【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 2009年11月08日のつぶやき(Twitter) | メイン | 2009年11月09日のつぶやき(Twitter) »


2009年11月09日

国際オペレータ通話を存続させよう!(1)

2009年11月05日、参議院議員会館で行なわれた「(KDDIの)国際オペレータ通話の存続を求める院内集会」に参加してきました。
その報告エントリです。


ところで「国際オペレータ通話ってなんだ?」と仰る方も多いかもしれませんね(私も最近までそうでした)。
そういう方は、お手数で恐れ入りますが、「KDDI」の以下のページをご参照ください。

国際オペレータ通話 | KDDI 国際電話は001

KDDIのオペレータが230以上の地域へ通話をおつなぎするサービスです。
全国どこからでも局番なしの0051でご利用いただけます。
「国際オペレータ通話」は、2010年03月31日にサービスの提供を終了します


以下、5枚の写真撮影は喜八です。
写真はクリックすると大きくなります。

国際オペレータ通話の存続を求める院内集会

向かって右側の起立している男性は「派遣ユニオン」書記長・関根秀一郎さん、その隣りの女性が「全国ユニオン」会長・鴨桃代さん、中央が元「連合」会長・笹森清さん、そして「社民党」副幹事長・保坂展人さん、一番左端が「サービス連合」の後藤事務局長です。

先にも書きましたように、来年(2010)03月31日で「KDDI」は国際オペレータ業務を廃止すると公表しています。
しかし、国際オペレータ通話がないのは、アフガニスタン・イラク・アフリカ諸国のような、政情不安定な国々だけだそうです。
いわゆる「先進国」と呼ばれる、たとえば「G8」参加諸国で国際オペレータを廃止した国はありません。

緊急時に世界の230ヵ国と日本の電話を24時間つなぐことができる国際オペレータがいるのは、日本では「KDDI」1社だけです。
つまり「KDDI」が国際オペレータ業務を廃止したら、日本には国際オペレータがいなくなってしまうのです。

そんなことになったら、大混乱が生じ多くの人が困ることになるのは間違いありません。
そして日本は「先進国では唯一国際オペレータがいない国」となってしまい、世界中の関係者から呆れられることになるでしょう。

国際オペレータの歴史は長く、各国のオペレータたちは任務を通じた強い信頼関係を築いてきました。
「言語援助」「接続援助」などの助け合いを日々行ない、国境を越えた人と人とのつながりを保守しているのが世界各国の国際オペレータたちなのです。
もし「KDDI」が国際オペレータ業務を廃止したら、そうした歴史のあるネットワークから日本が外れてしまうことになるのです。

それでは何故そのような事態に至ったのか?
端的に言えば「小泉・竹中構造改革の負の遺産」です。
自民党をぶっ壊す」と豪語し、実際に自民党を壊滅状態においやった小泉純一郎元首相と「改革の司令塔」であった竹中平蔵元大臣。
小泉・竹中政権の「行き過ぎた規制緩和」による悪影響のひとつが国際オペレータ業務廃止問題なのです。

2003年、通信事業法の規制緩和により、公共性の高い国際オペレータ業務をふくむ全ての通信事業の参入・廃止が「届出」のみで可能になりました。
もともとは通信事業の公共性を鑑《かんが》み「許可」制であったものが、紙切れ1枚を「事後」に届けるだけで廃止できるようになってしまいました。
そして今まさに「KDDI」は国際オペレータ業務の廃止を宣言しています。

しかも代替手段は(事実上)用意されていないのです。
「お客様は『自己責任』で(自分の能力とカネで)外国との電話連絡を行なってください」とでもいうような「KDDI」のやり方に私(喜八)は強い怒りを覚えます。


国際オペレータ業務を実演解説する3人のオペレータ

上の写真は実際の国際オペレータ3人による、国際オペレータ業務の実演解説の場面です。
写真中央が見留洋子「KDDIエボルバユニオン」委員長。
向かって右側のヘッドセットを手にした方がKさん
左側の笑顔の女性がTさん。
3人とも「KDDIエボルバユニオン」のメンバーです。
見留さん・Kさん・Tさんが解説しているのは、たとえば次のようなケースです。

息子さんが中国奥地の工場に単身赴任している。
日本にいるお母さんのところに、ある日突然、日本の外務省から電話があり「あなたのご子息が交通事故に遭い、現地の病院に運ばれ、集中治療室にいる」と伝えられます。
そして病院の電話番号が教えられる。
日本外務省のしてくれることはここまで(いわゆる「VIP」ならまた違うのでしょうけれど)。
びっくりしたお母さんは中国現地の病院に国際電話をかけます。
けれども、電話にでる人は中国語しか分からない。
何度電話しても、まったく話が通じず、結局切られてしまう。

