【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 栗田隆子さん「派遣法審議会傍聴+キャバクラユニオン結成記者会見」報告 | メイン | 「SF」に関するつぶやき »


2009年12月24日

「ブラックサンタ大作戦」

住まいの貧困に取り組むネットワーク


2009年12月25日、東京・新橋で「住まいの貧困に取り組むネットワーク」による「ブラックサンタ大作戦」が行なわれるそうです。

これは、家賃保証会社(複数)による「家賃滞納者ブラックリスト」作成に反対する抗議行動です。

家賃滞納者のブラックリストに関する公開質問状、回答受け取り行動のご案内
(「住まいの貧困に取り組むネットワーク ブログ」2009-12-22)


家賃保証会社によるブラックリストって何だ?」と思われた方は、お手数で恐れ入りますが、次のページをご覧ください。

家賃保証会社によるブラックリスト作成への緊急抗議行動のご報告
(「住まいの貧困に取り組むネットワーク ブログ」2009-09-30)

ブラックリストの問題点は多くありますが、リスト作成により滞納者にレッテルを貼ることで賃貸市場からあらかじめ排除しようという彼らの意図は明らかで、まさに住まいの不安定化を促進するものに他なりません。
「家賃をきちんと払っている入居者の信用力を高め、職業や年齢、国籍などを理由に門前払いされるケースを防止できる」などという到底実現不可能な、彼らのまやかしの論理に惑わされるわけにはいかないのです。


住まいの貧困に取り組むネットワーク ブログ」から「家賃滞納者のブラックリストに関する公開質問状、回答受け取り行動のご案内」を全文転載させていただきます。


★転載開始★

【転送転載歓迎】家賃滞納者のブラックリストに関する公開質問状、回答受け取り行動のご案内

私たち、住まいの貧困に取り組むネットワークは、これまで悪質な不動産業者による追い出し屋問題に取り組み、その取り組みを通して、家賃保証会社による借家人の弁済履歴情報共有に反対してきました。当ネットワークで09年12月12日に送付した、家賃滞納者のブラックリストに関する公開質問状(下記)についての回答を「ブラックサンタ」が受け取りにうかがいます。その代わりに「ブラックサンタ」から、全国賃貸保証業協会(LICC)に素敵なプレゼントを贈呈します。
ドイツでは、悪事を働く子どもにはクリスマスに「ブラックサンタ」が来るという伝承があるそうです。「住まいの貧困」を拡大させようとするLICCに対する「ブラックサンタ大作戦」にぜひご参加ください。

2009年12月25日(金)午前10時30分、新橋駅日比谷口SL広場集合
午前11時、一般社団法人全国賃貸保証業協会(LICC)
(港区新橋1-7-10 汐留スペリアビル4F)にて回答を受け取ります。アポあり。
その後、昼過ぎまでビラまきなどの行動

※行動に参加される方は黒っぽい服装でお越しいただけるとありがたいです。

【お問い合わせ】
住まいの貧困に取り組むネットワーク
連絡先:東京都新宿区新小川町8番20号こもれび荘 もやい気付
http://housingpoor.blog53.fc2.com/

*一般社団法人全国賃貸保証業協会への公開質問状

私たちは住宅問題や生活困窮者の支援に取り組むNPOや労働組合、借地借家人組合などに属する諸個人からなる団体です。
貴法人は、家賃滞納歴などを登録した家賃保証会社利用者の信用情報のデータベース(DB)の構築を進め、来年2月には運用を開始する予定としています。
このDBが運用されれば、事実上、家賃滞納者のブラックリストが構築され、家賃滞納歴のある人々は家賃滞納に至った原因や経緯を考慮されることなく、一律に入居にあたっての審査において不利な立場に置かれることになります。それは結果的に社会的弱者を民間賃貸住宅市場そのものから締め出す行為であり、新たな入居差別を生み出すものです。
また、市場から排除された人々をターゲットとする新たな貧困ビジネスが生まれることも予想され、安定した住まいを確保できないハウジングプア層の固定化、貧困率の上昇も懸念されます。
DB構想に対しては、法律家らからなる全国追い出し屋対策会議や日本司法書士会連合会が実施の中止を求める声明を発表したほか、日本弁護士連合会も前原誠司国土交通大臣あての意見書のなかで「社会的弱者を排除する」と反対を表明しています。
企業は営利を追求する組織ですが、「社会の公器」であることを忘れて闇雲に営利を追求することは営利企業であっても許されないことです。特に「住まい」という人々の暮らしの根幹に関わる企業には、居住権という基本的人権を尊重する姿勢が求められます。
DB化は、「追い出し屋」への規制をめぐる議論の中で賃貸保証業界側から出てきた案ですが、業界全体が、違法行為の限りを尽くした「追い出し屋」を生み出した体質を猛省し、体質改善に努めなければならないこの時期に、問題を滞納者の側にすり替える提案が出てきたことに対して、私たちは強い疑念を感じざるをえません。もしこのままDBが構築され、社会的弱者が市場から排除されることが明白になれば、業界全体の信用が失墜し、DB化に加担した企業の責任も追及されることでしょう。
以上のことを踏まえ、私たちは貴法人に対して下記の点を質問させていただきます。質問に対する回答はマスメディアへの情報提供やウェブサイトなどを通して、広く社会に公開させていただきます。
多くの人々が抱いている疑念に対して、貴法人が真摯な回答を寄せてくださることを切に願っています。

