【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『ビッグイシュー』で学んだこと(3) | メイン | 猿のチャーリー君 »


2009年10月02日

『目立つ力』勝間和代(その1)

『目立つ力』勝間和代、小学館新書
目立つ力』勝間和代、小学館新書(2009)

(※『目立つ力』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


勝間和代さん(経済評論家・公認会計士)の新刊『目立つ力 インターネットで人生を変える方法』小学館新書(2009)が昨日(10-01)発売されました。
その読書感想文エントリです。


まず『目立つ力』の冒頭部分を紹介させていただきます(同書3頁)。

 この本は、インターネット・メディアを活用して「目立つこと」を通じて、いかに人生を変えていくかを著した本です。具体的にはブログや Twitter(ツイッター)などのミニブログ、mixi(ミクシィ)などのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、YouTube(ユーチューブ)や @nifty 動画などの動画共有サイトを活用することで、自分を表現し、自分の思考をまとめ、それに数千人、あるいは数万人単位の耳目を集め、結果として、自分の達成したい戦略目標に対してリソース、つまり材料や方法論が集まり、仲間が集まり、人生を豊かにしていく方法について、著したものです。
 すなわち、インターネット・メディアで人生の自由度を上げ、人生を豊かな方向に変える方法論です。
 私《勝間和代》は、このようなインターネット・メディア活用の力を「目立つ力」と表現しました。

引用文中 《 》 に挟まれた部分は喜八による補足です。
また、読者の便宜のため、いくつかの固有名詞にハイパーリンクを張らせていただきました。

この冒頭部分に著者・勝間和代の「主張したいこと」が過不足なく明確に示されています。

だから、これを読んで「おっ! 面白い!(興味深い・役に立ちそう)」という方は「777円」也を出して『目立つ力』を購入し、続きを読めばいいのです。
逆に「つまらない(興味なし・自分の役にはたたない)」という方は「スルー」されればいい。
と、こういう簡単な仕組みになっています。


で、私(喜八)は即購入し、バリバリと読み進み、第一回目は読了しました。
たまたま偶然ですが、勝間和代目立つ力』の刊行は、私にとって「渡りに船」的に絶好のタイミングだったのです。

というのは、自分のインターネットサイト(「喜八ログ(当ブログ)」と「ウエイトトレーニングを楽しむ」)の「訪問人数」を増加させることを、しばらく前から真剣に考慮していたからです。

「喜八ログ」と「ウエイトトレーニングを楽しむ」をメインコンテンツとする独自ドメイン「kihachin.net」の1日あたり訪問人数(ユニーク・ユーザー)はほぼ4千台です。
ちなみに昨日は「4465」でした。
土日休日になると少し落ちて4千前後になります。

「これを1万台に乗せてやろう」。
という思いが抑えきれなくなり・・・(というのは大袈裟ではありますが)。
「コンスタンスに1万を超える」ことを目標として「kihachin.net」のテコ入れを図ることにしました。

そのためには、とにもかくにも「戦略・戦術」を検討しなおさなければなりません。
というか従来までは「戦略・戦術なし。その場の思いつきのみ」だったわけですけれど・・・(汗)。

それで思い立ちました。
勝間和代さんから「戦略・戦術」をパクッてしまおう!
ついでに(ユニーク・ユーザーで)勝間さんに追いつけ追い越せ」作戦を展開しよう!と。
以下の喜八ログ・エントリは、その決意表明(のつもり)です。

ブログ戦略は勝間和代氏に学べ!
(「喜八ログ」2009-09-29)

当面の目標は、
2010年03月末日までに kihachin.net の1日あたりユニーク・ユーザー1万台乗せを果たすぞ!
です。


話を勝間和代さんと『目立つ力』に戻します。
(すみません、自分のことばかり書いて・・・汗)

勝間さんという人は毀誉褒貶《きよほうへん》の激しい方のようで、各方面から激烈と言ってもいい批判を浴び続けているわけですが・・・。
「アンチ勝間」の人たちこそが虚心坦懐に「勝間和代式インターネット戦略」を学び、「自家薬籠中の物」として、もって「勝間越え」を果たす!
これがスマートなやり方ではなかろうか、と常々思っています。

私(喜八)は別に「アンチ勝間」でもなんでもなくて、どちらかといえば「カツマー(※)」に近いわけですけれど、淡々と「青は藍より出でて藍より青し」作戦を展開することにします(と大きくでてみました)。

(※カツマー=勝間和代さんの熱心なファン)


さて『目立つ力』の話題はまだまだ続きます。

けれども『目立つ力』の「面白いブログ・コンテンツを書くための20のルール」の「ルール1」の解説にもあるように(『目立つ力』146-147頁)「ブログで大事なことは、まずは、短く書くことです」。
この勝間和代先生の教えを(今回ばかりは)忠実に守ることして、続きは明日以降にアップロードします。

とてもタメになる実用書『目立つ力』を著《あらわし》してくれた勝間和代さんには率直に「ありがとう!」と伝えたいと思います。
そして「喜八ログ」のつたない記事を読んでくださる読者の皆様には、心よりのお礼を申し上げます

(※「『目立つ力』勝間和代(その2)」に続きます)


(※『目立つ力』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2009年10月02日 12:00

« 『ビッグイシュー』で学んだこと(3) | メイン | 猿のチャーリー君 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3391

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『目立つ力』勝間和代(その1):

» 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年10月2日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ワクチンと猿人{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ポニョの浦{/arro... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月02日 16:51

» 田辺真由美 『ムコ★ムコ』 (集英社 「you」 連載中) その16 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 いつものレディースコミックの話なんですけど,今日も「you」を買うと真っ先に読むギャグマンガの,「ムコ★ムコ」 のお話の続きです(爆)  マタミ (田辺真... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月02日 21:22

» 政治活動費で、キャパクラ飲食 民主党5議員政治団体 from ひげログ人
このところ忙しく、朝刊を読まず仕事をしていた。 ちょっと、時間が過ぎたが、9月3 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月02日 21:31

» 東京、2016落選! おめでとうございます、南米大陸初開催のリオデジャネイロ! from Like a rolling bean (new) 出来事録
まずは速報です。 この招致活動に直接的・間接的にかけられた血税(予算流用も含めてです)の全容の情報公開、招致とセットになった都市乱開発の有様を、少しずつ明... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月03日 02:47