このようなときに国際オペレータが「命綱」となるのです。
日本の国際オペレータが中国側の国際オペレータとの間で「言語援助」「接続援助」を行ない、どうにか話が通じる状態に持っていく。
そうして息子さんの安否がお母さんに伝えられることになる。
これはけっして「絵空事」などではなくて、日々実際に生じているのに近い例だそうです。
事故・病気・クレジットカードなどの紛失・犯罪被害、あるいは「9・11」のようなテロ、スマトラ島沖地震のような自然災害。
こういったときに最後の「命綱」として頼りになるのが国際オペレータ、という場合が少なくないのです。

このような公共性の高い国際オペレータ業務を「KDDI」は「日本人は外国語に抵抗がなくなった」「ダイヤルサービスで代替できる」といった安易な理由を言い立てて廃止しようとしています。
はたして、それで「いい」のでしょうか?
それで日本の社会・国家は「よくなる」のですか?
KDDI」経営陣は自社業務の「公共性」「社会・国家への責任」について、どのような考えをお持ちなのでしょうか?

(※怒りを覚えつつ「国際オペレータ通話を存続させよう!(2)」に続きます)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2009年11月09日 12:00

« 2009年11月08日のつぶやき(Twitter) | メイン | 2009年11月09日のつぶやき(Twitter) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3487

このリストは、次のエントリーを参照しています: 国際オペレータ通話を存続させよう!(1):

» 鳩山内閣 資産公開(朝日新聞より) from 護憲+グループ・ごまめのブログ
鳩山内閣 資産公開(朝日新聞より)  ?内閣・国会・党役員?(09/18)  http://www.dpj.or.jp/news/?num=17027 総... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月09日 15:56

» もんでんあきこ 『女衒夜話』 (集英社 Queens Comics) その3 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 それでは最終回の 「波の徒花 (あだばな)」 の話の続きです.  話は敗戦直後,東京の場末の 「BAR 槐」 と,二階の売春宿にはマスターである裕也と,売... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月09日 19:10

» もんでんあきこ 『女衒夜話』 (集英社 Queens Comics) その2 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 「リレンザのブリスターの意味」が分からない奴がいるらしい(笑) こういうバカは無視.  次は 「浮舟」 です.時系列的には次の 「穴熊 (むじな)」 の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月09日 19:23

» もんでんあきこ 『女衒夜話』 (集英社 Queens Comics) その1 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 という訳で,お待たせしました.もんでんあきこさんの『女衒夜話』の紹介です.この単行本は以下の5つの章から成ります. 「女衒夜話」 別冊「you」08年 6... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月09日 19:38

» 自民党の政権奪還の道遠し。党解体&政界再編の道近し?+NHK杯&安藤美姫 from 日本がアブナイ!
最新の記事(10個)のコーナーは右欄に。 *印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。  実は、昨日、記事を差し替えてアップしたので、1日遅れ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月10日 12:53

» ヒューマン・ニューディール政策〜ヘンリー私案を問う! from BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
1.ETV特集〜作家 重松清が考える働く人の貧困と孤立のゆくえ 11/8の日曜日、NHK教育放送にて夜の10時から11時半の1時間半に亘って作家の重松清の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月10日 15:58

» 火曜日 憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年11月10日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・仕分け事業{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・仕分け事業・地方分権{/... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月10日 17:34

» 少年法61条違反の出版社「インシデンツ」と「日本会議」の蜜月 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 「小児用タミフルの量間違えた」で検索をかけてきたバカがいました.槇村さとるの「Real Clothes」がサンケイ系の関西テレビでドラマ化されたそうですけど,... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月10日 19:43

» 川口元外相の(あるいは川口元外相を経由した)対米追従恫喝についての補足およびつぶやき from Like a rolling bean (new) 出来事録
ひとつ前のエントリーでの、川口元外相の実際の発言について、 http://twitter.com/udonenogure1/status/55439493... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月11日 09:07

» 国家財政を金貸しから国民の手に取り戻すために~一般取引税の検討 from 日本を守るのに右も左もない
現状の税制では大企業や大銀行は手厚く優遇されている。 例えば、トヨタは消費税を納付していないばかりか、下請が納めた巨額の消費税を還付金として受け取っている。メ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月12日 01:13

» 「ゆうせん」の信じがたい業務効率の悪さ from 愛と苦悩の日記
■朝のテレビを見ていたら「ゆうせん」がお客さんからのリクエストをどうやって処理しているか説明していた。電話がかかってきたらオペレータがリクエストをカードに記入、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年01月21日 09:26