【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 中川昭一元大臣のご逝去を悼みます | メイン | 低気圧とメンタルヘルス »


2009年10月05日

「みほこん」コンサート(もやい)

一昨日(2009-10-03)「もやい」の「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京・飯田橋)で行なわれた「みほこん」こと大原未歩子さんのミニコンサートに行ってきました。


以下、3枚の写真撮影は喜八です(クリックすると大きくなります)。
写真撮影とブログへの掲載は「みほこん」さんの了承を得ています。

「みほこん」大原未歩子さん

大原未歩子さんはヴァイオリンを弾きながら歌うという演奏スタイルをとられています。
音楽にはまったくのドシロウトの私(喜八)ですが、これが超絶的に難しいことは分かります。
みほこん」さんはごく自然に「ヴァイオリン演奏&歌唱」を実践されていますから、聴いているほうはつい「当たり前」感覚になってしまうかもしれません。
でも、実際には「離れ業《はなれわざ》」に近い凄いことですよね。

以下は当日演奏された曲目の一部です。

  1. おいで!もやいへ
  2. 路上のおっちゃんに贈るバレンタイン
  3. 派遣切りキリキリマイ
  4. 幸せのカタチ
  5. あざみの花
  6. 山にかえれば

ほかにも多くの曲が演奏されましたが、ボンクラ者の私はただただ「う~む」と感心しながら聴いていたので、おおかたの曲名を忘れてしまいました(汗)。

蛙型のギロ

みほこん」さんのライブはお客さんにも参加してもらうやり方です。
上の写真は蛙の形をした「ギロ」です。
木製の蛙の背中にあるギザギザを棒でこすると「ケロケロ」と音がでます。
そのほか「蝉笛《せみぶえ》」「太鼓(ジャンベ型)」「バードコール」「マラカス(果物や蛙の形)」なども用意され、演奏に聴衆が一緒に参加しました。

ヴァイオリン演奏を間近で聴くのは本当に久し振りで、「やはりヴァイオリンの音色はいいなあ」と素朴な感想を抱いた私(喜八)でありました。
大原未歩子(みほこん)さん、素敵なライブをありがとうございました。


みほこん」ミニコンサートには「派遣ユニオン」メンバーの○○さん(うら若き女性)と一緒に行きました。
○○さんは結婚されていて、優しい素敵な旦那様がいます。
それで「万が一にも他の人から誤解されて、ご迷惑をおかけしてはいけない!」なんて杞憂《きゆう》から、「○○さんと私(喜八)はフツーの友だちであります」といったことを他の方たちに積極的に申告するようにしています。
でも「最初っから、友だち(関係)にしか見えないよ」「誤解の余地なし」なんて冷たく言われるのが常です。
まあ、それはそれで一安心なわけです(笑)。

今回○○さんを「サロン・ド・カフェ こもれび」「みほこん」ライブにお誘いしたのは、私なりに深謀遠慮(?)がありました。
派遣ユニオン」の○○さんと「もやい」の特に若い人たちのあいだに「接点」をつくってしまおう、と目論《もくろ》んだのです。
「人脈を広げる」とか、そういう大層なことではなしに、とにかく「顔見知り」を少しずつ増やしましょう、という発想です。
それで別の機会に顔を合わせたときに「やあ、ひさしぶり」と声を掛け合うことができるように「とっかかり」をつくる。
そんな深謀遠慮というか、まどろっこしいやり方が「喜八式」なのですね。
なにはともあれ、何人かの「もやい」メンバーの方々に○○さんを紹介することができたので、自分なりの目標は達成できたと思っています。


