【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 素敵な女性は少ない? | メイン | 「朝日新聞」の西川社長擁護社説 »


2009年06月06日

佐藤優「雨宮処凛さんは根源的な勇気がある」

「自由と生存のメーデー2009」デモの雨宮処凛さん(後姿)


佐藤優さん(神学者・作家)の「雨宮処凛さん(作家・思想家)評」を紹介します。

エントリ後半は喜八による「雨宮処凛小論」です。


第三次世界大戦 世界恐慌でこうなる!』田原総一朗・佐藤優共著、アスコム(2009.01)よりの一部引用です。
引用文中、《 》ではさまれた部分は喜八による補足です。


★引用開始★

佐藤《優》生き地獄天国』という彼女《雨宮処凛さん》の自伝があるんです。リストカットをしていたころの話なんかも出てくる。これまた、すさまじいです。淡々と書いているんだけど。とてもしっかりしている人です。芯がしっかりしているから、たとえば経団連の幹部たちに、ちやほやされたって、急に見解を変えるなんてことはない。誰に対しても自分の意見をちゃんと話すことができる。それから彼女は、他人の悪口をまったく言わないですね。ゴスロリファッションという秋葉系みたいな服を着ているんだけれど、あれは仕事の間だけなんですよ。対談が終わったら、ジーンズとTシャツに着替えて、メガネをかけたらもう誰だかわからないような地味な感じになる。自分の欲望にこだわっていないし、自己抑制がきいている。

田原《総一朗》 ゴスロリがステージ衣装なわけ?

佐藤 ステージ衣装の感覚で、人格は別ですよという感じ。北海道で鈴木宗男さんと一緒に食事をしたら、鈴木さんが「いい子だねえ」と、すっかり惚れ込んだ。

田原 いい子じゃなかったら、あんなことやっていませんよね。

佐藤 仮に、雨宮さんが上昇志向を持ち、世の中に自分を売り出していこうと思ったら、彼女の感覚だったら企業経営者なんかに、ものすごくかわいがられると思う。とても礼儀正しいし。かつて、そういったかたちで資本の側に取り込まれちゃった女性たちが、何人もいた。そんな物語がいくつもあったでしょう。そうなったら、銀座とか赤坂の物語の一つで終わっちゃう。しかし、彼女にはそうならない場所にとどまる、根源的な勇気があると思います。彼女は真ん中よりちょっと右のあたりにきちんと位置して、財界のほうにも回路を持つといいと思うんですね。

★引用終了★


以下は喜八による小論です。

雨宮処凛さんには「根源的な勇気がある」。
佐藤優さんのこの発言には「まさしく、その通り!」と声を大にして同意したい!
なんて、ここで力《りき》み返っていてもしかたありませんが(汗)。

雨宮処凛さんは勇気がある。
そして「勇気」とは「思想家」には必要不可欠なものであろう。
たとえ和漢洋の該博《がいはく》な知識を誇る大秀才であったとしても、もしも勇気を欠くなら、その人は思想家とは呼べない。
と、知識も勇気もいたって乏しい、ヘタレ鈍才の私(喜八)が思ったりします。


雨宮処凛さんは根源的な勇気がある。
今年(2009)05月03日の東京渋谷「自由と生存のメーデー」デモにおける雨宮処凛さんの姿を思い出します。
間近で見る雨宮さんの背中は、意外に小柄で華奢《きゃしゃ》で、少女のような印象でした。

それにしても、凄かったですよ。
警察による「過剰警備」が。
たかだか700人ほどのプレカリアートが、そんなに怖いのですかね?
「よほど権力の側に、後ろめたいものがあるのだろうな」と私は思っていました。

デモコーラー雨宮処凛さんは、デモ行進のあいだ叫び続けていました。
特に印象的だったフレーズを紹介します。

生きさせろ!
いうこと聞くよな奴らじゃないぞ
最低時給を3000円にしろ
お前がお茶を汲め
引きこもりばんざい
メンヘラーばんざい
野宿者ばんざい
麻生は生コンを打て
御手洗は日雇いで働け
小泉(竹中)はここに来て土下座しろ
国策捜査をやめろ
死刑制度をやめろ
路上を解放、渋谷を解放
ビンボー人は怒っているぞ
生きることは犯罪じゃないぞ

デモとその前後、数時間、雨宮処凛さんを近くから拝見していました。
ちなみに、私(喜八)がストーカー的に雨宮さんの近くに寄って行ったのではないですよ!
これは一緒にいた「派遣ユニオン」の皆様(女性を含む)が証言してくださるでしょう。
「派遣ユニオン有志プラス喜八」がテキトーにデモ隊列に入っていったら、後からたまたま雨宮処凛さんが我々の直前に参入してきたのです。
文字通りの「直前」だったので、思わず私は「雨宮さん、こんにちは」と挨拶してしまいました。
知り合いでもないのに・・・。


