【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 自殺に関するつぶやき | メイン | 正義についてのつぶやき »


2009年12月22日

「KDDIエボルバユニオン」関連情報

KDDIエボルバユニオン」(巨大企業の不当労働行為・セクハラと戦い、国際オペレータ通話の存続を訴えるユニオン)関連情報をまとめておきます。

 関連サイト


なお「国際オペレータ通話ってなんだ?」と仰る方もいらっしゃると思います。
その場合はお手数で恐れ入りますが「KDDI」の以下のページをご覧ください。

国際オペレータ通話 | KDDI 国際電話は001

KDDIのオペレータが230以上の地域へ通話をおつなぎするサービスです。
全国どこからでも局番なしの0051でご利用いただけます。
「国際オペレータ通話」は、2010年03月31日にサービスの提供を終了します


国際オペレータ通話の役割を実演解説する3人の現役オペレータさんたちです(2009年11月05日、参議院議員会館「国際オペレータ通話の存続を求める院内集会」にて撮影)。

国際オペレータの3人

たとえば海外旅行中にパスポート・現金・クレジットカード・携帯電話など一切合財《いっさいがっさい》が入ったバッグを置き引きされてしまった!
日本の家族に連絡を取りたくても、携帯もお金もない!
もう、どうしていいか分からない、パニック状態!
そんなとき日本語で話しかけ、盗難被害者を落ち着かせ、「何をどうしたらよいのか」の道筋を示すのも国際オペレータの仕事です。
「いざ!」というときの命綱になるのが、経験豊かな国際オペレータなのです。

それなのに「KDDI」は「日本人は外国語に抵抗がなくなった」「ダイヤルサービスで代替できる」といった安易な理由を言い立てて、国際オペレータ業務を来年(2010)03月31日で廃止すると公表しています。
それで日本の社会・国家は「よくなる」のですか?
「おおいに疑問(ありすぎ)」というのが私(喜八)の感想です。


インターネット新聞「JanJanニュース」の関連記事です(2008年02月28日)。

KDDI本社前で抗議行動
「パワハラやめろ」非正規社員労組がアピール』(JanJanニュース)
非正規社員で作る労組の委員長が法改正を求める国会内の集会に出て発言したところ、勤務先の会社側から懲戒処分を受けそうになっている。組合員らは寒風が吹き荒れる西新宿のビル街で抗議の街頭アピールをした。(田中龍作 2008/02/28)

(※記事の全文はこちらで)


週刊金曜日」2008年07月04日号に掲載された野村昌二さん(ノンフィクションライター)の記事「KDDIエボルバユニオン 闘わなければ生きていけない!!」からの一部引用です。
引用文中《 》 に挟まれた部分は喜八による補足です。

 実は、見留《洋子》さん《「KDDIエボルバユニオン」委員長》は会社《KDDI》から懲戒処分をちらつかされている。
 昨年《2007》11月、衆議院第一議員会館で開かれた院内集会で、見留さんは低賃金で働かされている実態を報告。それに対し後日、会社《KDDI》側は見留さんを呼び出し、「会社は名誉毀損で訴えることもできる」などとして、懲戒処分を示唆したのだ。
 組合の代表として集会に出席し、発言しただけ。それについて不利益な扱いをすることは明白な労働組合法違反の不当労働行為だ。見留さんは《2008年》03月、東京都労働委員会に不当労働行為救済命令申立を行なった。社内では誰も話しかけてこず、交渉も難航している。それでも、国際電話のオペレーターが誇りをもって働ける職場回復を目指し日夜奮闘する。


関根秀一郎派遣ユニオン」書記長が「東京新聞」に寄稿したコラムを転載させていただきます。

関根秀一郎さん
関根秀一郎「派遣ユニオン」書記長
国際オペレーター 関根秀一郎
「お母さん、俺《おれ》は無事だから。心配ないよ」
 2001年09月11日。崩壊した世界貿易センタービルの周辺から掛かるたくさんの国際電話をつないだ国際オペレーターたちは、電話の向こうに救急車や消防車が行き交う音を耳にした。緊迫した空気が走る。混乱の中、心配する家族に自分の安全を知らせたい。だが固定電話も携帯電話も直通ではつながらない。国際電話センターに掛けてオペレーターにつないでもらうしかない。
 先月《2009年09月》末に起きたスマトラ島沖地震の際も、赴任中または旅行中の家族の安否確認はオペレーターがつないだ。
 海外で身包《ぐる》みはがれて、泣きながら電話してくる旅行客も多い。家族に送金の連絡をしたくても携帯電話もお金もない。カード会社に盗まれたクレジットカードの中止連絡をしたくても連絡先さえわからない。遠い異国の地でパニックに陥った旅行者に母国語で話しかけ心を落ち着かせるのもオペレーターの役割だ。しかし、オペレーターを介して国際電話を掛けるサービスが来年《2010》03月で廃止されることはあまり知られていない。
 火事が少なくなっても消防署をなくしてはいけない。郵便が少なくなっても郵便局をなくしてはいけない。オペレーターを介した国際電話が少なくなっても国際オペレーター通話をなくしてはいけない。
(派遣ユニオン書記長)


佐高信さん(作家・「週刊金曜日」発行人・「国際オペレータ通話を守る会」共同代表)のコラムを紹介。

佐高信さん

佐高信さん「国際オペレータ通話を廃止するのは過度な規制緩和ですね 〈KDDI社長への手紙〉」(「サンデー毎日」2009年06月14日号掲載)から一部を引用させていただきます。
引用文中《 》 に挟まれた部分は喜八による補足です。

