【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 脱・政治ブログ | メイン | 「I'm On My Way」 »


2009年09月18日

湯浅誠さんの講演会(神戸)

湯浅誠さん
湯浅誠「もやい」事務局長(こもれび荘で)


湯浅誠さん(「NPO法人自立生活サポートセンターもやい」事務局長)講演会のお知らせです。
2009年12月13日、兵庫県神戸市北区内で開催される『第4回 北区「9条のつどい」』というイベントのゲスト・スピーカーとして登場されるそうです。 
イベントの主催は『北神戸「9条の会」』です。
詳細は追って報告します。
今回はとりあえず先行告知です。


「湯浅誠さん講演@北神戸」については、友好ブログ「お玉おばさんでもわかる 政治のお話」のお玉さんから直接伺《うかが》いました。
お玉さんは『北神戸「9条の会」』で主に活動されているのです(そのほかにも色々な活動をされているようです)。
湯浅さんと直接お話ができるチャンス! うれしい!」と、お玉さんが思われているかどうかは知りません(笑)。


湯浅誠さんと憲法9条といえば、次のインタビュー記事をまず思い出しました。

この人に聞きたい『湯浅誠さんに聞いた』その1
(「マガジン9条」2009-07-01)

ただ、私《湯浅》自身は、もちろん憲法9条はあったほうがいいとは思っているけれど、それについてしっかりとした定見を持っているわけではありません。ですから、9条のことだけを語る資格はないと思っています。私が9条を語るとすれば、25条との絡み。それが私の問題意識ですね。

なるほど「9条と25条との絡み」ですね。
これに関して、湯浅氏は著書『反貧困』岩波新書(2008)の中で次のように語っています(同書212-213頁)。

 日本は、類稀《たぐいまれ》な被爆(戦争)体験をしたことによって平和への意識が高まった。しかし同時に、類稀な高度経済成長を体験したことによって貧困問題を忘れた。そのためこの数十年間、両者を結びつけて考えることが少なかった。平和と戦争の問題は、平和に対する意識の問題、戦争体験の有無の問題として語られる傾向が強かった。しかし貧困が広がる中、それだけでは足りないことが徐々に明らかになってきている。
 他の多くの国において「貧困と戦争」はセットで考えら《れ》ているテーマである。日本も遅ればせながら、憲法九条(戦争放棄)と二五条(生存権保障)をセットで考えるべき時期に来ている。衣食足るという人間としての基本的な体力・免疫力がすべての人に備わった社会は、戦争に対する免疫力も強い社会である。


ちなみに「喜八ログ」にも「9条と25条の連携」に関する次のようなエントリがあります(自己宣伝・・・)。

華氏925
(「喜八ログ」2008-06-08)


反貧困』に話を戻しますと、湯浅誠さんは『反貧困』の最後で力強く読者に語りかけています(224頁)。

 一つ一つ行動し、仲間を集め、場所をつくり、声を上げていこう。あっと驚くウルトラの近道はない。それぞれのやっていることをもう一歩進め、広げることだけが、反貧困の次の展望を可能にし、社会を強くする。貧困と戦争に強い社会を作ろう。今、私たちはその瀬戸際にいる。

ここで湯浅さんはとても分かりやすく簡潔に「活動」の指針を示してくれています。

  1. 一つ一つ行動する
  2. 仲間を集める
  3. 場所をつくる
  4. そうやって、声を上げていく

「なるほど、その通りにやればいいのね」という話です。
それで私(喜八)は湯浅さんの指針に素直に従って、第一段階「一つ一つ行動する」にいるところです。
でも、次のステップ「仲間を集める」、これがなかなか難しい。
なにしろ、私はコミュニケーション能力が低いし、湯浅さんや稲葉剛さん(「もやい」代表理事)の言葉を借りていえば「つながりの貧困」の当事者でありますから(汗)。

とはいえ。
湯浅誠さんの仰るように「あっと驚くウルトラの近道はない」のです。
まずは「顔見知り」「挨拶を交わす人」「おしゃべりをする人」「一緒に食事をする人・お酒を飲む人」を増やしていくことにします。
ボチボチと気長に。
これまでに、お玉さん・大木晴子さん・石橋行受上人・ヤスミン植月千春さん・凛さん・ヘンリーさん・『ビッグイシュー』販売者のMさんといった人たちとはどうにか「おしゃべりをする」間柄くらいにはなれたと思いますので、自分としては「まあ、よくやっているほう」でしょうね・・・。


最後にもう一度、湯浅誠さん講演会の告知をします。
2009年12月13日。
兵庫県神戸市北区内。
第4回 北区「9条のつどい」』(主催:『北神戸「9条の会」』)。
湯浅誠さんがゲスト・スピーカーとして登場します。
今回はとりあえず先行告知でありました。
詳細は追って報告しますので、乞う!ご期待!


もやい」へのカンパのお願いです。

特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい

生活困窮者を支援するNPO「自立生活サポートセンター・もやい」が、支援企業が米国金融危機の影響で倒産したため、資金難に陥っています。
そのため「もやい」は緊急カンパを募っています。
心ある方にぜひお願いします。
もやいのページを覗いてみてください。
そして、できる範囲でのカンパをお願いします(1円以上いくらでも受け付けているそうです)。

緊急カンパキャンペーンご協力のお願い
(2009-10-01)

あらためて緊急カンパキャンペーンに関するお礼とお知らせ
(2009-11-07)


『反貧困』湯浅誠

『反貧困』湯浅誠
反貧困湯浅誠、岩波新書(2008)

『反貧困』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


投稿者 kihachin : 2009年09月18日 12:00

« 脱・政治ブログ | メイン | 「I'm On My Way」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3359

このリストは、次のエントリーを参照しています: 湯浅誠さんの講演会(神戸):

» 策士・酒井法子 from Kirokuroの毒吐き空間
覚醒剤をやっちゃって逮捕された酒井法子がマスメディアを賑わせている。 単なる一芸能人の薬物事件でマスメディアがこれだけ大騒ぎするのには、あの「清純派」の酒井法子... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年09月18日 16:08

» いつまで他者に翻弄される政治が続くのか。 from 皇国の興廃、この一文にあり
民主党は、記者会見をフリーランス、週刊誌、スポーツ紙、ネットメディア、海外メディアを問わず誰でも入れるようになっていた。 対する自... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年09月18日 17:16

» 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年9月18日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞世論調査・他1{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・見出し集{/a... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年09月18日 17:36

» ケンカになったら元も子もない… from 雪裏の梅花
ここ数日の記事でこぼれ落ちた話題を今日はまとめて紹介します(^^) まず千葉景子法務大臣。鳩山首相との関係が今一つ不明だったのですが、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年09月18日 20:00

» 民主党政権がブラックマネーの回収へ乗り出した? from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 アイフル、私的整理で再建目指す 銀行に返済猶予を要請 (朝日新聞) について  皆さんは京都の指定暴力団である「会津子鉄 (会)」を知っていますか? 高山登... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年09月18日 20:08

» まずは一歩。しかし大きな意味のある一歩である(3) from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
 先月衆議院選挙の結果は、「自民・公明大敗。民主圧勝」という結果に終わりました。  100%完全な結果ではない。  まだまだ問題を抱... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年09月19日 18:46