【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 正義についてのつぶやき | メイン | 「ブラックサンタ大作戦」 »


2009年12月24日

栗田隆子さん「派遣法審議会傍聴+キャバクラユニオン結成記者会見」報告

栗田隆子さんと稲葉剛さん
栗田隆子さん(「フリーターズフリー」)と稲葉剛さん(「もやい」)


栗田隆子《くりた・りゅうこ》さん(作家・「女性と貧困ネットワーク」「フリーターズフリー」)が「mixi」に書いた文章「派遣法審議会傍聴報告+キャバクラユニオン結成記者会見報告」を全文転載させていただきます。


★転載開始★

(下記の文章は栗田隆子の名前を入れていただければ転載可です)

派遣法審議会傍聴報告+キャバクラユニオン結成記者会見報告

栗田隆子

朝八時、厚生労働省・合同庁舎9階会議室で行われた「第141回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会」はぎっしりと人が詰まっていた。
ほとんどがスーツを着た男女。傍聴席側からみて右手に使用者側代表、その反対に労働者側代表、そしてちょうど正面に公益側が座っている。
使用者側の発言が聞こえてきた。
「製造業派遣の禁止というものは大変困ります。5年前とは違い、中国も伸びている。インドだって車が作れる時代になっている。グローバリゼーションが波及しており、派遣なしには企業は成り立たないのです。製造業派遣にも女性はおりますし、製造業派遣にも例外を設けて欲しい」と秋山さんという使用者側の女性が話をしている。
「製造業派遣にも女性はいるのです。その女性のことを考えて欲しい。『ワーク・ライフバランス』を考えているからこそ、派遣が必要なのです。育児で働いている女性や、大学に行っている学生なども派遣がなくなれば困るでしょう」

 専門26業種の廃止どころか、経団連も中小企業の代表もどこかの社長も皆使用者側は、「製造業派遣すら禁止するな」と語る。中国やインドとの競争に負けまいと語りながら、「ワーク・ライフバランス」を盾に、「派遣」を擁護することの矛盾。。そして真の意味で「労働者」を重んじた上での「雇用の多様性」を考えているのでは決してないということが、ここに来てあらためて肌身で感じた。

 「女が望んでいる」「女のため」と言わば、勝手に「女性」と言う言葉を使用している印象を受ける。そして出産する女性は「短時間労働」は当然という前提で話が進んでいる。それでは、その不安定さを保障するような「社会保障」については触れられない。「女だから当然」という前提で派遣労働の基準がきまっていることをまざまざと感じた。これは後述する「キャバクラユニオン」誕生の背景にも色濃くある発想に通じる。

そして下記に行われる部会なども時間があれば都内に在住・在勤の方は覗いていただければ幸いだ。ただなにせ、この時間。労働に従事している派遣社員で参加できる人は少ないかもしれない。だからこそ「参加できる」人は極力参加してもらえればと思う。今度の部会は厚労省で平成21年12月25日(金)14時~16時に行われる。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/s1225-11.html
部会に出られない人は何らかのコメントを部会宛に送っていただければと思う。
また、本日の部会については、働く女性の全国センターから傍聴記録が上げられている。こちらもご覧いただければ幸いである。
http://files.acw2.org/141.doc

