【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 2009年11月05日のつぶやき(Twitter) | メイン | 2009年11月06日のつぶやき(Twitter) »


2009年11月06日

ピープルズ・プラン研究所のシンポジウム

2009年11月01日に行なわれたシンポジウム「動き始めた政治のなかで社会をほんとうに変えるために」(「ピープルズ・プラン研究所」主催・明治学院大学白金校舎本館10階大会議場)に関するエントリです。


以下2枚の写真撮影は喜八です。
写真はクリックすると大きくなります。

シンポジウム「動き始めた政治のなかで社会をほんとうに変えるために」

◆司会:青山薫(ピープルズ・プラン研究所)
◆パネラー
◎貧困とのたたかい――雇用・生活・住まいの保障
稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)
◎労働価値中心社会を問い直す
栗田隆子さん(有限責任事業組合フリーターズフリー)
◎武力で平和は保てない
山口響(ピープルズ・プラン研究所)
◆コメンテーター
ひびのまこと さん(クィア・アクティヴィスト)

写真は向かって左端が稲葉剛NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」代表理事。
その隣、赤い服の女性が栗田隆子《くりた・りゅうこ》さん(「フリーターズフリー」「女性と貧困ネットワーク」)。
ライトグレーにブルーのジャージ(?)の男性は山口響さん(ピープルズ・プラン研究所)。
右端のマイクを握っている方がひびのまことさん(クィア・アクティヴィスト)です。

斜め位置から写真撮影をしたため、栗田隆子さん(赤服の方)が「山口 響」さんと間違われてしまいそうな構図になってしまいました(汗)。
「喜八ログ」読者の皆様はどうぞご注意ください・・・。


青山薫・稲葉剛(中央)・栗田隆子

左端の女性は青山薫さん(ピープルズ・プラン研究所)で、シンポジウムの司会者です。
真ん中でマイクを握っているのは稲葉剛さん。
(しつこいですけれど)赤い服の女性は栗田隆子さんです。

ちなみに当シンポジウムは「有料」でした。
私(喜八)の場合「非会員・予約あり」で900円なり。
「とにかくおカネを出すのが嫌い!」な自分がシンポジウム「動き始めた政治のなかで社会をほんとうに変えるために」に行ったのは「稲葉剛さんと栗田隆子さんを応援しよう」と思ったからでした。
稲葉さんは私にとっては「大学教授」みたいな人で、こちらは学生感覚です(年齢は10歳上ですが)。
そして栗田さんの文章には強く惹かれるものがあります。
平たく言えば、栗田隆子さんの、私は愛読者なのです。


以下、備忘録的に各パネラー&コメンテーターの方たちの発言から印象に残った部分を記録しておきます。
なお、以下は私(喜八)のメモと記憶を元に再構成しています。
もし間違いがありましたら、お詫びを申し上げますとともに、速やかに訂正させていただきます。


稲葉剛さん

  • 湯浅誠(「もやい」事務局長)が当初「国家戦略室参与に就任」と報道されたが、その後「内閣府参与」に決定した。湯浅が引き受けた理由は、はっきりしていて「ふたたび『派遣村』をやらないため」。湯浅をパイプ役として、年末年始の住宅対策を中心に政府与党に提言していく。そしてセーフティーネットを「使える」ものにしていく。
  • 湯浅誠は数ヵ月と期限を切って「内閣府参与」を務める予定。
  • 小泉・竹中改革は「人々のつながり」をズタズタにした。
  • 政策決定を人々のレベルまで下げた。これが今回の政権交代の意味ではないだろうか。
  • 住宅・医療・教育・食料などにかかるコスト(費用)を「ベーシックニーズ」として低減していき、できれば無料にしたい。


栗田隆子さん

  • 「仕事が怖い」という感覚が自分(栗田)にはある。この感覚を持つ人は50~60代以上の男性にはほとんどいない。だが、その下の若い世代には少なくない。ここに世代間格差がある。
  • 「仕事が怖い」という発言に対してストレートに共感が来ることは少ない(※)
  • 「失業の権利」。これがないというのは、どんな差別的で搾取された労働でも引き受けて生きていかねばならないということ。
  • 「失業の権利」は自分(栗田)の課題。今後、この概念をフルに使って言論を展開していきたい。

(栗田隆子さんの「仕事が怖い」発言に対して、パネラーおよび会場からも違和感を表明する人が続出。栗田氏の愛読者として私は「仕事が怖い」に対して強い共感があることを表明しました。後になって気づきましたが、稲葉剛氏の感想を訊いておけばよかった・・・)


山口響さん

  • 平和の問題を「憲法9条論」から始めない。
  • 数年前、ある会合で外務省の役人に対して「もし北朝鮮が日本に核攻撃をしてきたら、アメリカは反撃してくれるのか?」と自分(山口)は質問してみた。それに対して役人氏は「反撃するかどうかはアメリカが決めること」と正直に答えた。
  • 在日米軍は「大家さん(日本)に小遣い(思いやり予算)をせびる店子」のようなもの。


ひびのまことさん

  • このシンポジウムの受付で名前・住所・連絡先などの個人情報を書かせるようになっているのには強い違和感を覚えた。たとえばDV被害者の集会などではそういうやり方はしない。DV被害者の個人情報が加害者側に知られてしまう危険性があるからだ。セクシャル・マイノリティの集いでも「名前を明らかにするかどうか」はビビッドな問題。その点をぜひ考慮して欲しい(主催者側は「改める」と回答)。
  • トランスジェンダーの人の「戸籍変更」条件のひとつに「子供がいない」という項目がある。これはあまりに酷い人権侵害だ。


今回は「備忘録的エントリ」ということで、この辺で・・・。
栗田隆子《くりた・りゅうこ》さん(「フリーターズフリー」「女性と貧困ネットワーク」)さんに関しては、またエントリを改めて(継続的に)応援したいと思います。


関連ページ


『ハウジングプア』稲葉剛

『ハウジングプア』稲葉剛
ハウジングプア』稲葉剛、山吹書店(2009)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2009年11月06日 20:00

« 2009年11月05日のつぶやき(Twitter) | メイン | 2009年11月06日のつぶやき(Twitter) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3481

このリストは、次のエントリーを参照しています: ピープルズ・プラン研究所のシンポジウム:

» 失礼しました from 復活!三輪のレッドアラート!
城内氏のブログですが、このブログからのトラバを受け付けていないみたいです。 失礼致しました。 二度と当方では、城内氏の関係について... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月07日 00:14

» 働かない方が良い公務員とは・・・・ from 復活!三輪のレッドアラート!
日本国憲法第15条 提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 THE MIRROR  或る浪人の手記  この日は、自民党のもう一人... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月07日 00:18

» 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 from 護憲+グループ・ごまめのブログ
09年11月7日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政局{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・無い無い予算{/arrow_r/... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月07日 19:18

» Army psychiatrist "Nidal Malik Hasan" の悩み from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 上の写真は CNN の記事 "Army honors dead, searches for motive in Fort Hood shootings - ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年11月07日 19:25