【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 安則眞実さん動画 | メイン | 上村松園「焔」 »


2009年05月25日

ヤスミン植月千春さん動画(2)

ヤスミン植月千春
(カーヌーンを演奏するヤスミン植月千春さん)

人気blogランキング ブログランキングへ


音楽家・ヤスミン植月千春さんの動画を紹介します。

もやいこもれび荘」(東京・飯田橋)での「イラクの子供たち絵画展」情報もお伝えします。


ヤスミン植月千春さんはピアニスト・カーヌーン奏者・声楽家です。
京都市立芸術大学を卒業。ザルツブルグに留学。
帰国後、ラウンジピアノ演奏を開始し、京都・サンフランシスコ・ベルギー・シンガポールで活動を続け、現在は東京を拠点とされています。
現在「平和への祈り」としての演奏活動を各地で活発に展開されています。
また、イラク人女性「Riverbend」さんのブログ「バグダッド・バーニング 日本語版」の共同翻訳者でもあります。

ヤスミン」とは花の名前「ジャスミン」。
2001年03月、植月千春さんはイスラム教徒となり、イスラム名が「Yasemin」なのだそうです。
詳しくはヤスミンさんのプロフィール・ページを参照ください。

ヤスミン植月千春とは
(Yasemin Home Page)


2009年04月25日、東京・千歳烏山で行なわれたイベント「歌と演奏と朗読・現地取材報告で考えるガザ」でのヤスミン植月千春さんの演奏です。

アラブの良心・タクシーム

空を飛ぶ靴

演奏のバックに映し出されている写真は、ヤスミンさん自身がイラクで撮影されたものだそうです。


次は「JIM-NET 日本イラク医療支援ネットワーク」(鎌田實代表)が東京町田市多摩境で2009年01月~02月に行なったイベントを基に作成された動画のようです。

children-in iraq もう泣かなくていいよ

このイベントではイラクの子供たちの書いた絵を中心に、刺繍やポスターなどが展示されました。
さらに、ヤスミンさんたちの音楽演奏・朗読、ジャーナリストおよびJIM-NETスタッフによる現地報告など盛りだくさんの内容でした。
以下は「JIM-NETスタッフblog」の関連エントリです。

カフェ・トークのお知らせ
(2009-01-22)

ガザをかんがえる
(2009-01-25)

多摩境 アルル。カフェ・トーク:イラクとパレスチナII『バグダッドを追われたパレスチナ難民』
(2009-02-02)


なお、このイラクの子供たちが描いた絵やポスターを「NPO法人自立生活サポートセンターもやい」の活動拠点「こもれび荘」(東京・飯田橋)で観ることができます。

イラクの子供たち絵画展
(「Moyai Blog」2009-05-09)

開催日時:5月9、16、30日、6月6日 (土曜日) 11:00~17:00
開催地:サロン・ド・カフェ・こもれび
共催:NPO法人自立生活サポートセンター・もやい JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)

先日(05-09)「礫川浮世絵美術館」(東京・小石川)に行った後、比較的近くの「こもれび荘」まで歩いて行き、飲み物付で350円というランチを頂きました(とても美味しかったのでした)。
そのとき、町田市多摩境で観たのと同じポスター・絵が展示されているのに気づきました(ニブイので、しばらく時間が経ってからですが)。
それが「イラクの子供たち絵画展」でした。
この絵画展は今後05月30日と06月06日(ともに土曜日)に開催されます。
「戦争と平和と子供たち」を考える良い機会になると思いますので、お近くの方はぜひ足をお運びください。
私(喜八)も(ひっそりと)また行くかもしれません。

イラクの子供たち絵画展
(「Moyai Blog」2009-05-09)


ところで、ヤスミン植月千春さんから私(喜八)は「筋力トレーニング仲間」に認定していただきました。
真に有難いことであります。
が、「猛烈に意思が強い人・ヤスミンさん」とは対照的に私(喜八)は意志薄弱のゆるゆるのヘタレです。
本来なら、とてもヤスミンさんの「お仲間」になれるような者ではありませんが・・・。
こういう場面でヘタに遠慮なんかしていると、どんどんツキが逃げる!
ということを経験上熟知しておりますので、僭越《せんえつ》ではありますが、「筋力トレーニング仲間」を名乗らせていただきます。
ヤスミン植月千春さんの強い意志力の「お裾分け」を頂いて、ヘタレ者・喜八も筋トレを実践していきましょう!
ちなみに、ヤスミンさんからはすでに「喜八さん、『週2回』の筋トレでは少なすぎます! 最低『3回』はやらなくちゃ!」と有難いご指導を賜《たまわ》っております。
ヤスミン先生、ありがとうございます。


