【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 石川知裕議員逮捕に関するつぶやき | メイン | 湯浅誠「ただでさえ弱いのに分裂してどうするんだ」 »


2010年01月19日

路上での夕食会

都内某所路上での夕食会、食卓光景


路上での食事会体験についてのエントリです。

「路上や公園など公共空間での意思表示活動」についても、ちょっとだけ思いを馳せます。


最初に写真の解説をします(写真はクリックすると大きくなります)。
上の食卓の写真は「路上での夕食会」光景です。
場所は都内某所の道端《みちばた》、我々が食事をしているすぐ横を一般通行者が歩き過ぎていく、正真正銘の路上です。
カセットガスコンロを使ってご飯を炊き、汁をつくって、白菜の糠漬け・キュウリ揉みなどと一緒に美味しくいただきました。
ちなみに食材や食器を洗うのは近くの公衆便所という、本格的な路上夕食会です。
ご飯がとてもうまく炊き上がりました。
そして食卓に上がった一品一品が美味しいのでした。
食事がひと通り済んだ後、自分から申し出て、食器洗いをさせていただきました。
「流し」は男子トイレの洗面台です。
この食事会には(ずうずうしさを発揮して)紛れ込んだので「次回も寄らせていただけるように」我ながら涙ぐましい努力をしているわけです…。
今回は洗い物の数が少なかったので、ほぼ私ひとりでお椀・皿・湯呑み・包丁・箸などを洗いました。
お湯が使えないので、油汚れを落とすのには時間がかかります。
そうやって1人で黙々と男子トイレで食器類を洗っていると…。
妙に心が晴れやかになってきました。
大袈裟な表現をすれば、なんだか「解放された」ような気持ちになってきたのです。
公衆トイレで1人食器を洗うという、これまで一度もしたことがなかった行為をすることで解放感を得た!
ただ、トイレでの食器洗い自体は初めてではありません。
前回この夕食会に参加させていただいたときは、路上生活者の男性やフェミニスト女性たちと一緒に洗い物をしました。
それもまた得がたい(!)体験でした。
さて、今回ひとりでの食器洗いに時間がかかったためか(油汚れをできるだけ落とすよう努力したので)、小川てつオさん(アーティスト、都内某公園でテント生活をしている)が様子を見に来ました。
ちょうど、洗い物が終わるところでした。
私(喜八)は先に述べた一種の解放感に包まれていたので、小川さんに対して「いや~、なんともシミジミとした味わいがありますね~」と訳の分からないような感想を述べました。
小川てつオさんとともに洗い上げた食器を食卓まで運び、ふきんで拭いた後、「今日はありがとうございました」「ご馳走さまでした」と、関係者の皆様にお礼を申し上げて、帰路につきました(家が遠いので早めに)。
繰り返しになりますが、なんともシミジミとした味わいのある食事会でありました…。


次の2枚の写真は、路上での夕食会とおなじ日の昼間、「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」こもれび荘(東京・飯田橋)で行なわれた餅つき大会の様子です。

こもれび荘前の路上で餅をつきました

おそらく100人以上の参加者で賑わった餅つき大会でしたが、この2枚の写真にはあまり人が写っていません。
これは参加者の方々のプライバシー保護のためです。
もやい」の仲間には、さまざまな理由で「写真には写りたくない」という方もいらっしゃるので、主催者側から写真撮影・公開については慎重にという要請がでているのです。
もともと私(喜八)自身は「喜八ログ」での写真使用に関してはほとんど禁欲的といっていい姿勢で臨《のぞ》んでいます。
マスメディアで映像・画像が流布している著名人を除けば、写真撮影および公開は本人の許可を得るという自己原則を守っています。

こもれび荘1階禁煙ルームで、搗き立ての餅を調理


この日(2010年01月09日)、私(喜八)は「もやい」の餅つき大会に参加し、路上でお雑煮や黄な粉《きなこ》餅をいただきました。
その後、新宿西口に行き、平和活動家・大木晴子さんさんたちと一緒に駅前の雑踏(路上)で反戦意思表示行動(スタンディング)をしました。
それが終わった後、都内某所に移動して、路上夕食会に紛れ込ませていただきました。
というわけで、2010年01月09日は自分にとって「路上の日」ともいうべき1日であったのです。


思えば、ここ数年の私は以下のような「路上や公園など公共空間での意思表示活動」に参加してきました。

  • デモ
  • 集会
  • 抗議行動
  • ビラくばり

更によくよく考えると「路上や公園など公共空間」での次のような行動も確固たる意思表示ではないか?と気づきました(自分でやったことのあること、ないことの両方を含みます)。

  • 食事をする
  • お茶・酒などを飲む
  • スポーツをする
  • 販売
  • 歌う・楽器演奏
  • 踊る
  • 演劇
  • パフォーマンス
  • 寝る
  • 住む

う~む、「路上や公園など公共空間での意思表示活動」はきわめて多彩であり、また奥が深そうです。
これに関しては、またそのうちエントリを改めて考えてみたいと思います…。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


本の広告

『Dear キクチさん、ブルーテント村とチョコレート』
Dear キクチさん、ブルーテント村とチョコレート
いちむらみさこ、キョートット出版(2006)

(※『Dear キクチさん、ブルーテント村とチョコレート』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


投稿者 kihachin : 2010年01月19日 20:00

« 石川知裕議員逮捕に関するつぶやき | メイン | 湯浅誠「ただでさえ弱いのに分裂してどうするんだ」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3643

このリストは、次のエントリーを参照しています: 路上での夕食会:

» 塩森恵子 『純情娘 ガテン系』 1巻 (集英社 YOU Queens Comics) from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 ということで,ようやく単行本の1巻が出ました.(^_^;)他に話題ないのかよ  収録されたのは,以下のページの下の方にあるように,最初の6話だけです.先日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年01月20日 21:15

» 小沢一郎と小澤一郎は違う from 雑感
  いやはや、マスコミの報道をみていて「こいつら。本当に物事を理解をする能力があるのか」と思ってしまった。 先日11日にThe Journalのコメント欄に、自... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年01月20日 21:23