【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 保坂展人さんのポスター(高円寺風景) | メイン | 和田秀樹さん「城内実さんは国思いの勉強家」 »


2009年07月10日

女性の「可愛らしさ」

上村松園『焔』(部分)
上村松園「焔《ほのお》」


女性の「可愛らしさ」を考察したエントリです。

後半は(暴走気味に)「セルフイメージの書き換え」戦略を語っています。


まず、知り合いのある女性(推定年齢20代)から頂いたメール文の一部を、ご本人の了承を得て、以下に引用させていただきます。

そもそも、多くの女性が
「みんな同じように見え」たり、「差別化に失敗」したりするのは
ニッポンで生きていくにはそのほうが楽だから
→社会が、特にオジサマたちがそういう女性を求めているから
なのではないかと思います。


う~む、耳が痛い(大汗)。

おそらく、上の文章は「喜八ログ:素敵な女性は少ない?」への批判を含んでいるのだと思います。
「素敵な女性は少ない?」エントリでは次のようなことを書いています。

いまの女性は化粧をしっかりしていて、髪を染めてヘアスタイルも決めているけれど、みんな同じように見えてしまう

自己演出、差別化戦略に失敗していますね

若いうち、特に中高校生は化粧なんかしなくていい

自分で無造作に髪を染めていると、10年くらいしたらハゲちゃうのでは?

そういえば、美術系の(美的感覚が鋭い)女性は髪の色が黒くて化粧もあっさりというケースが多いように思います

やはり、優美で気品があって知的な雰囲気の女性は少ない!

以上は、とある知人女性(最初に引用したメールの方とは別人)と私(喜八)の「会話」ということになっています(若干の「脚色」アリ)。

ここで、どちらがどの発言をしているかをタネ明かしします。
1・2・5番目が私(喜八)の発言です。
最後は両者の意見をまとめて、いちおうの「結論」という形にしています。

となれば・・・。
最初に引用させていただいた方の批判は的確に私に命中していますね(汗)。

そもそも、多くの女性が
「みんな同じように見え」たり、「差別化に失敗」したりするのは
ニッポンで生きていくにはそのほうが楽だから
→社会が、特にオジサマたちがそういう女性を求めているから
なのではないかと思います。


やはり私(喜八)も「そういう女性を求めている」部分があるだろうか?
自分では「ない」と思っているけれど・・・。
もしかしたら「ある」のかもしれない。
少なくとも、断固否定する自信はありません。

わりと最近のこと。
東京都内を歩いていて、それこそ膨大な数の女性を見て、痛感したことがあります。
「ほぼ全ての日本女性は『可愛らしさ』というイメージを背負っている!」と。
それで、さらに思いました。
「もしかしたら『可愛らしさ』を捨ててしまったほうがラクになる女性も少なくないのでは?」なんてことを。
全ての女性が無理に「可愛らしさ」をかなぐり捨てる必要はないけれども、一定数の女性は「可愛らしさ」と決別したほうが「いい結果」を生むのではないだろうか?
なんてことを考えたのです。


それで思い出すのが、雨宮処凛さん(作家・社会活動家)の文章です。
webちくま」サイトに掲載された「雨宮処凛 反撃タイムズ プレカリアートは闘うぞ 第5回(2007-12-07)」から引用します。

 セクハラをするオヤジというのは、非常にステレオタイプな女性像にしか反応しない。彼らはロリータ服の女などにセクハラしたら「特殊な性癖を持つ人」と認知されてしまうのではないか、と恐れている。一部、ロリータやゴスロリが異常に好きな男性も存在するが、絶対数が少ないので遭遇する可能性は限りなく低く、だいたいそんな男性は気が小さいに決まってるのでセクハラなどはしないだろう。ということで、「好きな男に相手にされなくなった」以外は(ここ重要だが)ゴスロリ・ロリータ万歳! なのである。他にセクハラを未然に防げる服装としては、デコラ、パンク、軍服などがあるだろう。

