【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「派遣法抜本改正を求める5/14日比谷集会」 | メイン | 『K8』と永瀬ユキさん »


2009年05月14日

第二次郵政選挙に警戒せよ!

賢猫
(猫画像は「EyesPic」さんよりお借りしました)


謎の憂国者「」さんの緊急メッセージです。


★転載開始★

第二次郵政選挙に警戒せよ!

序文

歴史は繰り返す、と言います。
古今東西、シチュエーションは違えども…
事の本質は変わりません。

支配階層とその寄生者が非支配階層を騙《だま》して搾取する!

これなのです。
残念ながら…人間は基本的に社会を形成しなければ生きていけません。
古い秩序が崩壊しても…必ず新しい秩序が生まれます。
そして古い秩序に正当化されていた古い支配者階層は…

或る者は一族郎党共々駆逐追放され…
或る者は巧妙に形を変えて生き残り…

新しい支配階層としてまた騙す!

歴史はこの繰り返しである、と私「r」は勝手に解釈しています。
では、それに抗《あらが》う私「r」を含む、多くの読者の行動は無駄なのか?

「私たちの行動は無駄ではない!」

断言します!
決して無駄ではないのです!

それでは私「r」が何を言いたいのか。
それは…

「私たち日本人の家族親類友人知人縁者の生活を守るために支配社会層を利用する!」

これなのです。
しかし…だからと言って増長した支配社会層は断固糾弾し、社会から完全に排除しなければなりません。

小泉純一郎と、それに協力した全ての人物と全ての組織」

これらの「駆逐」「殲滅《せんめつ》」「追放」なくして私たち「日本人」に未来は絶対にありません!
これだけは絶対に「断言」できます!!
これから日本人にとって本当の意味での最後の戦いが始まります。

「そんなこと言ったって既に始まってるじゃないか?」

そう言う人も多いでしょう。
しかし…「小沢一郎民主党代表辞任」によって情勢は極めて深刻になってきました。
正直な話…「手遅れ」は否めないかも知れません。
されど…このまま黙って指を咥えて見過ごすことも、滅ぼされることもできません。

「最後の最後までネットを武器に戦う!」

この姿勢が大事なのです。
確かに「亡国勢力」の手先としか思えない「愛国者を名乗る買弁(※)者」たちの嫌がらせは熾烈《しれつ》を極めるでしょう。
しかし、私たち「日本人」は負けるわけにはいかないのです!

(※買弁=自国の利益を顧みず、外国資本に奉仕して私利をはかること)

長くなりました…【序文】は以上で切り上げて…【本文】に入りたいと思います。


本文

第二次郵政選挙に警戒せよ!

小泉政権のクライマックスとも言える「郵政選挙」…
この選挙は「ナチスドイツ」が開発した「宣伝戦」を極めて高度に進化させ…
「心理学」を極めて高度に応用した「情報戦」に他なりません。

私「r」が日頃糾弾している「新聞テレビ:全国紙とその配下のテレビキー局」…

「朝日新聞」テレビ朝日
「産経新聞」フジテレビ
「読売新聞」日本テレビ
「毎日新聞」TBS東京放送
「日本経済新聞」テレビ東京

これら「五つ」の大メディア企業が、郵政民営化に「異議」「疑問」を投げかける全ての人々を駆逐殲滅追放して…「郵政民営化は絶対正義」を徹底演出し…

郵政民営化の紅衛兵とも「刺客候補」を徹底的に取り上げて…

城内実氏」
小林興起氏」
小泉龍司氏」
綿貫民輔氏」
亀井静香氏」
亀井久興氏」

など、その他大勢の「郵政民営化に疑問を投げかける全ての立候補者」に「抵抗勢力」のレッテルを貼り、魔女裁判、人民裁判の如く不当な弾圧を強行してきた「新聞テレビ」とその関係者たち…。
具体的な名前を挙げると…

「田原総一朗氏」
「古舘伊知郎氏」
「辛坊治郎氏」
「三宅久之氏」
「宮崎哲弥氏」
「伊藤洋一氏」
「松原聡氏」
「草野厚氏」
「テリー伊藤氏」

などなど、無数とも言える「電波芸者:御用評論家」たち…。

「新聞テレビが小泉時代に繰り広げた全ての悪行」

これを絶対に忘れてはなりません!
私「r」は何度もこれを大声で叫び続けます!

さて…

新聞テレビは今…「第二次郵政選挙偏向報道」を画策しています。
その一環なのでしょう「小沢つぶし」は…
それでは「新聞テレビ」は何を画策しているのか…
それでは郵政選挙偏向報道の歴史をザッとお浚いしましょう。

第一次郵政選挙偏向報道の簡略史

菅直人民主党代表が年金未納問題でマスゴミに潰され辞任した」

※これは「武蔵野市役所」「社会保険庁」のミスであり、菅直人氏に罪はない。
にも関わらず「テレビ朝日」始めマスゴミは菅直人氏を徹底的に糾弾した。
特に「田原総一朗氏」の糾弾ぶりは凄まじかった。
今現在でもこれに関する謝罪報道はないようです。

岡田克也民主党代表が誕生」

※悪夢はここで「現実化」してきました。

岡田克也氏による稚拙な国会運営、選挙戦略戦術etc...」

※これは言うまでもなく以下です。

  1. 自民公明両党の提出する無数の「悪法」を事実上滞りなく「成立」させた。
  2. 郵政選挙の「憲法違反疑惑」に事実上目を瞑り、これを許した。
  3. 野党共闘を事実上「解体」した。
  4. 野党間の選挙協力を事実上「放棄」した。
  5. 選挙広報を「外資系広告代理店」に事実上一任した(?)。
  6. (5)の結果なのか「日本をあきらめない」などという「マイナスイメージ」のキャッチコピーを使用した。
  7. 挙句の果てに「民主党が単独で過半数を獲得できなければ代表を辞任する」と逃げの先手を打った。
  8. 前原誠司民主党代表誕生」を事実上許した!

