【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 増山麗奈さん展覧会情報(東京・銀座、01-25~02-06) | メイン | 郵政非正規ネット署名(ゆうせい非正規労働センター) »


2010年01月28日

黄金咲ちひろ&増山麗奈イベント(東京・大塚)

黄金咲ちひろさん(開運系マルチタレント・合資会社「黄金の夜明け」代表)が増山麗奈さん(画家・平和活動家)を特別ゲストに招き開催するイベント「黄金咲ちひろの 色道2 ~フェチは病か才能か~」(2010-02-02、東京・大塚)情報をお伝えします。


黄金咲ちひろさんの許可をいただいて、イベント告知を全文転載させていただきます(写真使用も黄金咲さんの承認を得ています)。


★転載開始★

黄金咲ちひろ&増山麗奈
黄金咲ちひろさん(左)と増山麗奈さん

 昨年《2009》ご好評いただいたフェチトークライブイベント、リクエストにお応えし、第2弾の開催が決定しました!
今回は、増山麗奈画伯を特別ゲストとしてお招きしてお送りいたします!!
イベント終了後のネットTV「ニンニンちくび」にもゲスト出演して頂きます。
皆さんお誘いあわせの上、いらっしゃいませ♪

お得な前売りチケット、こちらで発売中~。
http://golden-d.ocnk.net/product/205


黄金咲ちひろの 色道2 ~フェチは病か才能か~

《2010年》2/2(火) 20:00開演 (開場19:30)
※22:00~はそのまま同会場にてネットTV「ニンニンちくび」(黄金咲ちひろ×宮川賢)公開生放送に突入!ご希望の方はそのまま残ってご観覧ください♪

前売り¥2000(当日¥2500)

場所: 大塚レ・サマースタジオ(03-5961-4505)
《JR》大塚駅下車徒歩4分。
豊島区北大塚3-25-16伊納ビルB1
JR大塚駅北口下車、スターバックスの前の商店街を左にズンズン進み、オリジン弁当の信号を渡りさらに道なりにチョイと進む。とセブンイレブンがありまして、その斜め前の「ORS」の看板が目印。1階が鍼灸院です。

イベント概要: さまざまなフェチをライブでレクチャー!黄金咲ちひろの200タイトル以上に上る珍しいフェチ映像の中から選りすぐりをピックアップしスクリーンで上映&自ら各フェチジャンルのツボを解説。また、ご来場の皆様からのフェチに関する質疑応答やこんなフェチを体験したいというご希望を叶えちゃう参加型ふれあいコーナーも充実(前回はステージ上で女のコたちに踏まれることを志願したM男さんや、自分のフェチを体現し、終始女性用ランジェリー姿で観客席に座っているお客様なんかもいらっしゃいましたよ♪ )

今回も、黄金咲交遊録より、フェチモデルさん、セクシーアマゾネスさんたちも参加で強力サポート!フェチトークや実演コーナーに参加し盛り上げてくれます。

怖いもの見たさでおとなしく観客に徹するも良し、フェチをカミングアウトして美味しくイジられるも良し・・・。いろんな楽しみ方があるのでどなたさまも期待していらっしゃいませ♪

★転載終了★


以下どうでもいい「喜八の贅言《ぜいげん》」です。

私(喜八)自身かなり強い「フェチ」がありまして、それは「喜八ログ」でも何度かさりげなく(?)触れてきたように「女王様フェチ」です。
それも「ダーククイーン(暗黒女王)フェチ」であります。
人間的に立派で高度に知的で威厳があって気高くて、なおかつ暗黒女王!
という女性にのみエロスを感じる男性なのです。
したがって、ほとんどの女性に対しては、いたって無害な存在となり果てるわけです。
世間基準で「美女」とか「色っぽい」とか言われるような女性に対しても性的に惹かれることは滅多にありません。
ただし、ある女性に対して強い敬意を覚え、人間性に惹かれることは多くあります(ここ数年はそういう女性に会う機会が増えました)。

なお、以上は冗談を言っているわけでは全然なくて「超」真面目なカミングアウトです。
たとえば、以前自分は次のような文章を書いています(『上村松園「焔」』2009-05-26)。

早い話、私(喜八)には「ダーククイーン(暗黒女王)萌え!」みたいなところがあるようです。
だからこそ、50歳のいままで一度も結婚したことがない独身男なのかもしれません(汗)。
今後「普通の恋愛・結婚」をすることはスッパリ諦めて、「ダーククイーンに献身的に仕えるダークナイト(暗黒騎士)」的ポジションを意識的にとろうかな?
なんてことを、大真面目に考えています。
女王の「恋人」になるなんて大それたことは思わない。
「家来」で充足する。それ以上を望まない。
女王が関わるありとあらゆる合戦に先鋒として参加して、猛烈な戦闘を繰り広げる。
権謀術数も陰謀もいとわず、考えうる全ての手段をもって女王を守りぬく。
そのために身命をすり減らすのは覚悟の前。
女王から賜《たまわ》った金銀財宝の大部分を有力な部下たちに分け与え、蓄財はしない。
年老いて役立たずとなった挙句、弊履《へいり》のごとく打ち捨てられても、「オレの一生は満足のいくものであった。幸せだった」と微笑《ほほえ》みながら死んでいく…。

もちろん多くの比喩表現を含んではおりますが、ある意味あからさまな欲望を吐露《とろ》した真っ正直な文章と言えるだろうと思います。
なお、私の密《ひそ》かなセルフイメージは「ジョーカー(道化者)のダークナイト(暗黒騎士)」です。
カバー(擬装)は完璧かもしれませんね…。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年01月28日 12:00

« 増山麗奈さん展覧会情報(東京・銀座、01-25~02-06) | メイン | 郵政非正規ネット署名(ゆうせい非正規労働センター) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3664