 前略 KDDI社長殿
 独占企業とは何よりも公益を優先させなければ存在意義がないと思いますが、御社《KDDI》はそんなことはお構いなしなのですね。
 来年《2010》03月末で国際オペレータ通話を廃止すると決定したことです。
 《2009年》05月11日に衆議院第二議員会館第一会議室で、これをなくさないでと訴える集会が開かれたことは知っていますか?
「規制緩和が断ち切る祖国への命綱」をスローガンにしたこの集会には、社民党の福島みずほ党首や共産党の小池晃議員、そして、新党大地の鈴木宗男議員らが参加しました。
 御社《KDDI》はこれ《国際オペレータ通話》をなくす理由として、「料金の高さに加え、外国語に抵抗を感じる日本人が減っている」などと言っています。しかし、英語だけでないさまざまな外国語に抵抗を感じる日本人が本当に減っているのでしょうか。それこそ、ほんの一部の日本人だけに焦点を当てた身勝手な見方ではありませんか。
 鈴木議員は、これを小泉政権時代に進められた、過度な規制緩和を旨とする新自由主義政治の弊害と捉え、こう訴えています。
「国民の安心、安全に関わることは、政治が責任を持って対処するべきです。万が一、海外に住む邦人が現地で病気に罹《かか》り、大きな事故に巻き込まれた際、国際オペレータ通話なくして、どのように対応すればよいのでしょうか」


KDDIエボルバユニオン」関連動画です。

国際電話オペレータが会社側からパワハラ被害!


「喜八ログ」の「KDDIエボルバユニオン」関連エントリです。


先日(12月15日)アップロードした「喜八ログ」記事『動画「宮下公園~TOKYO/SHIBUYA~」の感想』から、その一部を再掲します。


★再掲開始★

ボンクラ者の私(喜八)もようやく気づきました。

  • 郵政民営化
  • 築地市場移転計画
  • KDDI国際オペレータ通話廃止
  • 宮下公園ナイキ化

これらは全て「根」が一緒だということに。

神谷秀樹《みたにひでき》氏(投資銀行家)のいう「強欲資本主義」。
小幡績《おばたせき》氏(経済学者)のいう「キャンサーキャピタリズム(癌化した資本主義)」。
ひらたく言えば、一部の者たちの「超」強欲が金融市場を歪め、さらには社会全体を大きく歪めてしまった。
その必然的結果としての2008年09月「リーマンショック」、世界的金融危機、大不況。
いまなお「強欲資本主義」「キャンサーキャピタリズム」の弊害は地球上のあらゆる場所で露呈し続けています。
「郵政民営化」「築地市場移転」「KDDI国際オペレータ通話廃止」「宮下公園ナイキ化」とは、まさに「露出した弊害」そのものでした。

  • 郵政民営化(郵政私物化・米営化)
  • 築地市場移転計画(生鮮食品市場を毒まみれの土地に移転させて地上げ)
  • KDDI国際オペレータ通話廃止(行き過ぎた合理化、組合つぶし)
  • 宮下公園ナイキ化(行政が公益を毀損して企業に奉仕)

欲ボケした連中が「強欲資本主義」「キャンサーキャピタリズム」に便乗し、「公」を侵食し「私」益を貪《むさぼ》ってきた構図。
現在の世界は「暴走資本主義の弊害」を反省する時期に入っています。
しかし、いまなお日本には「郵政民営化」「築地市場移転」「KDDI国際オペレータ通話廃止」「宮下公園ナイキ化」なんてもの(極スジ悪プラン)を推進しようという者どもがいる。
彼/彼女らには世界の潮流がまったく見えていないようです(※)

(※動画に登場する推進派連中のマヌケ面を見よ!)

★再掲終了★


最後に「喜八のお願い」です。

KDDI』はその大きな社会的責任を自覚してください!


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2009年12月22日 12:00

« 自殺に関するつぶやき | メイン | 正義についてのつぶやき »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3587

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「KDDIエボルバユニオン」関連情報:

» 安倍晋三よ恥を知れ from Kirokuroの床屋政談日記
腹痛起こして総理の座を放り投げた阿呆が、例の天皇謁見問題から妙に騒いでいる。最近も、やしきたかじんの番組に出て「(日本会議的な)保守の再生」とか何とか語ってたけ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月22日 13:24

» 京都妖怪紀行(10):三井寺の鐘楼と観音堂 from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
 シリーズ第7回、第8回、そして第9回に続いて、三井寺(園城寺)関連の話を。  冒頭の画像は重要文化財でもある、三井寺の山門... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月22日 14:45

» 渡部昇一的市長 from Kirokuroの床屋政談日記
阿久根市長「腐った枝、刈らないと」 障害者の記述巡り 自身のブログに「高度医療のおかげで機能障害を持ったのを生き残らせている」と記述し、障害者団体などから批判を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月22日 18:18

» 楠 桂 『不育症戦記』 (月刊オフィスユー連載中・集英社) 最終回 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 にゃごやに住むマンガ家の 楠 桂 が二人目の子供が欲しくなり,「市立城西病院」に出入りしたという話の続きです.何と,このマンガの題名 「不育症戦記」 で g... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月22日 19:14

» 路上で暮らす人々のために from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 なぜか最近,3月に書いた,柊あおいさんの「夢幻時間」 の初回の記事がやたらと読まれている.一番最後の「高齢出産ネタ」という記述に引っ掛かっているのかなぁ〜(... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月23日 11:21