さらにヤスミン植月千春さんとは「デモ嫌い仲間」だと、こちらは私が勝手に思っています(ヤスミンさんから正式認定いただいたわけではありません)。
先日、ヤスミンさんと歓談している折、私が「本音を言うと、デモは苦手ですね。そもそも人混みが嫌いで団体行動が嫌いですから」と何気なく発言したら、ヤスミン植月千春さんが激しく同意してくれたのです。
実際、ヤスミンさんは日常生活において「人混み」と「団体行動」を徹底的に排除されているようです。
その断固とした拒否姿勢には「さすがは芸術家!」と感嘆させられます。
意志薄弱でゆるゆるのヘタレな私もヤスミン植月千春「師匠」の真似をしていきたいと思います。
(とはいえ、デモに一切参加しないというわけにも行きませんが・・・)


ヤスミン植月千春さんは人間的に尊敬できる部分が多々あります。
それはヤスミンさんとご家族・近所の方との関係性、パレスチナ支援、自立障害者支援、(片目の)猫を拾ったこと、河原で野宿している人たちに向ける共感と同情、などなどから明らかです。
なんて、いつもながらの「喜八風・大袈裟な物言い」ではありますが(汗)。
でも、人と人との縁は「一期一会《いちごいちえ》」。
「良い」と思ったことは、間をおかず、きっちりと伝えておく必要がある。
でないと(せっかくの)ツキがどんどん落ちる!(※)
と、このごろ特に強く感じているものですから、恥ずかしながら、公言しておきますね。
素朴に言って、私(喜八)はヤスミン植月千春さんの1ファンであります。
ついでというわけではありませんが、お連れ合い様とお嬢様とニャンコ様のファンにもなりました。

(※私《喜八》があからさまに人様を褒めることが多いのは、かくなる思想に基づいています。なお、心にもないことは《滅多に》口にしません。その人の良い部分にフォーカスして言語化しているわけで、いたって素直な発言なのです。なお、褒めたがゆえに逆に嫌われることもありますが、その点はいっさい気にしません)


付記:「TAMA猫」支援のお願い

プロカメラマン小西修さんと奥様は、長年にわたって多摩川沿いで、野良猫・野良犬・野宿者支援を続けられてきました。
ささやかながら「喜八ログ」も小西さんご夫妻を応援したいと思います。

TAMA猫 Shop

TAMA猫Shop

野良猫グッズの売上は野良猫・野良犬・野宿者支援に使われます。

そして以下は「TAMA猫基金」情報です。
ぜひ、ご協力をお願いします!

TAMA猫基金

TAMA猫基金について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-06)

ご支援について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-10)


人気blogランキング ブログランキングを覗いてみる

インフルエンザ・風邪に最大限の警戒を!(喜八、r)

(※風邪の回復・予防法については以下のページを参照ください。喜八の別サイトの記事です)

風邪の回復法

風邪の予防法


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年05月25日 12:00

« 安則眞実さん動画 | メイン | 上村松園「焔」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3133

このリストは、次のエントリーを参照しています: ヤスミン植月千春さん動画(2):

» 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年5月25日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・近畿版朝日新聞2P時時刻刻{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・今日の朝日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月25日 19:58

» 往年の左翼、日本国憲法を守る from 薫のハムニダ日記
武装闘争を反省し、「再武装」反対 「平和憲法を守る」ために立ち上がった元赤軍派議長、塩見孝也 六十路で駐車場管理、初めての肉体労働 金融危機を目の当た... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月26日 01:59

» 日本の金融危機の真の教訓(メモ) from 逝きし世の面影
『日本の「新芽」は誤解のもと 日本の真の教訓は』フィナンシャル・タイム2009年4月26日社説 「新芽」を探し求めている人にとって、日本というのは実に教訓だ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月26日 08:13