【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 女性の「可愛らしさ」 | メイン | 石原慎太郎氏、9条護憲主義に転向? »


2009年07月12日

和田秀樹さん「城内実さんは国思いの勉強家」

和田秀樹
和田秀樹さん(精神科医・作家)

人気blogランキング ブログランキングへ


和田秀樹さん(精神科医・作家・映画監督・教育者)のブログから城内実さん(前衆議院議員)に関する記述を引用させていただきます。

政治家が勉強しないと政権交代しても同じ
(「和田秀樹オフィシャルブログ」2009-07-10)

でも、この人はすごいと思う人は少ない。愛国者の城内実さんは、呼んでくれれば応援に行きたいくらい、国思いだし、勉強もしている。

ただ、上の引用部分だけを読んでも意味が通りにくいかもしれません。
ぜひ、和田秀樹先生のブログで全文をお読みください。


和田秀樹さんの本はたぶん30冊くらい読んでいます。
これからも、どんどん読ませていただく所存です。
が、私(喜八)が和田さんの愛読者となったのは比較的最近のことなのです。
正直に申し上げますと、以前は「食わず嫌い」的に、なんとなく敬遠していました。
「和田秀樹=大変な秀才=勝ち組=成功者=きっと鼻持ちならない男に違いない!」
なんて勝手に思っていたのです(和田先生、すみません)。

その「思い込み」が崩れ始めたのは和田秀樹さんと関岡英之さん(作家)の共著『「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる』PHP研究所(2007)を読んでからでした。
「和田秀樹=大変な秀才=勝ち組=成功者=きっと鼻持ちならない男に違いない!」
というのは完全に誤った愚かしい「偏見」であったことに気づいたのです(ふたたび、すみません)。
和田さん自身の言葉を借りれば「愛国者の和田秀樹さんは、国思いだし、勉強もしている」。
ただし「愛国者」といっても(在りがちな)ファナティックな「愛国者」ではないのですね。
力強い知性に基づいた、穏やかで、真っ直ぐな愛国心の持ち主が和田秀樹さんです。


たとえば、以下で紹介する和田秀樹さんの言葉には強く心を打たれました。
別ブログ「がんばれ城内実」の記事です。

和田秀樹先生の名言
(「がんばれ城内実」2008-07-10)

僕《和田秀樹》は、累進課税は復活すべきだと思っているし、「累進は社会主義」なんて大きな間違いで、いくら最高税率九〇パーセントにしたところで、一〇億稼げば一億円戻ってくるんです。だから、全員が同じ給料の社会主義なんかではありません。

これは、私(喜八)が知っている中では、最高に格好いいおカネに関する名言です。
一度でいいですから「一〇億稼げば一億円戻ってくるんです」なんて口にしてみたいと常々思っています。
和田秀樹さんは「鼻持ちならない、勝ち組の成功者」などでは全然なかった!
日本の社会をよりよくするためなら、9億円をポンとだしましょうという究極の愛国者だったのです(それにしても最高にイカシた言葉です)。


和田秀樹さんのブログから、いくつかの記事を紹介させていただきます。

ホンモノのセレブ
(「和田秀樹オフィシャルブログ」2009-07-05)

私《和田秀樹》は日本のセレブというものをあまり信じていない。ノブレスオブリージュの欠如もさることながら、前回のセレブ食事会をふくめて、人を見下す(本当は見下していないのかもしれないが、そのようにそばにいる人に感じさせる)ような人が多すぎる。
私の知る限り、何人か妻の知り合いで、本当に腰が低かったり、えらそうにするところを感じさせない人を知っているが、私の直接の知り合いで、世襲のぼんぼんで、成功者でいながら、そういうところを感じさせないのは、中尾さんと安倍首相夫人くらいだ。こういう人には本当に惹かれてしまうし、世襲反対論者でありながら、素直にこういう人なら世襲でもいいかと思えてしまう。
私自身は、いやしさとひがみっぽさから抜けきれないので、セレブの人たちとつきあって、その末席にいるより、気のあった人と気さくに話ができるほうがいい。