雨宮処凛さんが「セクハラを未然に防げる服装」として推奨している(?)「ゴスロリ・ロリータ」「デコラ、パンク、軍服」は「可愛らしさ」と決別したファッションなのではないだろうか?
ゴスロリ・ロリータ」なんかは本来は「可愛い系」そのものなはずだけれど、「可愛らしさ」を凶悪なまでに徹底追求したがゆえに「可愛らしさ」を突き抜け決別することになったのではないだろうか?
なんてことを愚考します。


私(喜八)はやはり「可愛いらしさ」への嗜好はあまり(ほとんど)なく、「女王様系」それも「ダーク・クイーン系」女性への憧憬が強くあります。
たとえば、以下の一文などは心象風景としては、あからさまな本音に近いものがあります(『上村松園「焔」』)。

早い話、私(喜八)には「ダーククイーン(暗黒女王)萌え!」みたいなところがあるようです。
だからこそ、50歳のいままで一度も結婚したことがない独身男なのかもしれません(汗)。
今後「普通の恋愛・結婚」をすることはスッパリ諦めて、「ダーククイーンに献身的に仕えるダークナイト(暗黒騎士)」的ポジションを意識的にとろうかな?
なんてことを、大真面目に考えています。
女王の「恋人」になるなんて大それたことは思わない。
「家来」で充足する。それ以上を望まない。
女王が関わるありとあらゆる合戦に先鋒として参加して、猛烈な戦闘を繰り広げる。
権謀術数も陰謀もいとわず、考えうる全ての手段をもって女王を守りぬく。
そのために身命をすり減らすのは覚悟の前。
女王から賜《たまわ》った金銀財宝の大部分を有力な部下たちに分け与え、蓄財はしない。
年老いて役立たずとなった挙句、弊履《へいり》のごとく打ち捨てられても、「オレの一生は満足のいくものであった。幸せだった」と微笑《ほほえ》みながら死んでいく・・・。

それで、ときどき知り合いの女性たちに「あなたの本質は『女王様』ではないでしょうか? セルフイメージを『ダーク・クイーン』に書き換えると、人生がスムーズに動くようになるかもしれませんよ」なんて、余計なことを言ったりします。
すると「ふざけるな!」と怒られたりします。
怒られたら、素直に「ごめんなさい」と謝罪します。
と同時に内心で「やはり、この人は女王様だった。嬉しい!」なんて愉悦《ゆえつ》を覚えたりしているので、かなりタチの悪いオヤジです(笑)。

でも「ダーク・クイーン」というのは個人的な趣味に走りすぎているかもしれません(汗)。
クイーン(女王様)以外にも、以下のような「可愛くない系」へのセルフイメージ書き換えが有効ではないか?
と思っています。

  • ウィッチ(魔女)
  • ナイト(騎士)
  • ウォーリアー(戦士)
  • ソルジャー
  • ベルセルク(狂戦士)
  • ターミネーター
  • インテリジェンス・オフィサー(情報官)
  • スパイ
  • ストラテジスト(戦略家)
  • トリックスター
  • ギャング
  • キラー(殺し屋)
  • アサシン(暗殺者)

などなど。
ただし、これらに「なりきる」という話ではありません。
自分だけ内心だけで「ほんとうの私は『最強の女戦士』。ほかの人には『戦士』という本質が見えないけれど、それは完璧なカバー(擬装)をしているから」というように、密かにセルフイメージを書き換えるのです。
そうやって自らの内、もっとも深いところからフォース(力)を引き出そうという戦略です。
こんなことは「バカみたい」と思われそうですが・・・。
日本社会に存在する強力な「同調圧力」を低減化し、自分らしく生きるためには、案外有効な方法ではないかと思っています。


最後に、私(喜八)自身の隠されたセルフイメージを公開します。
(このバカエントリをここまで読んでくださっている方は極少数だと思いますが)
「ジョーカー(道化者)のダークナイト(暗黒騎士)」です。
擬装は完璧です(笑)。


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2009年07月10日 12:00

« 保坂展人さんのポスター(高円寺風景) | メイン | 和田秀樹さん「城内実さんは国思いの勉強家」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3236

