【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『ハウジングプア』稲葉剛(その3) | メイン | 稲葉剛さん「3つのお知らせ」 »


2009年10月27日

シンポジウム「派遣切り被害を告発する」

2009年10月24日(土)、東京渋谷で開催された「派遣ユニオン」シンポジウム「派遣切り被害を告発する」に参加してきました。

関根秀一郎さん
関根秀一郎「派遣ユニオン」書記長


10月24日、渋谷区立勤労福祉会館で行なわれた「派遣ユニオン 第5回定期大会」と「記念シンポジウム 派遣切り被害を告発する」は熱気溢れる盛会でした。
が、それを紹介する「喜八ログ」記事の写真は「派遣ユニオン」書記長・関根秀一郎さんのもの1枚だけ。
読者の皆様からは「なんと(喜八は)手際が悪いのか!」と呆れられるかもしれませんね。
でも、そこにはちゃんとした理由があります。

派遣ユニオン」メンバーの中には、会社側と裁判で争っている人たち、団体交渉中の人たち、また「派遣切り」被害に遭い職と住まいを同時に失なった方もいます。
だから、ブログでむやみに写真を公開するわけにはいかないのです。
これまでも「派遣ユニオン お花見の会」や「派遣法抜本改正を求める2009/05/14日比谷集会」の記事を「喜八ログ」に上げてきましたが、両記事を合わせても顔が出ている「派遣ユニオン」関係者は関根秀一郎書記長だけです(もちろん、関根さんには撮影と公開の許可を頂いています)。

というわけで、もとより無神経でガサツオヤジの私(喜八)ではありますが、それなりに慎重かつ繊細であろうと努力しているわけですね。
なお「派遣ユニオン」だけでなく「ビッグイシュー」や「もやい」、最近では「ノラ」など色々な団体に属する方々の写真も折々撮らせてもらっています。
けれども基本的にはそれらの人たちの写真を「喜八ログ」で公開することはありません。
写真用紙に印刷したりCD-ROMに焼いたりして(自分としては)結構マメに本人に手渡すようにしています。


前置きが長くなりました(汗)。
派遣ユニオンシンポジウム 派遣切り被害を告発する」に参加して、自分なりに印象が強かったことをメモしておきます。

派遣ユニオン」シンポジウムのパネリストは4人。
実際に派遣切りに遭った、もしくは派遣切りの危機に晒《さら》されている人たちです(会社やユニオンの名前を出していいかどうか分からないので、固有名詞の記述は控えておきます)。

  1. 事務派遣
  2. 国際電話オペレータ
  3. 外国航空会社の客室乗務員
  4. 製造派遣

シンポジウムを聞き終わっての総体的な感想を述べます。
登録型派遣は、やはり禁止されるべき」
「不安定な状況で働かざるを得ない人たちを大量に生み出してどうするの? それで日本の将来は安泰なの?(なわけないだろ!)」
現在「登録型派遣」については賛否両論あり双方が激しく対立していますが、私(喜八)は明確に「『登録型派遣』に反対!」の立場です。
全てのリスクが労働者に負わされる「登録型派遣」は原則禁止しよう。
そして使い捨て雇用をなくしていこう。
そう主張する側に立つこと、戦いも辞さないことを宣言しておきます。


派遣ユニオン」シンポジウム・パネリストの中に大手派遣会社で「派遣の手配」業務をした経験がある方の話が非常に印象的でした。
この方によると、ずばり「派遣は40過ぎると仕事が急激に減る」そうです。
特に女性の場合「決定的になくなる」。
派遣会社に登録していても、ほとんど仕事をまわしてもらえなくなるので、実質的に「失業状態」となってしまう。
これは何故そうなるかというと、まず第一に日本的な悪しき風習というべき「女の子は若くて可愛い子」を求める企業側・経営者側の歪んだ意識があるからではないかと。

法律的には雇用会社から年齢制限をすることは許されていません。
それは明白な「違法行為」です。
が、現実には「この仕事は28歳までの子」「これは32歳まで」という風に雇用会社側から細かい指定が入る(違法行為です)。
とはいえ派遣会社のほうもクライアントの要望を聞くしかない。
でないと他の派遣会社に「お客」を取られてしまうからです。

かくして「女の子は若くて可愛い子」を求める悪弊《あくへい》は改められることもなく蔓延《はびこ》り続ける。
かたや「非常に仕事ができる経験豊富な40代女性」がいて、もう一方に「仕事はあまりできないけれど若くて可愛い女の子」がいたなら、大抵の日本企業は後者を採用する。
「派遣の手配」業務の経験があるパネリストの方によると「40歳以上の女性が事務派遣で働こうと思ったら、よほどずば抜けた能力・経験・資格がないと難しい」そうです。