和田秀樹さんは「大変な秀才」で「成功者」だけれど、「人を見下す」ことをしない人なのですね。
その点、湯浅誠さん(「NPO法人自立生活サポートセンターもやい」事務局長)に近いものがあるかもしれません。
湯浅誠さんの新著『どんとこい、貧困!』理論社(2009)には自己責任論は「上から目線」で人を見下すこと、その目的は「黙らせる」こと、という一章があります(153頁)。
生き方も外見の印象も大きく異なる和田秀樹さんと湯浅誠さんですが、地下茎ではつながる部分がかなりあるのかもしれない?
と思いました。

ところで、和田秀樹さんが「安倍首相夫人安倍昭恵さんのファンであることを知り「おぉ~!」と思いました。
何を隠そう私(喜八)自身が安倍昭恵さんの大ファンだからです(安倍晋三さんのファンでは全然ありません)。
安倍昭恵さんに関しては、そのものズバリのエントリが弊ブログにあります。

安倍昭恵さん
(「喜八ログ」2008-05-20)


さらに、和田秀樹さんのブログから。

生活保護と最低賃金
(「和田秀樹オフィシャルブログ」2009-06-29)

生活保護が人間を怠惰にする側面は否定しないが、実際の経済効果はほかの公共投資より大きいのである。
実は、私はむしろ生活保護給付をあげたほうがいいとさえ思っている。
人あまりの時代には、最低賃金より生活保護のほうが高くて、ばかばかしくて働く人が減るくらいにしたほうが、人手不足にもなるし、賃上げのドライブにもなる。
それによって、人々の所得水準があがることこそが、消費不況の際の最大の景気対策になると考えているからだ。
貧困層が多いほど、あるいは富裕層があまりに高額の金をもっていることこそ、GDPに対する消費の比率が低くなる。
バカ経営者が、従業員は会社の一歩外に出たら、消費者になることに気づくまでは、公が、金持ちや企業から税金をふんだくって(法人税は利益に対する課税なので、それで会社が潰れることはない)貧しいものに回さないと日本の経済の将来はない。

きわめて怜悧な経済論です。
「生活保護」がからむと、人はなぜか感情的になる傾向があるようです。
しかし、和田秀樹さんにはそういうところが微塵《みじん》もない。
上の和田秀樹さんの文章を読んで、「湯浅誠さんと経済観が近い」と私は思いました。
「生存/労働運動」「反貧困運動」に関わる方は、和田秀樹先生を「味方につける」ことを画策されるとよいのではないでしょうか。
非常に強力な味方を得ることになると思います。
なんて言うくらいなら「自分でやるべき」でしょうけれど・・・。


格差社会と闘うには
(「和田秀樹オフィシャルブログ」2009-06-21)

日本はどんどん北朝鮮化してきている。
北朝鮮批判をする人の発想が北朝鮮的であるのにいつ気づくのだろうか?

私も同様に感じています。
「祖国・日本の北朝鮮化を試みているとしか思えない人たちがいる」
「しかも、彼ら彼女らは『保守』だの『右派』だの『愛国者』だのと自称(僭称)している」
「喜八ログ」でもたびたびしてきた主張ですが、著名人の和田秀樹さんがこれを言うのは大変な勇気が必要だと思います。


以上、ごくごく一部を紹介させていただきました。
和田秀樹オフィシャルブログ「テレビで言えないホントの話」』は面白くてタメになるブログです。
今後も愛読させていただきます!


