【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 2009年12月04-05日の「Twitter」 | メイン | ブログの応援力 »


2009年12月07日

湯浅誠さんの講演会(北神戸「9条のつどい」)

湯浅誠さん
湯浅誠さん(「反貧困世直し大集会」2009-10-17)


湯浅誠さん(「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」事務局長)講演会のお知らせです。
2009年12月13日(日)、兵庫県神戸市北区内で開催される『第4回 北区「9条のつどい」』というイベントのゲスト・スピーカーとして湯浅誠さんが登場します。 
イベントの主催は『北神戸「9条の会」』。
お友だちの「お玉」さんが懸命に「営業活動」されているそうなので、(微力ながら)弊ブログも協力させていただきますね。

「年越し派遣村」の村長(湯浅誠さん)がやってくる!
(『サロン・ド・北神戸「九条の会」』2009-11-13)

「年越し派遣村」の村長(湯浅誠さん)がやってくる!
今年もやります! 北区「9条のつどい」
 2009年12月13日 午後2時開演 @ すずらんホール
   参加協力費 500円 (高校生以下無料)
今回のメインゲストは、昨年末、日比谷公園に突如登場した「年越し派遣村」の村長として、国をも動かす「反貧困」の大運動を展開した中心人物として、一気に有名になった湯浅誠さんです。
湯浅さんは現在、新政権の「国家戦略室」の政策参与に就任され、貧困や失業の対策提言をまとめられている最中のため、とても多忙なようです。そんなきついスケジュールを調整して、お越しくださいます。

(※全文はこちらで)


北区「9条のつどい」ポスター(表・裏面)です。
クリックすると大きくなります。


(表面)
tsudoi091213_1s.jpg


(裏面)
tsudoi091213_2s.jpg


湯浅誠さんの著書『反貧困』岩波新書(2008)の中で「憲法九条(戦争放棄)と二五条(生存権保障)」について語っている部分を引用させていただきます(同書212-213頁)。

 日本は、類稀《たぐいまれ》な被爆(戦争)体験をしたことによって平和への意識が高まった。しかし同時に、類稀な高度経済成長を体験したことによって貧困問題を忘れた。そのためこの数十年間、両者を結びつけて考えることが少なかった。平和と戦争の問題は、平和に対する意識の問題、戦争体験の有無の問題として語られる傾向が強かった。しかし貧困が広がる中、それだけでは足りないことが徐々に明らかになってきている。
 他の多くの国において「貧困と戦争」はセットで考えら《れ》ているテーマである。日本も遅ればせながら、憲法九条(戦争放棄)と二五条(生存権保障)をセットで考えるべき時期に来ている。衣食足るという人間としての基本的な体力・免疫力がすべての人に備わった社会は、戦争に対する免疫力も強い社会である。


『反貧困』湯浅誠
反貧困湯浅誠、岩波新書(2008)

『反貧困』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2009年12月07日 08:00

« 2009年12月04-05日の「Twitter」 | メイン | ブログの応援力 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3557

このリストは、次のエントリーを参照しています: 湯浅誠さんの講演会(北神戸「9条のつどい」):

» 平野の頭ん中は、ギャップだらけ(ゲラゲラ from 雑感
  平野の馬鹿は、ぜんぜんわかっちゃいない。 「沖縄の基地問題は(普天間基地などの)危険の除去、騒音の除去を含めて 県民負担をいかに少なくするかが基本の軸だ 」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月07日 19:25

» 欧州勢力に対する戦争屋の反撃か? from 日本を守るのに右も左もない
世界の覇権闘争において劣勢にあった戦争屋(ロックフェラー??CIA勢力)が、欧州貴族+ロスチャイルド勢力に対して反撃に出ているようだ。 一つは、ドバイ・ショッ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月07日 21:55

» 米朝対話と日朝交渉 from 薫のハムニダ日記
米朝対話と日朝交渉/李鍾元 先月14日、東京でオバマ米大統領のアジア政策に関する演説があった。オバマ大統領の初めてのアジア訪問であり、4月のプラハ演説や6... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月07日 21:57