【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 戸倉多香子さんへ | メイン | 素敵な女性は少ない? »


2009年06月05日

「らーめん 喜八や」

らーめん 喜八や
「らーめん 喜八や(東京・九段)」


らーめん 喜八や」なるお店を東京招魂社(靖国神社)の近くで見つけ、そこはかとなく「縁」を感じましたので、上の画像をアップロードしました。

エントリ後半では東京招魂社の「親子狛犬(中国獅子)」画像も紹介します。


らーめん 喜八や」の立看板によると、

らーめん+半炒飯セット 860円
ちゃあしゅうめん+半炒飯セット 1090円
らーめん 670円
ちゃあしゅうめん 900円
─味噌・醤油・塩─
炒飯 670円
餃子(5コ) 380円
ビール(中びん) 500円

だそうです。
ただし、私(喜八)はまだ「らーめん 喜八や」に入ったことがないので、味は分かりません・・・。

店のある場所は靖国通り沿いの「靖国神社交差点」付近。
「大村益次郎銅像」の南側になります。
周辺地図

らーめん 喜八や
東京都千代田区九段南2-3-22
03-5210-9128
定休日 日曜・祝日


東京招魂社(靖国神社)つながりで「親子狛犬(中国獅子)」の画像も紹介します。

親子狛犬(中国獅子)

狛犬親子が鎮座《ちんざ》する場所は「大鳥居」の手前です。
ここには手前と奥、合わせて二対の狛犬が設置されています。
そのうち奥側、大鳥居に近い一対のうち、向かって左側の狛犬です。
親狛犬の背中に乗っている子狛犬と、親の左足にじゃれている子狛犬が確認できます。
別画像を以下の別ブログに掲載していますので、ご興味のあります方はご覧ください。

靖国神社の親子狛犬
(「がんばれ城内実」2009-05-25)

ところで、鐸木能光《たくきよしみつ》さんという方がいらっしゃいます。
鐸木さんは「小説家・PC関係ライター・ミュージシャン」と、非常に守備範囲が広い人です。
さらに鐸木能光さんは「狛犬研究家」でもあるのです。
それで「もしかしたら?」とネット検索してみたら、鐸木さんによる以下のページが見つかりました。

狛犬分類研究(7) 中国獅子
(「狛犬ネット」)

下のほうに「靖国神社の中国獅子」という記事があります。
なるほど。
私(喜八)が「親子狛犬」と名づけて愛《め》でていた狛犬くんたちは、もともとは「中国獅子」だったんですね・・・。

東京招魂社には(軍用)馬・犬・鳩の慰霊塔(銅像)もあります。
また、本殿の裏にある「神池」には鯉《こい》と亀がいます。
こちらは(いうまでもないと思いますが)生きている鯉と亀です。
数ヵ月に一度ペースで、親子狛犬(中国獅子)・馬・犬・鳩・鯉・亀、そして時々見かける猫(野良猫?)と「靖国動物巡り」をするのが私(喜八)の習慣になっています。


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)

関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年06月05日 12:00

« 戸倉多香子さんへ | メイン | 素敵な女性は少ない? »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3157

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「らーめん 喜八や」:

» 足利事件 菅家受刑者を見ていて思ったこと・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
 冤罪についても、被害者とその家族についても、私たちはふだんそれほど考えて暮らしてはいないのだから・・・・被害者の家族の声に耳を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月05日 13:21

» カルト化する保守派知識人 from Kirokuroの毒吐き空間
以前、このブログで三橋貴明氏について言及したのだが、その三橋氏がご自身のブログでこんな事を書いている。  え〜、突然ですが、最近の個人的な楽しみは、「三橋貴明... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月05日 14:02

» 民主党よ、党首討論から逃げるな。 from ひげログ人
昨夕、喫茶店で新聞を読んでいたら、党首討論の記事が小さく出ていた。 まず読売新聞 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月05日 16:27

» 人間を裁くとは……光市事件弁護団資料より from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 光市事件の広島高裁差戻控訴審から,約1年が過ぎた.今日は『光事件弁護資料』(差戻控訴審) より,まず 光市事件の経過 と,「光事件Q&A」について掲載するこ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月05日 16:36