回答は12月25日に当団体から直接うかがいますので、その際に書面でお渡しください。


2009年12月12日 住まいの貧困に取り組むネットワーク                  


1、DB化により家賃滞納者が民間賃貸住宅を借りにくくなることに対する貴法人の見解を下記からお選びください。

A.家賃滞納者が民間賃貸住宅市場から排除されることはあってはならず、DB化を断念する。
B.家賃滞納者が結果的に排除されることがあっても仕方がないと考える。
C.家賃滞納者は積極的に市場から排除すべきだと考える。

2、1でBまたはCを選ばれた場合にお答えください。住生活基本法では、「住生活の安定の確保及び向上の促進に関する施策の推進は、住宅が国民の健康で文化的な生活にとって不可欠な基盤であることにかんがみ、低額所得者、被災者、高齢者、子どもを育成する家庭その他住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保が図られることを旨として、行われなければならない。」という基本理念を第6条で示した上で、「住宅関連事業者」などの関係者にも基本理念にのっとって住生活の安定確保のため協力することを求めています(第8条及び第9条)。貴法人は事業展開において、この基本理念を尊重されるお考えですか。下記からお選びください。

A.国の定める基本理念に従う意思はない。
B.基本理念を尊重して事業を展開している。

3、2でBを選ばれた場合にお答えください。住生活基本法の基本理念を尊重されることと、DB化を進めて家賃滞納者を排除することはどのように整合性がとられているのでしょうか。下記に貴法人の見解を記載してください。

4、その他、DBに関して、ご意見があれば記載してください。

以上

★転載終了★


(※「ブラックサンタ大作戦」ビラ画像です。クリックすると大きくなります)

ブラックサンタ行動ビラ


「ホームレス状態の人が売る雑誌『ビッグイシュー日本版』」2009年10月01日号に掲載されている稲葉剛さんのインタビュー記事「ハウジングプア 簡単にホームレス状態に陥ってしまう若者たち。」から、稲葉剛さん発言の一部を抜書きさせていただきます(19-20頁)。

「そもそも日本には“住宅政策”と呼べるものが存在したのか? というところから問い直す必要があると思います。日本の住宅政策はローン優遇など、持ち家政策が中心。低所得者向けの公営住宅は全住宅の7パーセントしかなく、宝くじ並みの倍率を突破しなければ、入居できない。東京都は石原都政になってから公共住宅を1つも増やしていないんですよ」
「低所得者向けの公営住宅の充実はもちろんですが、若者のための『移行期支援』政策も非常に重要です。現在、非正社員として働く若者の多くは、重い家賃の負担に苦しんでいます。実家を出て一人立ちする若者のために、低廉な家賃の公的住宅あるいは、住宅手当を支給する『移行期支援』を行うことが必要だと思うのです」
「給料の半分が消えてしまうほどの高額な家賃、一生かかって背負うことになる住宅ローンなど、”家のために働いている”といっても過言ではない人がほとんどではないでしょうか? 公的な住宅政策が貧弱なために、人生のかなりの部分を“家”に縛られてしまっている。若い人の住宅問題やハウジングプアの問題は、そのこと自体を考え直すいいきっかけになるかもしれません。贅沢な住まいでなくてもいい。たとえ失業して無職のときがあっても、住居まで失うことがないように。そのための住宅のセーフティーネットの整備が早急に求められているのです」


稲葉剛「もやい」代表理事・「住まいの貧困に取り組むネットワーク」世話人


関連ページ


本の広告

『ハウジングプア』稲葉剛
ハウジング・プア』稲葉剛、山吹書店(2009)

(※『ハウジング・プア』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


投稿者 kihachin : 2009年12月24日 20:00

« 栗田隆子さん「派遣法審議会傍聴+キャバクラユニオン結成記者会見」報告 | メイン | 「SF」に関するつぶやき »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3594

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「ブラックサンタ大作戦」:

» どうしようもなく政治的な存在『天皇』 from 逝きし世の面影
プロイセンの戦略家クラウゼヴィッツの著『戦争論』によれば『戦争』とは、平和憲法下の我々日本人一般が考えるような何ら珍しい存在(特殊な極悪、犯罪行為)ではなく、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月25日 11:14

» 鳩山政権は果たして窮地なの?~献金問題を巡る一つの観方 from どなんとぅ ぬ だぁ
鳩山献金問題に関して、秘書の在宅起訴・略式起訴を受けまた鳩山(総理としてではない [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月25日 13:21

» なぜネット右翼は「マスゴミは民主党の味方」と思いこむのか? from Kirokuroの床屋政談日記
ネット右翼は「マスゴミはシナチョン(中韓)の味方だから、シナチョンの味方の民主党に甘い」と言いつのる。鳩山由紀夫の献金問題や普天間問題のマスコミ各社の報道を冷静... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月25日 15:39

» Merry Christmas ! from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 この写真は大原美術館所蔵の,エル・グレコ の 「受胎告知」 という宗教画である.先日も書いたけど,天使ガブリエルが少女マリアへ神の子を宿すことを宣言する様子... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月25日 21:30

» 「家賃滞納者ブラックリスト」について from 疾風怒濤 -非連続線上の飛躍
家賃滞納者全員が貧困なわけではない。経済感覚のルーズな人が滞納しているケースが多いのです。家賃保証会社が、家賃保証のリスクを負えな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月26日 02:11