょう。
「右手」であれ「左手」であれ、1人の人間に属しているパーツであることに違いはない。
「右手」と「左手」の両方があった方が、人体はより効果的に機能的する。
自分が「右利き」だからという理由で「左手なんかいらない」と主張するのは愚かしい(逆もまた同じ)。
平たく言えば、そういうことではないかと思っています。


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


関連記事


投稿者 kihachin : 2009年05月28日 12:00

« 「日本郵政」西川善文社長アンケート | メイン | フォーラム「今、日本に何が起きているのか?」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3139

このリストは、次のエントリーを参照しています: 平沼赳夫議員「竹中平蔵は間違っている」:

» 日本人はマスクマン? from 薫のハムニダ日記
ここのところ朝鮮半島で大きなニュースが立て続けにあったので、報道番組でも隅に追いやられている感がありますが、韓国でも新型インフルエンザの患者数がジワジワと増えて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月28日 12:50

» ヤジの節度と品格?党首討論 from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
先日・・笑ってしまって・・そのあとお玉が脱力しちゃった記事です・・ 産経新聞より 与野党は22日の衆参両院の国家基本政策委員会合同幹事... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月28日 13:14

» カルト集団『幸福の科学』が政治に進出 from 関係性
 きっと出てくるだろうと予測していた。  カルト集団の創価学会が大手を振って政治に関与し、公明党が与党にへばり付き、自公政権を演出してきた。創価学会膨張の上げ止... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月28日 16:35

» 自民党・前市長派はハラキリして果てろ(笑) from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
名古屋市役所トイレで男性自傷 個室閉じ「市長呼べ」(朝日新聞) について  恐らく「犯人」は前市長 (または前市長派の市役所職員) に雇われた キチガイ右翼 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月28日 19:36

» 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年5月28日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・党首討論と各社社説{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日新聞2P内、党... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月28日 19:50

» わたくしラサ#lhasaが日本の独裁者になったら【5/28 22:04更新】 from ラサ#lhasaのブログ
この記事では、おいらが日本の独裁者になったと仮定して、 具体的にどのような政策を打ち出していくかを考えて、日々更新する記事です。   ←クリックし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月28日 22:05

» 党首討論 と ことばの重み from わんばらんす
今日は・・・ 「党首討論」 がありましたね〜。     いつも、ご訪問&応援をありがとうございます! ま〜新聞各社が書いている... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月29日 02:13

» 2009年度補正予算案・・各省庁のメチャクチャな名目 from わんばらんす
2009年度補正予算案が29日に成立する。・・・らしい。 で・・ 国会会期は大幅延長へ 過去最大の約13兆9300億円。 医療・介護分野が合わ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月29日 02:14

» 「日本郵政西川社長解任」可能な状況になった? from ふじふじのフィルター
 どうやら、補正予算は、今日成立する予定となった。 今年度の補正予算、29日に成 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月29日 11:01

» 麻生様、党首討論での天然無知はギャグですか?嗚呼、汝アホ太郎、存在自体が漫画で、同時に背筋が凍る様な悪夢を体現する者。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 産経が党首討論のテキスト起こしの記事を載せていたので、下記のエントリーに資料として全文採録しました(衆議院 Internet TV中継の要所要所時間入り)。そ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月29日 11:10

» 「ダメな人」にも優しい城内さん from がんばれ城内実(きうちみのる)
過日、あぶらふさん(※1)・とある女性・私(喜八)の3人で、上村松園《うえむらしょうえん、1875-1949》の日本画「焔《ほのお》」および『源氏物語』について... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月29日 12:05

» わたくしラサ#lhasaが日本の独裁者になったら【5/29 15:40更新】 from ラサ#lhasaのブログ
この記事では、おいらが日本の独裁者になったと仮定して、 具体的にどのような政策を打ち出していくかを考えて、日々更新する記事です。   ←クリックし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月29日 15:40