【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 湯浅誠さんに関するつぶやき | メイン | 伊藤みどりさん「これでも抜本改正? 抜け穴だらけの審議会報告案」 »


2009年12月28日

「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」

2009年12月23日(水)、東京都・新宿区「大久保地域センター」で開催された「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」集会に参加しました。
少し遅れましたが(ボンクラなので…)、その報告エントリです。


以下2枚の写真撮影は喜八です。
写真はクリックすると大きくなります。

橋口昌治さん
橋口昌治「ユニオンぼちぼち」委員長

上の写真は関西非正規等労働組合「ユニオンぼちぼち」委員長・橋口昌治さんが、組合員A君の不当逮捕・不当起訴事件を説明しているところです。
同じ主旨の文章が以下のブログでも公開されています。

A君が不当に逮捕されるまでの詳しい経緯
(「ユニオンぼちぼちのブログ」2009-12-19)

また当日(12-23)の集会の様子はさとうしゅういちさんも報告されています。

「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ!?」抗議集会開かれる
(「JanJanニュース」さとうしゅういち、2009-12-25)


生活保護を申請しようとした「ユニオンぼちぼち」組合員A君が不当逮捕・不当起訴されてしまった、この事件。
先に「喜八ログ」記事『ユニオンぼちぼち「A君は無罪だ!」』で私が書いた文章の一部を以下に再掲します。


★再掲開始★

こんなことで逮捕・起訴されてしまうなら・・・。
もやい」の稲葉剛さん(代表理事)・湯浅誠さん(事務局長)だって逮捕されかねない!
あるいはネットカフェからSOSを出したカップルを支援するため奮闘した雨宮処凛さん(作家)や清水直子さん(作家・「フリーター全般労働組合」執行委員長)ですら弾圧されてしまうかもしれない!

再びネットカフェからのSOS~カップル編~ その4
(「マガジン9条 : 雨宮処凛がゆく!」2009-12-02)

以上が私(喜八)の切実な問題意識です。

★再掲終了★


いささか…、いや、かなり甘い認識でしたね(汗)。
実際には「A君不当逮捕・不当起訴事件」は私(喜八)自身の問題でもあったのです。
12月23日「大久保地域センター」で開催された「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」集会に赴いて、ボンクラ者の私もようやく「自分の問題」だということを悟りました。
申請手続きの不透明なあり方に不安を覚え」「証拠保全のためにビデオを回し」たA君が逮捕・起訴されるような今の社会では、オレ自身だっていつ逮捕・起訴されるか分からないぞ?!
ということに、いまさらながら気づいたのです。
抗議集会での「ユニオンぼちぼち橋口昌治委員長、山本志都《しず》弁護士、Kさん(伊東市・熱海市の福祉事務所で悪質な追い返しに遭遇)、稲葉剛自立生活サポートセンター もやい」代表理事、山谷労働者福祉会館活動委員会の人、根来祐さん(映像作家・「フリーター全般労働組合ムービーユニオン」)、山本宗則さん(映像作家・「Media Champon」)らの発言を聴き、さらには開会の前にたまたまトイレで一緒になった稲葉剛さん、休憩時間に立ち話をした「もやい」スタッフのBさん、集会終了後に会場の片づけをしながら話した「新宿連絡会」Cさんたちとの意見交換を通じて、「ユニオンぼちぼち」組合員A君の身にふりかかったことは自分(喜八)にも(充分に)おこりかねない!!
と悟ったのでした。

稲葉剛さん
稲葉剛「もやい」代表理事


それにしても奇妙な事件です。
ユニオンぼちぼち」組合員A君がなぜ逮捕・起訴されなければならなかったのか?
どう考えても、よく分かりません。
思わず「そこまでやる必要はなかったでしょう?!」と叫びたくなるような話なのです。
「なんで、こういう善良な人たち(A君・橋口委員長)が『政治弾圧』されなくてはいけないの?」と思うしかないのです。
つねづね私が「運動の裏も表も知り尽くしている方」と思っている稲葉剛さんも、なぜ福祉事務所の職員がこのような案件を「警察沙汰」にしたのか腑《ふ》に落ちないようでした…。
なにはともあれ、稲葉剛さんと私(喜八)は今回の事件に関して「いや~な感じ」を覚えているという点で意見が一致しました。
近年、社会構造の変化とともに、生活に困窮する人が激増しています。
そのため「もやい」のような生活支援系NPO、あるいはユニオンなどによる「生き延びるための活動」が活発になっています。
もし行政の側が「貧困と戦う」という責務を果たさず、それどころかNPOやユニオンを「目の上のたんこぶ」のように見做して(超おバカな勘違いをして)、「弾圧」するようなことがあったら?
万が一そんなことが頻発したら、日本は文字通りボロボロになってしまうでしょう。
社会・国家の底が完全に抜けて、「この世の終わり」「末世」にも等しい惨状を呈するでしょう。
その後に来るのは「完全に空虚かつ愚劣なファシズム」「無数の人々の破滅、死」ということにもなりかねない…。
そういった意味で、今回の「生活保護申請を記録して逮捕」事件には実に「いや~な感じ」を覚えざるを得ないのです。


大阪府柏原市における生活保護申請に対する不当逮捕・起訴に「喜八ログ」は断固抗議します。無実のA君の即時釈放を求めます


最後にお詫びを申し上げます。
「大久保地域センター」からの帰り際、ある作家の方と映像作家の方(お名前は秘します)の会話に割り込んだ無礼者は私です(汗)。
当夜は早く帰宅したい事情があったもので、つい気が急《せ》いてしまいました。
お2人には大変に失礼しました。
無礼をお許しいただければ幸いです…。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2009年12月28日 20:00

« 湯浅誠さんに関するつぶやき | メイン | 伊藤みどりさん「これでも抜本改正? 抜け穴だらけの審議会報告案」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3605

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」:

» 水沢めぐみ 『キラキラ100%』 (集英社 「Cookie」 連載中) from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 今日の「少女マンガ」は中高生向けに「りぼん」が「進化した」 『Cookie』 で 2003年から連載している,水沢めぐみさんの『キラキラ 100%』というマ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月29日 19:16