【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「非情と貪欲に対抗して生きる」 | メイン | 雨宮処凛さん関連のつぶやき »


2010年01月06日

映画『桃色のジャンヌ・ダルク』試写会(東京)

増山麗奈『桃色のジャンヌ・ダルク』
桃色のジャンヌ・ダルク』鵜飼邦彦監督・増山麗奈主演


ドキュメンタリー映画『桃色のジャンヌ・ダルク鵜飼邦彦監督・増山麗奈主演・試写会情報です(2010年01月11日、東京・高田馬場)。


増山麗奈さん(画家・パフォーマー・平和活動家・作家)発行のメールマガジンから『桃色のジャンヌ・ダルク』試写会情報を転載させていただきます。


★転載開始★

映画「桃色のジャンヌ・ダルク」HP

予告編

映画ボランティアスタッフ(チラシを配ってくれたり、チケットを販売してくれたり、イベントの撮影をしてくれたり、桃色ゲリラ宣伝に参加してくれたり、郵送物を送るの手伝ってくれたりする方)を募集しています。この機会に映画、アート、舞台、出版、運動いろいろな世界を繋げて面白ネットワークを作ってしまおうかと!地方上映にむけて、東京以外の方も参加していただけると嬉しいです。

☆映画の情報を共有するメーリングリストに入りたい方は、お知らせください。

新年会をかね、2010年1月11日(月・祝)午後2時より、高田馬場のBABACHOPシアターでボランティア試写会を行います。


^^^^^^^^^^^^

新春☆映画「桃色のジャンヌ・ダルク」ボランティア試写会のお知らせ

【日時】2010年1月11日(月・祝)午後一時半開場 午後二時~上映
【場所】高田馬場BABACHOPシアター
    東京都新宿区下落合1-7-11 栄新ビル1F
【入場料】無料 (注)お一人様一枚以上前売りチケットを購入し
ていただきます。

  • 2枚以上購入してくださった方、預かりチケットをしてくださった方には1300円の前売り券を1200円に割引販売します。
  • 高齢者・学生・障害者・休職中の方は1000円で販売いたします。(年齢を確認できるものをご持参ください)
  • 当日券は1700円となるので、500円おトクです。

【内容】~世界は女で変えられる~
原発・貧困・イラク・エロス・・・すべてをつなぐ母性の力が世界を変える!
男に負けじとキャリアを重ねるか、もしくはすべてを捨てて平和で絶望的な日常に染まるか。2つの選択肢で語られがちな今の世の中で、どちらにも属さない孤高の女がいる。
増山麗奈、職業・画家。雑誌「ロスジェネ」編集委員。路上パフォーマンス・桃色ゲリラ主催。乳房をむきだしに母乳で描く母乳アートや女性が挑発的な肢体をさらすネオ春画で美術界だけでなく下世話な男たちの注目をも集めた彼女は、女であることをあえて逆手にとり主義主張を声高に叫びながらメディアを駆け抜ける。しかし一連の過激なパフォーマンスは、彼女の非常にシンプルで小さな希望から端を発したものにすぎない。
「子供たちはみんな幸せな社会で育ってほしい」
2児の母である増山がアーティストとしての表現に己の母性を融合させ、新たな女性の生き方を切り開いていく。

監督は長年映画編集に携わり、今回初の監督作となる鵜飼邦彦。
2007年彼女のパフォーマンスに魅了され衝動のようにカメラを回し始めた。ぜひこの機会にご高覧ください。


^^^^^^^^^^^^

新春記念として増山麗奈特製福袋(過去作品とか、書籍とかポスターとか ポストカードセットとか)も初売りしちゃおうかな。
上映後、近くのファミレス等で新年会を兼ねて交流会も行いたいと思っています。是非参加してくださいネ。

★転載終了★


桃色のジャンヌ・ダルク』関連動画です。

映画『桃色のジャンヌ・ダルク』予告編

鵜飼邦彦監督に聞く(映画「桃色のジャンヌ・ダルク」)


鵜飼邦彦監督と増山麗奈さんの写真を以下の「喜八ログ」エントリに掲載しています。

増山麗奈さん展覧会情報
(「喜八ログ」2009-11-11)

なんと言っても、増山麗奈さんには似顔絵を描いていただいた恩義がありますからね(恩義は倍返し、恨みは三倍返しというのが私のスタイルです)。
映画『桃色のジャンヌ・ダルク』のご成功を心より祈ります!


増山麗奈さんについてエントリを書き始めたら、どうも長くなりそうなので、また別の記事(複数)とすることにします。


(追記)率直に言って、増山麗奈さんは毀誉褒貶《きよほうへん》の幅が大きな人ですが…。
私(喜八)の直接の知人では、大木晴子さん(平和活動家・「新宿西口反戦意思表示」)、ヤスミン植月千春さん(声楽家・ピアニスト・カーヌーン奏者)といった方たちが増山さんを高く評価されています(大木さん・ヤスミンさんが「麗奈さん」というときの声音《こわね》は優しい)。
そういえば、大木晴子さんは雨宮処凛さん(作家・「フリーター全般労働組合」)のことも非常に高く評価されていますね…。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年01月06日 08:00

« 「非情と貪欲に対抗して生きる」 | メイン | 雨宮処凛さん関連のつぶやき »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3623

このリストは、次のエントリーを参照しています: 映画『桃色のジャンヌ・ダルク』試写会(東京):

» 「にゃ〜2」さまとの出会い その20 (^_^;) from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
「ツイッター、総理はやっちゃだめ」自民・加藤氏が苦言 (朝日新聞東京本社版) について  ちなみに,上の画像はほぼ一週間ぶりに出会った,捨て猫の「にゃ〜2」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年01月06日 20:54

» 日本のマスコミが親戦争屋報道を続ける理由⇒マスコミは生まれながら金貸しの手先 from 日本を守るのに右も左もない
『新ベンチャー革命』2009年12月24日の記事で、「日本の大手マスコミ人になぜ愛国心がないのか」という問題が提起されている。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年01月07日 00:18