関連動画です。
和田秀樹先生と城内実さんの対談を「YouTube」で観ることができます。

関岡英之+和田秀樹 【書籍】改革にダマされるな!【前編】

関岡英之+和田秀樹 【書籍】改革にダマされるな!【中編】

関岡英之+和田秀樹 【書籍】改革にダマされるな!【後編】


和田秀樹先生、ありがとうございます。
先にも書きましたように、私(喜八)は先生の本の愛読者です。
そして御著書を通じて多くのことを教えていただきました。
心より感謝しております。


人気blogランキング 人気ブログランキングを見る

日々の応援ありがとうございます!(喜八、r)


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


関連サイト


投稿者 kihachin : 2009年07月12日 08:00

« 女性の「可愛らしさ」 | メイン | 石原慎太郎氏、9条護憲主義に転向? »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3238

このリストは、次のエントリーを参照しています: 和田秀樹さん「城内実さんは国思いの勉強家」:

» 人間性においては左右関係無し from 桔梗電信網
あの『将軍様なみの鈍感力をお持ち』のチキンホーク先生などを見れば解るが、ネット右翼と言うのはあれほどにまで堕落して、人間らしさが無いのに辟易した。 発達障害に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月12日 10:50

» 見限られている自民党のネガティブ・キャンペーン from 神州の泉
今、自民党は完全に末期症状の最終段階に入っているようだ。三年間で総理大臣が三人目であるということも政権与党の体を為していないが、現在の麻生総理の迷走状態も、もは [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月12日 16:29

» 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年7月12日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日のイラストの入った記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・職業人生・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月12日 16:36

» 橋下流交渉術 from とむ丸の夢
おいおいおい……かな、それとも、あらあらあら、かな?  東なにがしと橋下の両知事。  かたや、「民主党のファシズムになっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月12日 20:17

» 【ネット】児童ポルノ禁止法改正案対談V と連邦準備制度監査法案 from 散策
間もなく、ブログも都議選結果とその後の政局でいっぱいになると思うのでその前に児童ポルノ禁止法改正案と、FRB監査法について拝見させていただいたブログをリンクして... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月12日 20:26

» 破滅するのはお前だ!その2 from 桔梗電信網
投票率54・49% 自民過半数割れ、民主党54議席を獲得、初の第一党。 石原シメタロー 支持率過半数割れ。 超ざまぁああwwwwwwwww! どうせ結果は解っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月13日 04:18

» No, No石原都政、これから始まる日本の大掃除 from whatever will be, will be やっぱり明日を信じたい!
ありとあらゆる事業の裏には政官財の談合が存在して、共通しているのは彼らが利権を分けあう構図。 それを正しく国民に教えてくれるメディア... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月13日 07:20

» 欧米契約社会の根本『神との契約』 from 逝きし世の面影
『契約の意味』 欧米国際社会における『契約』の意味を理解できず、とんでもなく勘違いしている日本人は大勢いるが、其の際たるものが日本政府と外務省であろう。 千... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月14日 09:43

» 衆議院解散、選挙戦が事実上スタート! from 皇国の興廃、この一文にあり
衆議院が遂に解散した。 思えば、郵政民営化の是非を争点に当時の小泉純一郎総理大臣が平成17年8月に行って以来の解散となる。小泉総理... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月22日 02:02

» 眞鍋かをり 選挙ポスター 城内実 from バタートースト
今日は、この内容を調べてみました????今、有名だからね。(+o+)和田秀樹さん「城内実さんは国思いの勉強 和田秀樹さん(精神科医・作家・映画監督・教育者)の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月31日 19:41

» 城内実 from あさみのささやき
安倍晋三さんの「経済制裁」発動はパフォーマンス!? 安倍晋三さんの北朝鮮への「経... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年08月01日 12:58

» 城内実 from つよしのつぶやき
和田秀樹さん「城内実さんは国思いの勉強 和田秀樹さん(精神科医・作家・映画監督... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年08月02日 02:24

» 城内実 眞鍋かをり ポスター from ちょっとレアなニュースダイジェスト
こどもてんちょー+゜ 3時間半後☆ おやすみみ〜☆by猿ロック シューマッハ再び♪ 0.073 秒 ) リニューアル http アンナ jp ブ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年08月02日 10:28