このリストは、次のエントリーを参照しています: 女性の「可愛らしさ」:

» 和田秀樹先生のブログから from がんばれ城内実(きうちみのる)
和田秀樹先生(精神科医・作家・実業家)のブログから城内実さんに関する記述を引用させていただきます。 「政治家が勉強しないと政権交代しても同じ」 (「和田秀樹オフ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月10日 14:11

» 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年7月10日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞とTVの切抜{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治とは「内政懇」?{... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月10日 16:11

» 上村松園 from 釣りおやじ 散歩おやじ 呑ん兵衛おやじ
 今朝は寝不足である。(お肌の曲がり角なので気をつけねば) 毎週、撮り溜めている「美の巨人たち」のビデオを纏めて昨夜見ていた。 11月中旬に放映をさ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月10日 20:58

» 衆院選 来月末以降に、与党で大勢 逆風懸念 from ひげログ人
麻生首相が、卒業旅行に行っている中、本日の東京新聞に衆院選の先送りが載った。 都 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月10日 21:24

» 韓国芸能界残酷物語:「私は性上納を強要された」 from 薫のハムニダ日記
演技者5人中1人が「自分あるいは仲間が性上納を強要された」 『ハンギョレ21』[2009.07.13第768号] [表紙物語]単独入手した韓国芸術人労働組合... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月10日 23:26

» 蓮池透さんの講演会 from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
きのう、蓮池透さんの講演会に行きました。事前に整理券をきちんと取らないと入れないかも・・と聞いていたので、早めに予約していたのです... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月11日 10:46

» 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年7月11日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・渡辺行革・天下り物語・1{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・天下り物語・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月11日 18:09

» マスゴミの報道しないテロ from ラサ#lhasaのブログ
右の人も左の人も下の人も、 マスゴミが腐ってるという認識は一致しているだろう   しかし、麻生総理のネガティブキャンペーンで”報道しないテロ”を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月11日 19:35

» 誰か、頭良い人教えて from ラサ#lhasaのブログ
政治経済時事ネタに詳しい皆さんにお聞きしたいところがあります。 二大政党制、小選挙区制の何が善いのか教えてください 小沢傀儡民主が政権を取ることによるメリッ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月11日 19:47

» 政治思想サイトマップ from ラサ#lhasaのブログ
わたくしラサ#lhasaが日本の独裁者になったら 旧政治ネタブログ旧ラサ#lhasaのブログ ★お薦め政治経済時事ネタ関連ブログ ・がんばれ城内実:htt... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月11日 21:50

» 金貸し(ロスチャイルド)に金を貸していた欧州貴族たち from 日本を守るのに右も左もない
ヨーロッパ貴族たちと金貸しの関係の起源について、興味深い記事がある。 『オルタ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月11日 22:22

» 誰がための改革 from 桔梗電信網
今日がやっとの東京都議会選挙ではあるが、これに敗れて『麻生降ろし』を行ってはマスコミなどは『総裁選祭り』でもやるのだろう。あまりテレビなど見ないから、状況などあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月12日 02:49

» 相互確証破壊と日本の核の傘 from 逝きし世の面影
相互確証破壊(Mutual Assured Destruction,MAD)は当時アメリカの国防長官ロバート・マクナマラによって1965年に発表された核抑止理... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月12日 09:37

» 民主党の子供手当て&高校無償化 from ラサ#lhasaのブログ
・民主党の子供手当て=財源→配偶者控除・扶養控除廃止・民主党の高速道路無料化=財源→自動車税を一律5万円上げ 民主党の主張通り子供手当の財源の4割を「配偶者控... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月12日 14:49

» 韓国芸能界残酷物語2:私生活も消費され from 薫のハムニダ日記
加害者は忘れられ、被害者は獲物に 『ハンギョレ21』[2009.07.13第768号] [表紙物語]愛と暴力の間を行き交う大衆の関心 小さな噂まで拡大再生... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月13日 23:43