【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 正統派の悪党 | メイン | 築地市場移転反対デモ(06-27) »


2009年06月23日

真島茂樹氏は「超」ダンディ!

スーパー真島茂樹TNTNデラックス

人気blogランキング ブログランキングへ


真島茂樹氏(ダンサー・振り付け師・俳優・歌手)を東京・銀座で目撃して、あまりの格好良さに感激しました!

という、政治とはまったく関係のない、備忘録的なエントリです。

真島 茂樹(まじま しげき、3月22日生まれ、年齢非公表)は、日本のダンサー・振付師・俳優・歌手である。独身。栃木県宇都宮市出身。愛称は「マジー」または「マジ」。
デビュー当時の芸名は真島茂“夫”であったが、1977年に本名の真島茂“樹”となる。
私立東京学園高校卒業後の1972年に 『日劇ダンシングチーム』 に所属し、トップダンサーになるも1981年に日劇は閉館、それに伴ないチームも解散。
その後、ダンス講師やミュージカル等に出演し活躍する。 日本舞踊をベースに振り付けを行った 『マツケンサンバII』 が2004年にヒットすると、そのダンサーの中でのメインパートも担当し、その中で徐々に注目されるようになった。また、“キックトントン、キックトントン”という振り付けの際のかけ声も有名である(「Wikipedia」より一部転載)。


先週末(06-20)の夕方、銀座・数寄屋橋交差点の近くで真島茂樹氏とすれ違いました。
向こうから白いジャケットをバリッと着こなした長身の男性が歩いてきました。
「どこかで見たことがある人だな~?」
と思ったら、真島茂樹氏でした。

とはいえ、もしかしたら、人違いかもしれません。
その場合は失礼をお詫びします。
そのとき私が同行していた方と「いまの人、真島茂樹さんだったよね?」「うん、そう思う」という会話を交わしてはいたのですが・・・。

なにはともあれ。
「生」で見る真島茂樹氏は「超」がつくダンディでした。
テレビでは三枚目風を演じている真島氏ですが、「実物」は滅多に見かけないような凄い伊達男《だておとこ》です。
颯爽《さっそう》として「華」があります。
苦みばしっていて男っぽい雰囲気です。
とにかく格好いい方でしたね。
真島茂樹さんを「目撃」しただけで、かなりの感動がありましたので、ここに記録しておきます。


関連動画です。

Matsuken Sanba II


人気blogランキング ブログランキングを見る

それぞれ意見は異なるけれど、平和を愛する心はおなじ「天木直人」 「植草一秀」 「お玉」 「城内実」 「ココロ」  「see21」 「とむ丸」 「ぶいっちゃん」 「保坂展人」 「Mew」 「村野瀬玲奈」 「喜八」へのランキング投票をお願いします!


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


関連サイト


投稿者 kihachin : 2009年06月23日 20:00

« 正統派の悪党 | メイン | 築地市場移転反対デモ(06-27) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3203

このリストは、次のエントリーを参照しています: 真島茂樹氏は「超」ダンディ!:

» 足利事件・・菅谷さんの穏やかな表情に思うこと・・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
↑↓どっちもどうか応援してください にほんブログ村 足利事件を思う時・・・・お玉は涙が出そうになります。かれの17年間がどれほ??... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年06月24日 07:19