【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 鈴木宗男・城内実・佐藤優トークイベント(東京) | メイン | 「ワホリのオールニートニッポン」 »


2009年09月24日

市民メディアの展望

TOKYOメディフェス2009(その1)


友好ブロガー「散策」さんから「『TOKYOメディフェス2009』における内藤正光総務副大臣の重要発言」への世論喚起作戦に参加するよう要請されました。

なにはともあれ、助太刀《すけだち》することにしましょう!


以下は「散策」さんからいただいたメール文を、喜八がまとめ編集させていただいたものです(コピペ転載ではありません)。


★散策さんからのメール主旨・開始★

喜八さん、こんにちは。散策です。

2009年09月20~22日に「TOKYOメディフェス2009」というイベントがありました。
湯浅誠さん(「NPO法人自立生活サポートセンターもやい」事務局長)や日隅一雄弁護士もかかわられているようです。
また、内藤正光総務副大臣(民主党)が市民メディアについて大変積極的な発言をしたと市民メディア側の方たちが喜んでいました。
ただ、この件(内藤正光総務副大臣発言)に関して大手メディアの報道が少なく、世間の注目度が低いことを私(散策)は危惧しています。

下記は松浦大悟参議院議員(民主党)の「Twitter」からのコピーです。

昨日の内藤《正光》副大臣の発言、マスコミにとって都合の悪い部分が伝えられていない。これからは公共放送、民間放送、市民メディアの三本柱で行く、2011年以降パブリックアクセスとして市民に電波を開放していくというのがこのシンポジウムの肝。内藤副大臣、すばらしい発言をされています。

以下の動画には神保哲生さん(ビデオジャーナリスト)も出ています。
是非、見てみてください。

2009年9月22日11時50分51秒のライブログ
(投稿者 メディフェスTV

2009年9月22日13時29分1秒のライブログ
( 〃 )

「Twitter」でどこに映像があるかわからないと聞いたら、松浦大悟議員がレスで教えてくれました。
松浦議員は、児童ポルノ禁止法の改正案についての請願書の取り次ぎ議員にもなっています。
また、社会学者の宮台真司さんをよくウオッチされてもいます。

これからは公共放送、民間放送、市民メディアの三本柱で行く、2011年以降パブリックアクセスとして市民に電波を開放していくというのがこのシンポジウムの肝。

これらの情報が大手メディアに出なくても、私たちは知っているというコミュニケーションラインを作りたいと思います。

★散策さんからのメール主旨・終了★


以下は喜八の感想です。

2011年以降パブリックアクセスとして市民に電波を開放していくというのがこのシンポジウムの肝」という松浦大悟参議院議員(民主党)発言に大注目しました。
これが本当に実現されるなら、素晴らしいことであります。
今後「与党」民主党の動きを、しっかり注視(監視)させていただくことにしましょう。

TOKYOメディフェス2009(その2)


市民メディア」。
ふと思いました。
「もしかしたら『喜八ログ』も『市民メディア』のハシクレに入るのだろうか?」と。
どうなんでしょうね?
リクツの上では「入る」ことになりますよね。
まあ、その辺はどっちでもいいですけれど(笑)。
「喜八ログ」は『「超」零細ミジンコ的市民メディア』として、臆面なくずうずうしく、活動していくことにします。


それで更にふと思いました。
もし「記者クラブ」開放が実現したら「喜八ログ」代表の私(喜八)も記者会見の場に出席できる・・・可能性が生じてきます(その気になれば道は開けるはず、たぶん)。
つまり私も「記者クラブ」開放問題のれっきとした「当事者」なのであります。
とは、かなり強引なリクツではありますが(笑)。
「記者クラブ」特権の上に胡坐《あぐら》をかいた「総会屋」みたいな「自称:ジャーナリスト」の人たちに遠慮する理由なんてどこにもありませんね。
「記者クラブ」開放問題には「当事者」として堂々と、かつ物凄~くシツコクかかわっていきたいと思います。


「記者クラブ」が開放されたなら・・・。
たとえば「フリーター全般労働組合」や「素人の乱」所属の敏腕かつ獰猛な「市民ジャーナリスト」たちが記者会見の場に押し寄せる!
可能性がでてきます。
ヘンリー・オーツさんや永瀬ユキさんたちも「記者」として参加されるかもしれません(可能性は高いと予測します)。
そうなれば、「記者クラブ」特権の上に胡坐《あぐら》をかいた「総会屋」みたいな「自称:ジャーナリスト」の人たちは駆逐されることになるでしょう(ただし、有能で良心的な報道者たちはしっかり生き残る)。
それが当たり前の「競争原理」というものでしょう。
「総会屋ジャーナリズム」の壊滅。
実に楽しい想像です(笑)。

というわけですから、「フリーター全般労働組合」の方たちには、ぜひとも「自由と生存の通信社(仮称)」を新設していただきたい!
素人の乱」の皆様も『週刊素人の乱』とネットラジオを大きく育てていただきたい!

なんて勝手なことを思いました・・・。


関連サイト


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


投稿者 kihachin : 2009年09月24日 12:00

« 鈴木宗男・城内実・佐藤優トークイベント(東京) | メイン | 「ワホリのオールニートニッポン」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3374

このリストは、次のエントリーを参照しています: 市民メディアの展望:

» 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年9月24日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・国際関係{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日のちょっと気になるミニ記事... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年09月24日 18:00

» 総会屋って何? from 総会屋とは?
総会屋って最近はあまり耳にしないですよね。聞いたことはあるけど、実際何をしてた人達なんだろう?なんとなくヤクザまがいな商売という印象しかないですよね。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月19日 17:23