以下のさとうしゅういちさん(「広島瀬戸内新聞」主筆)が撮影・編集した動画は、「自由と生存のメーデー2009」デモの雰囲気をリアルに伝えています。

自由と生存のメーデー2009サウンドデモ

私(喜八)もチラッと写っています。
どれがそうかは、ここでは言いません(笑)。
一緒に参加した「派遣ユニオン」の人たちの姿も確認できます。
ちなみに、さとうしゅういちさんとは「面識」はないのですが、05月03日にはお互い誰か分からずに会話していた可能性があります。


この日(2009-05-03)、私は雨宮処凛さんの「人としての在り方」「品格」に強く心を打たれました。
と、同時に「権力側は雨宮処凛さんを煙たく思っているだろうなあ。チャンスがあったら潰したいだろうな」とも、つくづく感じました。

もちろん、そうさせてはいけません。
もし万一、雨宮処凛さんが潰されるようなことがあったら?
生きさせろ」と当たり前の主張をする「国民」を強権的に弾圧して、社会システムそのものの矛盾・害悪を放置するようなことがあったら?
そうなれば、日本の「国体」は大きく歪められることになり、それこそ祖国はオシマイに近づくのではないだろうか?
と、大いに危惧《きぐ》します。

そこのところは、治安維持を任務とする官僚の方々にも、よくよく考えていただきたいのです。
後世の人々から「日本をぶっ壊した『A級戦犯』」なんて批判されたくはないでしょう?


ダメな人にも生きる権利はある」「生きさせろ」と主張する雨宮処凛さんは「反体制」でも「反権力」でもありません。
もちろん、言うまでもなく、「革命主義者」なんかではありません。

誰もが安心して暮らせる、平和で豊かな社会をつくろう。
日本の社会をより強くすることによって、国家を強化していこう。
雨宮処凛さんは、こういったビジョンと強固な信念を持つ、言葉の本当の意味での「愛国者」なのです。
そして、人々の生活と命「を保《たも》ち守《まも》る」ために身体を張って戦い続ける雨宮処凛さんこそが、真の「保守主義者」だと私(喜八)は思っています。


「喜八ログ」の関連エントリです。


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


投稿者 kihachin : 2009年06月06日 08:00

« 素敵な女性は少ない? | メイン | 「朝日新聞」の西川社長擁護社説 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3161

このリストは、次のエントリーを参照しています: 佐藤優「雨宮処凛さんは根源的な勇気がある」:

» 大人の国か子どもの国か from とむ丸の夢
数日前の夜、もう1匹の愛猫が、私といっしょにテレビに見入ってました。  オペラ『カルメン』は現代風の演出で、シンプルな舞台。  そ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月06日 09:03

» 北の丸公園・清水門 from がんばれ城内実(きうちみのる)
北の丸公園・清水門《しみずもん》の写真をアップロードします。 清水門は北の丸公園の東門で「中部日本放送東京支社」の近くにあります。 【周辺地図】 皇居周辺の建造... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月06日 13:31

» 日本郵政の西川社長進退問題でのマスコミの論調を比較考察する。 from ひげログ人
本日の読売新聞を読んでいたら、日本郵政の西川社長進退問題での各社の社説の論調が変 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月06日 17:33

» 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年6月6日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞・気になった記事の切り抜き・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月06日 19:26

» 足利事件と飯塚事件の科捜研のDNA鑑定 from 逝きし世の面影
『死刑でなくて本当に良かった』 栃木県では足利市周辺で5人もの幼女が同じ様に殺される同様な凶悪事件が起きているが、足利事件の菅家さんは今回の事件以外にも2件も... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月07日 10:38

» アメリカ没落後の世界⇒日本はどうする?①~中国は軍事侵攻するか? from 日本を守るのに右も左もない
5/31のなんでや劇場で新しい問題点が発掘された。 「みんな一緒」という価値観を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月07日 23:02

» アメリカ没落後の世界⇒日本はどうする?②~中国は経済大国化するか? from 日本を守るのに右も左もない
●軍事力を規定するのは生産力。ならば、経済問題の検討が必要。 生産力を大して持っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月07日 23:09

» アメリカ没落後の世界⇒日本はどうする?③~米国債は暴落するか? from 日本を守るのに右も左もない
最後の問題である。米国債は暴落するか? いつも応援ありがとうございます。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月07日 23:15

» 雨宮処凛の闘争ダイアリー を読んだ from 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
雨宮処凛の闘争ダイアリー雨宮 処凛集英社このアイテムの詳細を見る 本書はこのブログのブックマークに掲げてあるWEBサイト「マガジン9条」で連載中の人気コラム「雨... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月23日 11:24