【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 猫の写真(flickr) | メイン | 稲葉剛さん(「もやい」代表)情報 »


2009年10月12日

秋祭り

昨日(10-11)は東京都内某所で開かれた「秋祭り」に飛び入り参加してきました。

相変わらず遠慮しつつも結局は(かなり)ずうずうしいヤツではないか?
と二日酔い気味のアタマで自省する喜八です・・・(汗)。


以下5枚の写真撮影は喜八です。
写真はクリックすると大きくなります。

都内某所

秋祭り」会場付近の光景です。
画面右側にバンド練習をしている3人の青年の姿が小さく写っています。
彼らは、この何時間か後、飛び入り参加で生演奏を聴かせてくれました。
ありがとう!
と改めてお礼を申し上げますね。


寸胴鍋《ずんどうなべ》で野菜たっぷりのスープがつくられています。
画面中央下に写りこんでいる手は秋祭り主催者の1人・いちむらみさこさん(アーティスト、「女性と貧困ネットワーク」)です。
すみません(汗)、わざとらしく写真の構図に入れさせていただきました。
いちむらみさこさんとは今回初めてお目にかかり、少しだけお話もさせていただきました。
いちむらさんが「私たちの『女性と貧困ネットワーク』には『反』の字は入っていない。なぜなら貧困は悪いことなんかじゃないから」と仰っていたのに強い印象を受けました。


宴会光景です。
地面に大きなブルーシートを敷き、思い思いに座って飲み食いする。
宴《うたげ》の中で参加者たちの「一芸披露」が次々と繰り広げられる。
飛び入りでバンドの若者たちがライブ演奏を行なう。
曲とともに威勢のいい若い衆が踊りまくる。
という自由闊達《じゆうかったつ》なスタイルでした。
いや~、いいですね! こういうお祭りは! 最高です!
というわけで私(喜八)は調子にのって飲みすぎてしまい、今朝は久し振りに二日酔いとなりました。
自分はもしかしたら addict 気味なのかもしれない。今夜こそ飲むのは一休みしよう」と(アテにならない)決意を新たにしました・・・。

参加者の中に「どこかでお見かけした」男性がいたので話しかけてみると、先日(2009-10-03)「もやい」の「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京・飯田橋)で行なわれた「みほこんミニコンサート」でお目にかかった方でした。
あのとき「派遣ユニオン」の○○さんと一緒にお話した茶色いポロシャツの男性です(ここは○○さんのための描写)。
再会を喜び合いながら、飲食をともにさせていただきました。
やはり「この世界(どの世界?)」は狭いので、違う場所で同じ方に邂逅《かいこう》する可能性は高いのでしょうね。


炊事場です。
左側の大きなヤカンでお湯を沸かしています。
右側のフライパンは「中国風お焼き」。
現在たまたまおカネと縁薄い状態となっている人は無料。
払える人は1個100円です。
収益はお祭り主催者側にカンパされるそうです。
中国風お焼き」を焼いていた男性が非常に体格がいいので「あなたはきっとベンチプレスで150kgを挙げられるようになりますよ。専門家の指導を受ければ」と唆《そそのか》しました。
ちなみに以下は喜八の別サイトの記事です。
どうぞご参考までに(すみません、ロコツな自己宣伝です)。

ベンチプレスが強くなる
(「ウエイトトレーニングを楽しむ」)


猫のうらんちゃん(女の子)です。
うらんちゃんの「お母さん」・永瀬ユキさん(今回お祭りに誘ってくれました)・映像作家の山上千恵子さんと、ニャンコを囲んでしばし歓談している際に撮らせていただきました。
うらんちゃん、耳を後ろに引いた「警戒モード」ですね(笑)。
実はこのときは山上千恵子さんのお名前も映像作家だということも存じ上げませんでした。
後刻、山上千恵子さん・永瀬ユキさん・私の3人でおしゃべりさせていただき、そのとき初めて山上さんのお名前とご職業を知りました。
その山上千恵子監督作品『ディア・ターリ』が2009年10月31日(土)東京・早稲田の「パフスペース」で上映されます。

10月31日(土)16:00●『ディア・ターリ』(山上千恵子監督)
(「パフ★シネマ」2009-09-29)

山上千恵子さんには猫のうらんちゃんを介して知遇を得たという「ニャンコ系連帯(猫同士のような気ままでアッサリした連帯)」を勝手に感じますので、『ディア・ターリ』上映情報を広報させていただきます。
なお、山上千恵子さんは「女性と貧困ネットワーク」でも活動されているそうです。
貧困は悪いことじゃないから『反』が入っていない」『女性と貧困ネットワーク』。
とてもいいですね。
今後も遠慮がちに周辺的に応援させていただきたいと思います。


「秋祭り」主催者・参加者の皆様・お誘いしてくれた永瀬ユキさんに改めてお礼を申し上げます。
おかげで楽しいひと時を過ごすことができました。
ありがとうございました。


本の広告

『Dear キクチさん、ブルーテント村とチョコレート』
Dear キクチさん、ブルーテント村とチョコレート
いちむらみさこ、キョートット出版(2006)


関連ページ

投稿者 kihachin : 2009年10月12日 12:00

« 猫の写真(flickr) | メイン | 稲葉剛さん(「もやい」代表)情報 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3417

このリストは、次のエントリーを参照しています: 秋祭り:

» オバマ大統領のノーベル平和賞の意味するもの from 逝きし世の面影
2009年のノーベル平和賞を、バラク・オバマ米大統領に授与すると発表。 ノーベル賞委員会は授賞理由として、外交と人びとの協調を押し進めたオバマ大統領の努力を挙... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月13日 08:34