【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「Twitter(ツイッター)」 | メイン | 増山麗奈・展覧会とシンポジウム(早稲田) »


2009年10月15日

「派遣法改正 まったなし 10.29日比谷大集会」

派遣ユニオン ブログ」から「派遣法改正 まったなし 2009.10.29日比谷大集会」のお知らせを転載します(ポスター画像はクリックすると大きくなります)。


★転載開始★

派遣法改正 まったなし 10.29日比谷大集会へ

労働者のための派遣法抜本改正を実現させよう!

2009年10月29日(木)、労働者派遣法の抜本改正をめざす共同行動の主催により、日比谷野音にて「派遣法改正待ったなし!10.29日比谷大集会」が開催されます。多くの方々の参加をお願いいたします。

日時:2009年10月29日 18:30集会 19:45デモ
場所:日比谷公園野外音楽堂

連絡先:労働者派遣法の抜本改正をめざす共同行動
事務局:〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13MKビル2F
     ℡03-5371-5202.FAX03-5371-5172.
     全国ユニオン気付

★転載終了★


以前「喜八ログ」で「派遣ユニオン」について書いた文章を以下に再掲載します。


★再掲開始★

この頃つくづく思うのですが・・・。
派遣ユニオン」の戦い方というのは徹頭徹尾「法律を守れ!」これだけなんですね。
「派遣ユニオン」は「反権力」でも「反政府」でもないし、ましてや「革命勢力」なんかでは(全然)ない。
おそらく言葉の本当の意味では「左翼」と決め付けることも難しいのではないかと思います(実際にメンバーには自分が「サヨク」だなんて思っていない人が多いみたいです)。

  • 法律を守れ
  • 秩序を守れ
  • 職場を守れ
  • 生活を守れ
  • 名誉と尊厳を守れ
  • 命を守れ
  • 社会を守れ

私(喜八)の見るところでは、これが「派遣ユニオン」の基本的な主張です。
こういう方向性をもった人たちって・・・。
ある意味「ホンモノの保守勢力」ではないでしょうか?
人間の生活と命を保《たも》ち守《まも》れと主張し、身体を張って戦われているのですから。

★再掲終了★


派遣ユニオン」への寄付・カンパのお願いです。

派遣ユニオンを応援ください!
(「派遣ユニオン ブログ」2009-06-28)

派遣ユニオン

派遣ユニオンとは
(「派遣ユニオン ブログ」2008-08-24)

「派遣ユニオン」は派遣スタッフやパート、契約社員など非正規雇用で働く仲間を中心に、あらゆる雇用形態で働く仲間が加入する労働組合です。一人でも誰でも加入できます。

当ブログの「派遣ユニオン」関連エントリ


『派遣の逆襲』関根秀一郎

『派遣の逆襲』関根秀一郎
派遣の逆襲』関根秀一郎

(『派遣の逆襲』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2009年10月15日 12:00

« 「Twitter(ツイッター)」 | メイン | 増山麗奈・展覧会とシンポジウム(早稲田) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3424

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「派遣法改正 まったなし 10.29日比谷大集会」:

» 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年10月15日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治の見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・議員の特権・ハブ空港物... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月15日 19:05

» 民主党政権に感じる杞憂 from ひげログ人
最近、細々とした本業が忙しくなって、ブログの更新が出来なくなっていた。 本日、午 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月15日 19:25

» 田辺真由美 『ムコ★ムコ』 (集英社 「you」 連載中) その17 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 最近,以前ブログで取り上げた,もんでんあきこ さんの「女衒(ぜげん)夜話・波の徒花」 (集英社「you」17号 別冊付録) を検索する人が多くて驚いています... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月15日 21:28

» ETV特集「死刑囚・永山則夫−獄中28年間の対話」■永山則夫を... from 映画と出会う・世界が変わる
新藤兼人の「裸の十九歳」は、おそらく私がこれまで見て来た中でのベストテンの中に入る作品である。主人公は永山則夫。彼の最初の著作「無知の涙」もまた、私にはインパク... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月16日 07:53