どうですか?
岡田克也氏による事実上の「小泉純一郎支援」の素晴らしさを実感できますよね?
特に「(8)」の「前原誠司民主党代表誕生」は悪夢中の悪夢「キングオブ悪夢」にふさわしいですよね?

前原誠司民主党代表の運営方針は以下に集約されるでしょう。

「対案路線で行く!」
「カイカク競争をする!」

この二つの意味をじっくり考えれば全てがわかりますね?

「対案路線」の意味は「新自由主義政策」or「より過激な新自由主義政策」の二者択一を意味し…

「カイカク競争」の意味は「競争原理によって、より過激に新自由主義カイカクを行う」

これらを意味します。
そして「前原誠司氏」の唱える「二大政党制」は…

「どっちに転んでも『新自由主義政党』」

これを意味します。

このような「前原民主党体制」の誕生の「露払い」を事実上行った「岡田克也氏」を私「r」は絶対に許しません。

前原誠司氏は以下のキャッチフレーズを持ってますね…

「永田町のユダ」
「歩くトロイの木馬」
「平成の小早川秀秋」
「獅子身中の虫」

完全に的を射てます。

こんな前原誠司氏の民主党代表実現に事実上手を貸したのが岡田克也氏です。
そしていま岡田克也氏を「テレビ朝日」を始め、マスゴミ各社は必死に「ヨイショ」しています。
それも使い古された「キャッチコピー」を使ってまでの必死の「印象操作」を駆使して…。

「国民に人気の岡田克也氏」

岡田克也氏は「安倍晋三氏」ですか???
まあ、確かに安倍氏を「高学歴」にして「憲法九条改正慎重派」にして「アジア重視」にすれば…

「民主党版安倍晋三」と言えなくもないですね。

よって、私「r」は断言します!

岡田克也氏を再度民主党代表にしてはならない!」

もう既に「岡田克也プロパガンダ」は始まっています。
勝負は今週金曜の夜まででしょう。

NHK含む全ての新聞テレビを監視し、岡田克也再登板を全力で阻止しよう!

私「r」は声を大にして訴えます!!


【おことわり】

時間がないのでぶっつけ本番で書きなぐりました。
細かいアラや事実誤認があるかも知れません。
ご了承願います。


【参考資料】

「2ちゃんねる各種スレッド」
神州の泉
植草一秀の『知られざる真実』
晴天とら日和
日本経済復活の会
日本を守るのに右も左もない
文藝評論家・山崎行太郎
城内実 オフィシャルサイト
小林こうき 公式HP
前衆議院議員 小泉龍司(こいずみ りゅうじ)公式サイト
国民新党 ホームページ
社民党OfficialWeb
保坂展人のどこどこ日記
ジャパン・ハンドラーズと国際金情報
カナダde日本語
ふしぶじゑ日記
とむ丸の夢
とくらBlog
ムネオ日記
日々是勉強
或る浪人の手記

その他書ききれないほど多くのブログ様に感謝します!!

★転載終了★


郵政民営化凍結宣言

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年05月14日 20:00

« 「派遣法抜本改正を求める5/14日比谷集会」 | メイン | 『K8』と永瀬ユキさん »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3108

このリストは、次のエントリーを参照しています: 第二次郵政選挙に警戒せよ!:

» 当初の「もっと大事なことがある」を「日本を、あきらめない」に途中で変更した岡田は、選挙戦術的言えば小泉の陰の応援団も同然。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 下記、東京新聞記事中、赤字部分である。当初は「日本を、あきらめない。」ではなく、「もっと大事なことがある」だったようだ。これなら、次に「その大事なことって何?... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月15日 00:13

» 小畑くにおさんのブログから from がんばれ城内実(きうちみのる)
城内実後援会員・小畑くにおさんのブログ(2009-05-14)から「世界でも有数の自殺大国」に関するエントリを転載させていただきます。 (★転載開始★) 「5月... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月15日 10:32

» 忌野清志郎と放送禁止のロックンロールヒーロー from 逝きし世の面影
『9・11事件』の直後、ブッシュにひたすら追従する事しか芸のないアメリカ命のカルト宗教?であるアメリカ教信者である小泉純一郎が行った憲法無視の時限立法でのイラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月15日 12:04

» 鳩山氏と岡田氏 両氏への不安 from 南町田から daily blog
読売新聞より 民主党代表選挙は、読売新聞によれば90人が態度を明らかにしていないそうです。菅氏も昨日の定例記者会見では逃げて言わなかった。小沢グループと鳩山グル... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月15日 12:05

» 与謝野財務相のエールの真意は? from 南町田から daily blog
産経新聞より 朝書いたとおり、さっそく、自民党からクセ玉が飛んできました。投げてきたのは、与謝野財務相。時事通信■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月15日 16:32

» しかし、「不偏不党」という言葉がまるで忘れられてる日本のマスメディアですね。 from ふしぶじゑ日記
 自分は民主党シンパでもなんでもないですが、小沢代表に対するマスメディア特にテレビの攻撃は酷くないですか。逆に小泉元首相や橋下大阪府知事へのチヤホヤぶりが又異常... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月15日 23:57

» 私権闘争の本質は情報戦である from 日本を守るのに右も左もない
『るいネット』に諜報機関が金貸し支配の手段であったことを示す、いくつかの投稿が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月16日 21:52

» マスコミと 検察グルの 功名心/マスコミと 検察グルに 歯止めない 今の風潮 止めるはネット/特捜の 民主(主義)破壊を 容認し(絶対視) from アルデバランの 夢の星
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月21日 14:21