さて、同じ日の午後2時から。まさに同じ厚労省9階の記者クラブで今度は「キャバクラ.ユニオン結成」の記者会見が行われた。記者クラブの部屋にこれまたぎっしりと人が押し寄せた。当該2名、さらにフリーター全般労組に関わっている人3名、全て女性達が記者会見に応じた。
フリーター全般労組の根来祐さんが司会を勤め、キャバクラユニオン(http://ameblo.jp/cabauni/)代表の桜井凛さんが言葉を開いた。
「キャバクラはいまや中高生の女性がなりたい職業の一つといわれる。しかし働きたいという女性達や、応援している親の皆さんに現状を知って欲しい。ノルマ罰金、欠勤しても罰金。自分でヘアメイクをしても『ヘアメイク代』として店に取られる。求人広告で書いてある時給は違っていて『当たり前』。罰金があって『当たり前』。それが当然と思って働いている人も多い。しかしその『当たり前』は『当たり前』ではない。」と語る。
さらに「練馬クラブディアーズでは社長からセクシュアルハラスメントを受けた。セクハラは、日常的に行われ、他の店の女性も同じような目にあっていた。それが罰金等よりも一番傷ついた」と言葉を継いだ。
経緯としては、『練馬クラブディアーズ』で働いていた2009年3月下旬の未払い給与が発覚し、5月中旬に労働基準監督署、練馬労連に相談に行ったが解決に至らず、練馬労連に相談後、フリーター労組のことを知り、6月以降店長と団体交渉、8月31日に労働委員会へ不当労働行為救済申し立て書を提出、その後クラブディアーズへ争議行動を開始。そして本日12月22日にキャバクラ労組の結成へと至ったという。
記者たちからは矢継ぎ早に質問が飛んだ。
「労組のメンバーは何人くらいいるのか」
「今現在は何をしているのか」
「どんなセクハラをされたのか。どの店でもセクハラをされたのか」
「女性達はどれくらいの年齢なのか」
なかには、質問そのものがどことなくセクシュアル・ハラスメントめいたものもあり、個人的にはやめてくれと感じた質問もあった。しかし、櫻井さんは「毅然と」と言う言葉が相応しく(質問している側が彼女を毅然とさせてしまっているのだ、と申し訳なさをも感じつつ)、その一つ一つに丁寧に応じておられた。
「労組のメンバーは10人未満です」
「今は、アルバイトをしています」
「胸をとられたり、スカートの中を取られたり、通りすがりに胸やお尻を触ってきました。セクハラをされたのはその店が初めてでした」
「一番若い人は19くらい、20代の女性が中心です」
桜井さん自身は今後、キャバクラに勤める気持ちはないが、キャバクラに勤める女性達の相談をしてゆきたいと語る。今度の12月27日(日)正午から午後10時まで「キャバクラホットライン」(03-3373-0180)を設けるという。
フリーター全般労組共同代表の布施えり子さんは、「キャバクラに勤める女性達の相談は急増している。」と語る。相談を受けた労組は他にもあったが「キャバクラユニオン」という名前の労組は日本で始めてである。「キャバクラだから、セクハラがあっても当然」「労組は昼間の仕事のものでしょう」という前提こそが、労働条件の悪化を生むという話も出た。これは、さきほどの「派遣労働」の問題と重なってくる。「女だから」「キャバクラだから」許される行為や眼差し。これを「差別」というのだ。ああ、なんて古臭いものが今も生きてしまっているのだろう。この女性差別の温存こそが、じわじわと男性をも息苦しくさせているのは、派遣の労働者達を見れば明らかなことである。そして推測ではあるが「ホスト」の男性たちはいったいどうなっているのか、そんなことも考えさせられる。各地から寄せられたキャバクラユニオン賛同メッセージのうちの岩手大学の海妻径子さんのメッセージを一部引用させていただきたい。
「近代日本で多くの女工に先んじて争議を起こし、女性への搾取を告発したのは芸娼妓であった。(後略)」
となれば、逆に女性の置かれた労働構造は明治から変わっていないのだろうか、と思うとぎょっとした思いもする。今こそ、ほんとうに変えなければいけない、と感じさせられた。それと同時に「応援している親御さん」がいる、と話された櫻井さんの発言を見ると、「水商売」に就く層の拡がりや変化を感じたのも、感想として書かせていただく。
 最後に。「リクルートワークス研究所 派遣のあり方研究会」というところから「派遣法改正案の具体的影響と本質的な論点 派遣労働者のキャリア・セキュリティを考える」という論文が出ている。
この「キャリア・セキュリティ」という耳慣れない言葉は、「欧州を中心に広まっている新たな労働市場政策の概念『フレキシキュリティ(flexicurity)』から名づけた造語である」と書かれている。「フレキシキュリティとは、柔軟な雇用(flexibility)と一定水準の保護(security)を組み合わせた概念」なのだそうだ。「保護」とは「社会保障」なのかと思って読みすすめていくと、「一時的な労働力として派遣労働者を活用する企業も、受益者として相応の負担をしなければならない」と書かれているが具体例としては「派遣会社と連携して、派遣労働者のキャリア形成を支援することや、妥当な派遣料金の設定」に留まっている。基本は派遣社員をなくすと失業が増えるから失くさないほうがいい、という論点だ。しかし、このロジックもさきほどの「女性のために」と同じく「派遣社員のために」と「派遣社員」じゃない人が語っているのである。
ちなみにリクルート社は「夢見る若者」というイメージを作った「フリーター」という言葉を作った会社だ。ここが「造語」を作るときは、何かが怪しい、と私は反射的に身構えてしまう。この派遣法のタイミングで出されたというのも実に不気味だ。ある種の情報合戦が今後ますます増えていくことだろう。どうかことの本質を見極めたうえで、労働問題・女性問題について考え、協力しあえるネットワークが広がることを願っている。

★転載終了★


当エントリ上部の写真の解説です。
赤い服の女性が栗田隆子《くりた・りゅうこ》さん(作家・「女性と貧困ネットワーク」「フリーターズフリー」)。
男性が稲葉剛さん(「自立生活サポートセンター もやい」代表理事・「住まいの貧困に取り組むネットワーク」世話人)。
2009年11月01日、明治学院大学白金校舎本館10階大会議場で行なわれたシンポジウム「動き始めた政治のなかで社会をほんとうに変えるために」(「ピープルズ・プラン研究所」主催・)の会場で喜八が撮影しました。

