【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「在特会・秋葉原デモ」動画 | メイン | 『目立つ力』勝間和代(その1) »


2009年10月01日

『ビッグイシュー』で学んだこと(3)

ビッグイシュー日本版
ビッグイシュー日本版


「ホームレス状態にある人」を支援する雑誌『ビッグイシュー日本版』に関するエントリ第3回です。


念のために解説させていただきます(すでに『ビッグイシュー』をご存知の方はパスされてください)。
ビッグイシュー』は「ホームレス状態にある人」を支援する雑誌です。
主に路上で直接販売されています(5冊以上であれば「送付販売」も可能です。→「バックナンバー購読」)。
1冊の定価は300円です。
そのうち160円が販売者さんの収入となります。
「ホームレス状態にある人」が『ビッグイシュー』販売により現金収入を得て「野宿」から脱する。
そういう目的をもった社会事業です。


細かい「おカネ」の話から始めます。

ビッグイシュー日本版』を、街角で販売者さんから購入すると、雑誌が透明な袋に入れられている場合があります。
じつはこれ各販売者さんの「自前」なんですね。
会社から透明袋を支給されているわけではなくて、販売者さんが自腹を切って顧客サービスをしているのです。
この透明袋は1枚5円が相場だそうです。
最初に解説したように『ビッグイシュー』の定価は300円で、そのうち160円が販売者さんの収入です。
だから「透明袋1枚5円」は大きいんですよ!

というわけですから・・・。
ビッグイシュー日本版』を購入したときは「袋はいらないよ~。家に持って帰ってもゴミが増えるだけだしね」と、その場で袋を返す。
これが「粋《いき》で優美な『ビッグイシュー』購入術」というやつであります。
おそらくはインテリジェントで(精神的に)高貴であろう『ビッグイシュー』&「喜八ログ」読者の皆様には「袋はいらない」戦略をお勧めします。

ときに販売者の方から写真入りの名刺を頂くことがあります。
これは各人が「ビッグイシュー」社に紙代の実費(?)を出して作製してもらったものである可能性が高いのです。
その場合「名刺1枚4円」です。
名刺を頂いたときに、まさか「いらないよ~」というわけにはいきません。
謹《つつし》んで頂戴します。
でも、雑誌1冊売って収入160円のビジネスで「名刺1枚4円」の顧客サービスコストは大きいですね。
私(喜八)はおカネに関してはかなり細かい男ですから、この「4円」がとっても気になります。
そこで、その販売者さんがバックナンバーを持っているときは(そういう人が多い)、ストックを見せてもらって、面白そうな号を購入することにしています。
顧客である私が率先して顧客単価を高める努力をしているわけです。
そうやって「名刺1枚4円」コストの比重を低減するのです。
これもまた粋でしょう?(笑)

以上は「透明袋1枚5円」と「名刺1枚4円」の話でした。


おカネの話を続けます。

「これ(『ビッグイシュー』販売)をやってカネを貯めるのは大変だよ!」

複数の販売者さんから直接聞いた言葉です。
私(喜八)はときどき「ホームレス状態の人」に間違われるタイプですから、上の証言をされた販売者さんたちは私のことを「後輩(販売志望者)」とみて、親切に助言を送ってくれたのかもしれません(多分そうだと思います)。
ありがとうございます。
皆様のアドバイスに心よりのお礼を申し上げます。

実際、昨年来の不景気のため、『ビッグイシュー』の売れ行きが翳《かげ》っていると聞きます。
反面、販売員の数は増えている。
東京都内でも有数の大きな駅周辺だと「200メートルの間に3人いる」ところもあるそうです。
以前、佐野章二「ビッグイシュー日本」代表が雨宮処凛さん(小説家)との対談の中で「若い人と女性は(販売員として)雇わない」と仰っていたと記憶していますが・・・。
現在は20~30代男性の販売者さんが増加しています。
また、山手線某駅前に女性販売者が出現したという話を、複数の男性販売者から聞きました。
ちなみに、知り合いの30代男性販売者さんから聞いたところでは「若い人のほうが売れない」傾向があるそうです。
やはり、ある程度以上の年配の人のほうが売れる」のだとか。

別の70代男性販売者さんによると「『派遣切り』の横行以来、常連さんの数が激減した」とのことです。
また、同じ方の証言では「見るからに『一流企業勤務』という感じの、高そうな背広を着たサラリーマンはまず『ビッグイシュー』を買わない」そうです。
そこから「派遣労働者のほうが正社員より親切」といった強引な結論を出そうとは思いませんが・・・。
いずれにせよ、『ビッグイシュー』を購入する人の数は減って、販売者(希望者)さんの数は増えている。
小さくなったパイを皆で分けている、厳しい状態なのです。


稲葉剛さん「自立生活サポートセンター・もやい」代表理事)は次のように言いました。

「『ビッグイシュー』が日本に根付くかどうか? 『ビッグイシュー』は日本社会の『リトマス試験紙』だと思っている」

稲葉剛さん講演会(写真入り報告)
(「喜八ログ」2009-08-09)

ビッグイシュー』が日本に根付くかどうか?
不況の影響もあって、道はまだまだ困難であるかもしれませんね。
私(喜八)は基本的に悲観論者なので・・・。
でも、どうにか道は拓けるはずと信じたい。
というわけで『ビッグイシュー日本版』の社会的認知度を高めるためのプロモーションも(勝手に)シツコク行なっています。
ビッグイシュー日本版』の名を世に広め、全体の売上高、すなわち「パイ」を大きくしたい。
これが私のお節介かつ切なる願いです。
でもまあ、今の「喜八ログ」の力では、まさに「蟷螂の斧《とうろうのおの》」ではありますけれどね。
だからこそ「ブログの影響力」を高めたい。
勝間勝代戦略」も取り入れて、「喜八ログ」をパワーアップさせていくぞ!
なんて、淡々と闘志を燃やしたりしております。

(※「『ビッグイシュー』で学んだこと(4)」に続きます・・・)


ビッグイシュー日本版」に関する「喜八ログ」アーカイブです。


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


投稿者 kihachin : 2009年10月01日 12:00

« 「在特会・秋葉原デモ」動画 | メイン | 『目立つ力』勝間和代(その1) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3389

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『ビッグイシュー』で学んだこと(3):

» 【意見をあげよう!】鳩山内閣メールマガジン創刊準備号10/1発行! from 散策
鳩山内閣メールマガジン創刊準備号が届きました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月01日 22:44

» 原告団が132人に!豊洲土壌サンプル廃棄差し止め訴訟・一方、東洋経済の豊洲移転「宣戦布告」記事 from Like a rolling bean (new) 出来事録
築地市場移転反対の請願署名(引き続き実施しています)に続き、イシハラ都知事が被告となる、東京都の証拠隠滅に対しての消費者の提訴のこともこの1ヶ月半書いています。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月02日 00:25

» ビッグイシューの表紙に、勝間和代さんを取り上げてほしい。 from 鉄人28号 白昼の残月 応援ブログ BF団極東支部 日本橋出張所
ビッグイシュー日本版をご存知でしょうか。ビッグイシュー突破する人びとホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業とのことですが、は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年03月07日 13:43