【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「築地問題英文解説」 | メイン | 安則眞実さん動画 »


2009年05月23日

第10回遠州城内塾(浜松市)

城内実 INsideOUT生出演 (1/5)

《郵政民営化法案は》私《城内実》は絶対に国家国民のためにならないと今でも思っておりますし、日本の貴重な340兆円の郵貯・かんぽ資金がアメリカに乗っ取られて、いわゆる「日本売り」ですよね。これはもう、だんだん明らかになっておりますけれども、これを確信しておりましたので、こんなことをしたら絶対に駄目だろうと。340兆円の資金は日本国民の健康や幸せのために使うべきであって、アメリカに取られたら何に使うかというと、利回りのいいところと言うと「戦争」ですからね。今度イラン戦争で使われたら、たまらないなあと。そういう頭がありましたので、私は身体を張って《反対しました》。唯一の小泉総理《当時》の誤算は《総裁派閥の》森派で小泉総理を支える中で、私が出たのは多分いちばんの誤算だったんじゃないか。その意味で「見せしめ」で徹底的に、いまも言えないくらい徹底的に潰されましたね。


2009年05月29日、静岡県浜松市で「第10回遠州城内塾」が開催されます。
城内実(前衆議院議員)後援会による催しです。
お近くの方も、お近くでない方も、どうぞご参加ください!


★転載開始★

関係者各位

平素から大変お世話になっております。
この度、第10回遠州城内塾を開催することとなりました。
講師に「関岡英之先生」をお招きいたします。
お忙しい時期とは存じますが、友人・知人もお誘いあわせの上、ご参加くださりますようお願い申し上げます。

どなたでも参加していただけます!

今回はオフ会も同時進行!


平成21年5月29日(金) 18:30~20:00(受付18:00より)
                ※懇親会 20:30より(会場周辺にて)
                  懇親会のみの参加もお待ちしております。

楽器博物館 62研修交流室 浜松市中区中央3-9-1(アクトシティー)

JR浜松駅より徒歩5分 【周辺地図

参加費無料!!(懇親会参加者は3000円)


参加ご希望の方は、5月26日(火)までに事務局までご連絡下さい。
城内みのるホームページ内「お問い合わせ」フォームから「城内塾参加希望!」と明記の上送信してください。

懇親会のみのご参加の方は「懇親会のみ」と明記してください。
後日会場の案内を送らせて頂きます。

   城内みのる後援会事務局
info@m-kiuchi.com
FAX:053-430-5756

★転載終了★


というわけで(笑)、竹中平蔵センセーに関する「アンケート」に、ご協力ください。

竹中平蔵氏を国会で証人喚問すべきか?アンケート

このアンケートは「ライフログ ダイアリー」さんが制作してくれたものです(ありがとうございます!)。


郵政民営化凍結宣言

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年05月23日 20:00

« 「築地問題英文解説」 | メイン | 安則眞実さん動画 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3131

このリストは、次のエントリーを参照しています: 第10回遠州城内塾(浜松市):

» 盧武鉉前大統領の死を悼む市民の波 from 薫のハムニダ日記
?? 23日午後、盧武鉉前大統領を追慕する市民たちがソウル徳寿宮大漢字門前を埋めつくし、特別発行された24日付『ハンギョレ』を読んでいる。 【ハンギョレ】シン・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月24日 16:08

» 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年5月24日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・韓国{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・テロップ集{/arrow_r/}... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月24日 18:04

» インフルエンザ騒動総括①~大本営発表に簡単に洗脳されるのはなぜか? from 日本を守るのに右も左もない
●新型インフルエンザ騒動で、大阪府をはじめとして全校閉鎖という、明治に始まった学... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月25日 00:09

» インフルエンザ騒動総括③~「特権階級=無能」という共認が広がっていく from 日本を守るのに右も左もない
しかし、現在、猛威を振るっていようとも特権階級(政治家・官僚・マスコミ)による... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月25日 00:17