日本では40歳以上の女性、特に非正規雇用の女性があまりに冷遇されています。
非常に有能な女性たちが冷遇されているばかりでなく、邪魔者扱いされ、排除されているのです。
それも膨大な人数が・・・。
このあまりに馬鹿げた悪弊による総損失は莫大なものになるはず、と思うと溜め息がでます。


さらに知り合いの女性たちから話を伺っていると、とんでもない「セクハラ」や「パワハラ」の事例を耳にしたりもします。
先日、ある女性から「よほどエゲツナイことでもされなければ、職場の女性たちは特に文句もいわない」ような状況も聞きました。
男性のハシクレの1人として、思わず頭を抱え込み暗澹《あんたん》としてしまいそうですが・・・。
そんなことをしていても状況が変わることはありませんね。
今後は、単にブログを書くだけでなくて、具体的な支援を行なうことにします。
ただ先にも書きましたように、私(喜八)自身無神経でガサツさらに煩悩多き男性でありますから、自分なりに慎重かつ繊細を心がけながらやっていきたいと思っています。


ところで、シンポジウム終了後は渋谷駅近くの某居酒屋で懇談会(飲み会)がありました。
私(喜八)はユニオンのメンバーでもないのにずうずうしく(汗)参加させていただきました。
お陰で多くの方と話ができて、大変に楽しく有意義なひと時を過ごすことができました。
ありがとうございました。
今後も、しつこくシブトクしたたかに(3S戦略)、「派遣ユニオン」の戦いを支援させていただきますので、よろしくお願いします。


最後に「派遣ユニオン」への寄付・カンパのお願いです。

派遣ユニオンを応援ください!
(「派遣ユニオン ブログ」2009-06-28)

派遣ユニオン

派遣ユニオンとは
(「派遣ユニオン ブログ」2008-08-24)

「派遣ユニオン」は派遣スタッフやパート、契約社員など非正規雇用で働く仲間を中心に、あらゆる雇用形態で働く仲間が加入する労働組合です。一人でも誰でも加入できます。

当ブログの「派遣ユニオン」関連エントリ


『派遣の逆襲』関根秀一郎

『派遣の逆襲』関根秀一郎
派遣の逆襲』関根秀一郎

(『派遣の逆襲』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2009年10月27日 20:00

« 『ハウジングプア』稲葉剛(その3) | メイン | 稲葉剛さん「3つのお知らせ」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3456

このリストは、次のエントリーを参照しています: シンポジウム「派遣切り被害を告発する」:

» 安重根義士死去100年 韓国と中国・ハルビンで記念式典 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 暗殺から100年 韓国で記念行事、安重根しのび市民1200人 - 毎日jp について  ハングルが読めない人のために和訳すると,「安重根 (안... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月27日 22:50

» 産経が言えるような言葉かな? from 雑感
  「どうも新政権に都合の良い、PRめいた統計のような感じもする。」 産経の口からこのような言葉を聞くとは思わなかった。 産経が今までは、 「どうも自民党に都合... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月28日 15:22

» 非保守政党 自民の末期的症状 from 桔梗電信網
「或る浪人の日記」から知りましたが、自民党は国会が開いたら『焚書坑儒法案』こと『児童ポルノ改正法案』をいの一番に通すそうです。 自民、児童ポルノ改正案再提出へ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月29日 05:02

» 新しい社会統合機構の中核=将来の統合サイトの姿は? 1 from 日本を守るのに右も左もない
2009年9月28日の記事「特権階級支配を撥ね返した大衆の共認闘争の勝利」で、以下のように書いた。 マスコミの屁理屈は「思想・表現の自由」だが、「思想・表現の自... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月29日 22:48

» 新しい社会統合機構の中核=将来の統合サイトの姿は? 2 from 日本を守るのに右も左もない
では、認識闘争の場⇒統合サイトはどのようなものになるか? 「超国家・超市場論15」では、質の高い認識形成サイトが認識闘争と評価共認を経て、中央集権的(ピラミッ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月29日 22:54

» 報道も… from のり市民の世界観
政権の媚び諂う連中出てきましたね… お笑い?1と言われていて映画監督の人の世渡りには私は舌を巻いたな(笑) その映画が評価されるのだから人... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月30日 13:46

» 「生活が第一」が求めるのは政治家の価値の転換! from どなんとぅ ぬ だぁ
結論を先に持ってきます。「反原発」・「反基地」というのは生きるための価値を何に求 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月10日 13:26