派遣ユニオン」の組合員でもなく「もやい」のボランティアスタッフでもなく、私(喜八)は周辺的・ヤジウマ的に、これらの団体と関わっています。
そんな自分から見ても「派遣ユニオン」と「もやい」の活動には重なり合う部分が少なくありません。
ワーキングプア・ハウジングプア(住まいの貧困)・若者の貧困・子供の貧困・シングルマザー・生きづらさ・メンタルヘルスなどなど。
さらに、あくまで個人的な印象なのですが、「もやい」と「派遣ユニオン」では「空気」が似ていると感じるのです。
人が集まったとき、その集団特有の「空気」というか、ある種の「文化」といったものが醸成(じょうせい)されます。
労働組合の「派遣ユニオン」と生存組合的な「もやい」では当然その性格は異なるのですが、私から見る限りでは「空気」あるいは「文化」に似ている部分も多い・・・ように思える。

もやい」事務局長・湯浅誠さんと「派遣ユニオン」書記長・関根秀一郎さんのあいだには太いパイプがありそうです。
この両者に棗一郎さん(日本労働弁護団)と東海林智さん(ジャーナリスト)を加えた4人が「2008-2009年・東京日比谷公園・年越し派遣村」の創立メンバーですから。
次の写真は関根秀一郎さん(「派遣ユニオン」書記長)です。
写真撮影とブログへの掲載は関根さん本人の了承を得ています(2009年05月撮影)。

関根秀一郎さん
関根秀一郎「派遣ユニオン」書記長

おそらく「もやい」と「派遣ユニオン」には個々人間のつながりが既にいくつも存在するのでしょう。
が、そこにまた「接点」を追加するのは、けっして悪いことではない。
そうやって、個々のメンバーがゆる~く、それこそ最初は「顔見知り」としてつながっていったら面白いことになるかも?
なんて思ったわけです。
まあ、こんなのは完全に「お節介」なんですけれどね(汗)。


ところで10月03日の夜には、大木晴子さんたちと、共通の友人である『ビッグイシュー』販売員さんを励ます会を開きました。
平たく言えば、新宿の某焼き鳥屋さん(大木さんの馴染みの素敵なお店)で生ビールを飲んだのでした。
Mさんは少々事情があって『ビッグイシュー』販売をしばらく休まれています。
それで「励ます会」の実行となったわけです。
平和活動・市民活動の分野で大木晴子さんは有名人です。
私(喜八)は別の知人たちから「えっ! 喜八氏はあの大木さんを知っているの? ちょっとだけ見直した」なんて言われることも多いのです。
その大木晴子さんと知り合うきっかけを作ってくれたのが、『ビッグイシュー』販売者のMさんなのです。
つまり、Mさんは私にとって「人間関係を広げてくれた恩人」なのですね。
これに関しては、また別の機会にブログ記事とすることとします(以前も同じことを言ったような?)。
というわけで、本日はこの辺で終わりにしたいと思います・・・。


もやい」へのカンパのお願いです。

特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい

生活困窮者を支援するNPO「自立生活サポートセンター・もやい」は慢性的な資金難です。
そのため「もやい」はカンパを募《つの》っています。
ぜひ「もやいのページ」を覗いてみてください。
そして、できましたらカンパをお願いします(1円以上いくらでも受け付けています)。

緊急カンパキャンペーンご協力のお願い
(2009-10-01)

あらためて緊急カンパキャンペーンに関するお礼とお知らせ
(2009-11-07)

当ブログの「もやい」関連エントリ


関連サイト


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


投稿者 kihachin : 2009年10月05日 12:00

« 中川昭一元大臣のご逝去を悼みます | メイン | 低気圧とメンタルヘルス »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3400

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「みほこん」コンサート(もやい):

»  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年10月5日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ JNN世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ G7?G4 と日本... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月05日 19:35

» 祝!植草さん帰還!お約束したTBも成功し、植草さんがご不在中に皆で心を一つにし闘いぬいた事をお知らせすることが出来ました from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 雑談日記で設定したカウントダウンが0日になった昨日10月4日に拘留地より帰還されたことを、植草さん自身が報告されています。  土曜には、今迄の日にち表示がなく... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月06日 00:07