ピープルズ・プラン研究所のシンポジウム
(「喜八ログ」2009-11-06)

写真のブログでの公開は栗田隆子さん・稲葉剛さんに許可をいただいています。
私(喜八)はお2人(栗田・稲葉)のファンなので、この「2ショット」写真は、自分で撮影したものながら、お気に入りです。
が……、栗田隆子さん・稲葉剛さんともに写真で見たときと本人に直接お目にかかったときの印象がかなり違う、という強い実感もあります(特に栗田さんは「差異」が大きいです)。
2人とも「実物」のほうが、ずっとチャーミングだと感じるのです(外交辞令やヨイショではありません)。

なお、私(喜八)は栗田隆子さん・稲葉剛さんと個人的に親しいわけではありません。
このごろ稲葉さんとは時々雑談をさせていただく機会も(ごくたまに)ありますが、私の感覚は「教師(稲葉)・学生(喜八)」的なものです。
私のほうが10歳年上ですが、稲葉さんは「恩師」のような存在なのですね。
栗田隆子さんとはそのまんま「作家(栗田)・読者(喜八)」です。
そもそも面識はなかったのですが、先に某所で栗田隆子さんをお見かけしたので、「ブログやツイッターで(勝手に)栗田さんを応援させていただいている『喜八』こと○○(本名)という者です」と挨拶させていただきました。
その際、思ったのは「栗田隆子さんは目力《めぢから》の強い人だなあ」ということ。
雨宮処凛さん・佐藤優さんに匹敵するくらいの目力の強さです。
改めて「栗田隆子さんは近いうちに『ブレイク』するであろう(いまこそ『栗田株』は買い!)」という確信を深めた次第です。

もうひとつ付言しておきます。
最近、私(喜八)は「栗田さんが好き」という女性に何人かお目にかかりました。
その方たちがまた非常に立派な印象の人が多いのです。
ゴマスリと誤解されることを避けるため、敢えてお名前を挙げるのはやめておきますが……。
栗田隆子さんは立派な女性に好かれる女性のようです。

栗田隆子《くりた・りゅうこ》さん(作家・「女性と貧困ネットワーク」「フリーターズフリー」)。
稲葉剛さん(「自立生活サポートセンター もやい」代表理事・「住まいの貧困に取り組むネットワーク」世話人)。
このお2人を今後とも応援させていただきます。
あまりウルサクならないよう、適度な距離感を保ちつつ……。


栗田隆子さんが登場する動画を紹介します。
次の動画1分ころから「ナイキの靴は買わない~♪」と歌っているのが栗田さんです。
動画の終わり間際にギターを抱えているお姿もチラッと映ります。

NIKE JAPAN本社前「宮下公園化」アクション


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


本の広告 : フリーターズフリー Vol.2

『フリーターズフリー Vol.2』
フリーターズフリー Vol.2

(『フリーターズフリー Vol.2』を「楽天」「Amazon」「bk1」で購入する)


投稿者 kihachin : 2009年12月24日 12:00

« 正義についてのつぶやき | メイン | 「ブラックサンタ大作戦」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3592

このリストは、次のエントリーを参照しています: 栗田隆子さん「派遣法審議会傍聴+キャバクラユニオン結成記者会見」報告:

» がんばれ!キャバクラユニオン from 再出発日記
以前紹介したがんばれ!キャバ壌のキャバクラ争議は新しいステージに上がっているようです。ここで私は、「一番いいのは、コンビニ店長のユニオンが立ち上がったように、全... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月24日 13:52

» 岡山市「年越派遣村」が開設されます from 再出発日記
岡山市ではついに派遣・労働者支援センターが「年越し派遣村」を開設することになりました。ここにとりあえずのチラシを作っているようですが、そのままこのブログに転載で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月24日 13:53

» 試験制度の勝者に社会を支配する資格はない from 日本を守るのに右も左もない
民主党小沢幹事長と検察との間で、国家の支配権を巡り闘いが続いているようだ。 以下、【佐藤優の眼光紙背】「特捜検察と小沢一郎」からの引用。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月24日 19:21

» 鳩山政権 今日で100日 マニフェストはどうなったのか? from ひげログ人
毎日新聞によると、発足から本日で100日目を迎える鳩山政権について、衆院選マニフ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月24日 20:16

» キャバクラユニオンでイイクニつくろう from 雪裏の梅花
メリークリスマス(^o^) 記事としては一日遅れですから、もう結構いろんな人が話題に挙げています。キャバクラ労組(キャバクラユニオン)の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年12月24日 21:00